FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和のペトロビッチ体制を振り返る(1)「フィンケサッカーの弱点を解消するべく……」

2011年10月25日配信の「しみマガ」より抜粋

 結局、今シーズンの浦和は、最初から最後まで『距離感』がキーワードだったと思います。

 ペトロビッチの解答「ピッチを幅広く使ってドリブラーを生かす攻撃」は、決して間違っているものではないし、ドリブラーを生かすという発想は世界では当たり前なのに、Jリーグではなかなか見られない。その可能性を切り開いてくれる戦術ではないかと、僕は期待をしていました。

 ただし、ピッチを幅広く使ってドリブラーにスペースを与えることで、選手同士の距離が長くなり、より強いボールを正確に『止めて蹴る』ことが求められます。元日本代表監督のオシム氏や岡田武史氏も、日本人選手にその基本能力が足りていないことをしきりに指摘していました。

 山田直輝はその最たる例。浦和の中でもプレーの距離感がかなり短く、コンパクトな中では衛星のように動き回って敵をかき回す持ち味を出せるが、ピッチを幅広く使う攻撃で選手同士の距離が遠くなると、1対1にさらされて何もできなくなってしまう。

 Jリーグでは、ガンバ大阪などポゼッションを得意とするチームでも、選手同士の距離が短く、サイドハーフはどんどん中央に入ってきて密集した状態でパスを回します。距離を長くするとキックやトラップでミスが出やすくなるので、この密集ポジショニングは日本人の能力に合わせた戦術であると言えます。岡田武史氏も、代表監督就任時には「接近、展開、連続」というキーワードを掲げましたが、それも同じこと。日本人の短い距離感を生かそうという目的でした。

 そう考えれば、ペトロビッチが考案したオランダ式4-3-3は距離感の面で日本人選手に対してミスマッチであり、どうアジャストするか見守っていましたが、結局早い段階で4-4-2を試すなど、オランダサッカーでスタートしたペトロ浦和も、最終的にはお互いの距離が短くなり、徐々にJリーグらしいサッカーにまとまっていきました。

 そして今節ペトロビッチに代わって指揮を執った堀監督は、4-1-4-1システムを用いて前線の山田直輝やセルヒオ・エスクデロの周辺の距離感をさらに短くし、コンパクトにした中で自由に動き回ってプレーさせました。

 より選手の特長に合わせた形です。試合序盤はそのせいで大渋滞を引き起こしてリズムに乗れませんでしたが、柏木陽介が、ワンボランチの鈴木啓太と動き回る山田直輝のちょうど間を埋めるようなポジショニングで中盤のバランスを取り、試合のペースを握ります。

 浦和はPKという幸運も手伝って見事2-1で逆転勝利を果たしました。横浜FMは調子を落としていたので、ペトロビッチのままでも勝てたような気はしますが、より浦和の選手を知り尽くした堀監督の戦術がはまったのも勝利の一因かもしれません。

続きは「しみマガ」にてどうぞ!
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。