FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、槙野智章はドイツで試合に出られないのか?

2011年09月24日配信の「しみマガ」より抜粋

 「彼は1対1に弱い選手」――。
 
 いちばん最初にケルンの練習に参加したとき、槙野は現地メディアからこのように酷評されました。
 
 ドイツサッカーは、伝統的に1対1の強さを重要視します。それを最もよく現しているのが、ドイツの有名なサッカー紙「kicker」のマッチレポートです。記事のデータ欄には、ゴール数やファール数、ポゼッション率といった世界共通のデータと共に、『1対1の勝率』が掲載されています。文字通り、1試合の中で1対1の勝負にどれだけ勝ったのかを示す数字です。他の国のサッカーメディアで、このようなデータを見かけることはありません。ドイツがいかに1対1を重んじているのかを読み取ることができるでしょう。
 
 そもそも、この『1対1』という概念ですが、我々日本人とドイツ人では思い描くイメージに違いがあります。日本人が『1対1の勝負』という表現を使うときは、たとえば原口元気がドリブル突破を仕掛けるようなシーンを示すことが多いのですが、ドイツ人がイメージする『1対1の勝負』とは、そのようなおしゃれなシーンばかりではありません。
 
 フィフティーフィフティーのボールを奪い合ったり、あるいは空中にフラフラと上がったボールに対して 「バチーン」とお互いの体をぶつけて競り合う、このようなプレーもドイツでは『1対1』とされます。近 年のドイツの若い選手は、足技も美しく、ゲルマン魂と呼ばれたころのドイツ代表とは趣が変わってきまし たが、彼らの根っこにある『1対1の勝負に必ず勝つ』というメンタリティーは今も昔も変わりません。
 
 そのドイツ人たちから、「槙野は1対1(接触プレー)に弱い」という評価が下されたわけです。
 
 しかし……。
 
 それは、槙野がケルンで試合に出られない理由として、確信を突いた回答とはいえません。
 
 なぜなら、それくらいの特徴はフィンケが最初から分かっていたこと。体が大きいドイツの選手に対し て、まともに当たれば日本人選手が後手に回ることくらい、僕でも移籍する前から想像がつきます。槙野が 試合に出られない“本当の”理由は、別のところにあるのです。
 
 その点について、片山氏(ド イツサッカー協会指導者ライセンス保持者)はこのように分析しています。
 
 「選手には誰しも長所と短所があるが、クラブが選手を獲得するときは、必ず長所を見てオファーを出しているはず。槙野が接触プレーに弱いセンターバックだとしても、そういった短所は、フィジカルの強いセンターバックとコンビを組むことで解消することもある。
 クラブは、槙野のどこに注目して彼を獲得したのか? フィンケは浦和の監督を務めていたとき、対戦相手の槙野の攻撃参加を高く評価していたはず。たしかに1対1に弱いのは槙野の短所だが、ここまで試合に出られないのは、そもそもフィンケが槙野を獲得した理由である『攻撃面でのアピール』ができていないからではないか」

続きは「しみマガ」にてどうぞ!
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。