スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「超至近距離」でしか得点できない日本 オリンピック予選シリア戦レビュー

2011年11月29日配信の「しみマガ」より抜粋

 試合に話を戻すと、シリアはアウェーにもかかわらず、日本の4バックに対してほぼ4トップのような形で張りつき、プレッシャーをかけていました。90分間パワープレーを仕掛けるような戦術で、4人のFWの誰かにボールを当てて攻め上がります。
 
 シリアのイマド・エッディン・ハンカン監督は「日本の弱点を突こうとした」と記者会見で語りましたが、まさに日本はこのようなフィジカルで押してくる戦い方に弱い。日本の守備陣は困難な状況にきちんと対応していたと思いますが、あれだけ勢いのあるパワープレーを仕掛けてこられると、どこかで1失点するのもやむを得ないようにも感じます。
 
 事実、失点シーンは複数の選手にボールがパチンコのように跳ね返りながら突破される形でした。ファールをしてFKを与えるのも避けたいところなので、ああいう偶然性の高い攻撃を完璧に防ぐのは難しいでしょう。
 
 むしろ日本はその1点を悔やむよりも、もっとボールを回し、運動量を増やし、ロングボールを蹴るような『ボールを捨てる』判断を強いられる場面を減らすことで、シリアのパワープレーの効率をさらに下げることが求められるのではないかと思います。
 
 失点の恐怖を完全に拭い去ることは攻撃力の高いチームには不可能なので、さらにポゼッションを高めて危険の“回数”を減らすことが大事です。
 
 そして、当たり前ですが得点を挙げること。明らかにもっとゴールを決めることができた試合で、2点しか挙げられなかったことは大問題です。FKから濱田水輝が決めたヘディング、大津のダイビングヘッド。どちらもゴールエリアのライン上かそれより内側、つまり『5メートル』くらいの超至近距離のゴールです。それより遠い位置からのシュートはことごとく外れている。
 
 ここまで近づかなければ日本はゴールを挙げられないのだとすれば、これは相当に厳しい問題です。

続きは「しみマガ」にてどうぞ!
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。