スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、槙野智章はドイツで試合に出られないのか?

2011年09月24日配信の「しみマガ」より抜粋

 「彼は1対1に弱い選手」――。
 
 いちばん最初にケルンの練習に参加したとき、槙野は現地メディアからこのように酷評されました。
 
 ドイツサッカーは、伝統的に1対1の強さを重要視します。それを最もよく現しているのが、ドイツの有名なサッカー紙「kicker」のマッチレポートです。記事のデータ欄には、ゴール数やファール数、ポゼッション率といった世界共通のデータと共に、『1対1の勝率』が掲載されています。文字通り、1試合の中で1対1の勝負にどれだけ勝ったのかを示す数字です。他の国のサッカーメディアで、このようなデータを見かけることはありません。ドイツがいかに1対1を重んじているのかを読み取ることができるでしょう。
 
 そもそも、この『1対1』という概念ですが、我々日本人とドイツ人では思い描くイメージに違いがあります。日本人が『1対1の勝負』という表現を使うときは、たとえば原口元気がドリブル突破を仕掛けるようなシーンを示すことが多いのですが、ドイツ人がイメージする『1対1の勝負』とは、そのようなおしゃれなシーンばかりではありません。
 
 フィフティーフィフティーのボールを奪い合ったり、あるいは空中にフラフラと上がったボールに対して 「バチーン」とお互いの体をぶつけて競り合う、このようなプレーもドイツでは『1対1』とされます。近 年のドイツの若い選手は、足技も美しく、ゲルマン魂と呼ばれたころのドイツ代表とは趣が変わってきまし たが、彼らの根っこにある『1対1の勝負に必ず勝つ』というメンタリティーは今も昔も変わりません。
 
 そのドイツ人たちから、「槙野は1対1(接触プレー)に弱い」という評価が下されたわけです。
 
 しかし……。
 
 それは、槙野がケルンで試合に出られない理由として、確信を突いた回答とはいえません。
 
 なぜなら、それくらいの特徴はフィンケが最初から分かっていたこと。体が大きいドイツの選手に対し て、まともに当たれば日本人選手が後手に回ることくらい、僕でも移籍する前から想像がつきます。槙野が 試合に出られない“本当の”理由は、別のところにあるのです。
 
 その点について、片山氏(ド イツサッカー協会指導者ライセンス保持者)はこのように分析しています。
 
 「選手には誰しも長所と短所があるが、クラブが選手を獲得するときは、必ず長所を見てオファーを出しているはず。槙野が接触プレーに弱いセンターバックだとしても、そういった短所は、フィジカルの強いセンターバックとコンビを組むことで解消することもある。
 クラブは、槙野のどこに注目して彼を獲得したのか? フィンケは浦和の監督を務めていたとき、対戦相手の槙野の攻撃参加を高く評価していたはず。たしかに1対1に弱いのは槙野の短所だが、ここまで試合に出られないのは、そもそもフィンケが槙野を獲得した理由である『攻撃面でのアピール』ができていないからではないか」

続きは「しみマガ」にてどうぞ!
スポンサーサイト

日本代表の変則スタメンに秘められたねらい

2011年09月13日配信の「しみマガ」より抜粋

 Q:「ウズベキスタン戦、ザッケローニ監督は柏木陽介を外して阿部勇樹をボランチへ、そして長谷部誠をトップ下で起用しました。しかし、結果的に阿部選手はハーフタイムで交代。狙いとしては失敗に終わったと思います。このスタメンの狙いは具体的にどこにあり、何が原因でうまくいかなくなったのかを教えて下さい」

 ウズベキスタン戦は、誰もが疑問を抱くスタメンが発表されましたよね。

 そう。長谷部のトップ下です。

 このスタメンについて、『阿部の起用』を指摘する人のほうが多いように感じますが、僕はむしろ、長谷部をトップ下で使ったことのほうが重要だと思っています。阿部はその結果、長谷部がいなくなったポジションに入っただけのこと。

 もちろん、ザックが会見で語っていたとおり、長谷部、遠藤、阿部の経験値を生かす理由も大きかったと思います。アジアカップのカタール戦で味わったように、アジアのアウェー戦は非常に難しい試合になる。それをザックは身をもって体感しただけに、慎重にゲームに入ろうと考えたのでしょう。

 その結果、システムやポジションを徹頭徹尾キープする方針のザックが、長谷部を、今までにないトップ下で起用した。

 香川のトップ下はダメで、なぜ長谷部はOKなのか?

 なぜ、柏木を使わず、長谷部をトップ下に移したのか。

 そのすべての答えは、前章の『香川をトップ下でスタメン起用しない理由』の3つ目、ゲームプランにつながります。

 すでに述べたように、ザックのゲームプランは『ポジションサッカー』⇒『コンビネーションサッカー』の変化を付けることで90分間を運営するのが特徴です。

 ここで踏まえなければならないのは、ウズベキスタンが非常にフィジカルの強いチームであるということ。
 
 香川は体の線が細い選手ですが、柏木もまた、負けず劣らず細い。最近、浦和の試合をよく取材に行くので、彼と対面するたびにそう感じます。

 日本の短く刈り込まれた芝とは違い、ボールが転がりにくいウズベキスタンのピッチコンディションを考えると、北朝鮮戦でボールキープに苦労した柏木が、この試合でそれ以上の基点になり得るとは考えにくい。

 ゲームプランを遂行するためには、本田に近いキープ力やフィジカルを持った『耐えられる』選手を、少なくとも途中までは置いておきたい。そこで長谷部に白羽の矢が立つことに。

 これがこのスタメンにおけるねらいです。

 そして、なぜこのねらいがうまくいかなかったのか?

続きは「しみマガ」にてどうぞ!

コンディションはやってみなきゃわからない!? 中○日を気にし過ぎるな!

2011年09月09日配信の「しみマガ」より抜粋

 今回は臨時増刊号として、みなさんから頂いた、なでしこジャパンに関する質問にお答えしたいと思います。「槙野が試合に出られない理由」については、来週の通常号でタップリとお届けします。


 まずはなでしこに関するこの質問から。


 「なでしこvsオーストラリア戦は、オーストラリアがタイ戦からメンバーを入れ替えて休養十分にもかかわらず、韓国戦と同じメンバーだったなでしこジャパンよりも先にバテたと思います。逆に、なでしこvs韓国では、なでしこがタイ戦でメンバーの入れ替えを成功させて臨んだのに、韓国よりも先にバテました。『日程に余裕があるほうが先に疲れる』現象は、なぜ起こったのでしょうか?」


 コンディションの問題については後述するとして、


 先にバテた理由はシンプルです。


 相手に主導権を握られてパスを回され、走らされた時間が長かったからです。


 ちょっと状況を説明しますね。


 まず、なでしこvs韓国は、前半開始からなでしこが猛プレッシングを仕掛けました。韓国はそれに対してロングボールで逃げることはせず、徹底的にディフェンスラインからパスをつなぎ、ショートパスでなでしこのプレスをかわすことにこだわりました。


 序盤は、韓国がかわし切れずに、なでしこにボールを奪われてショートカウンターを食らう場面が多かったと思います。その流れの中で、なでしこはCKから阪口夢穂が先制点を挙げます。


 ところが、徐々に韓国は慣れて来ました。恐れずにショートパスをつなぎ続けたことで、日本のプレスをはがせるようになり、また、日本も先制点によって若干プレスが落ち着き、韓国のボランチが前を向くシーンが増えました。


 一概には言えませんが、『ボランチが前を向く』というのは、ポゼッションを取って攻める上で重要なことです。韓国はセンターバックが中盤まで上がって高い位置でパス回しに参加するなど、リスクを恐れない攻撃的なポジショニングが光り、なでしこは先制点以降、ほとんど韓国にゲームを支配されました。


 それによって、ボールを追うために走らされたなでしこは先に疲れてしまったわけです。


 一方、なでしこvsオーストラリア戦は、オーストラリアがロングボールをボコスカ蹴り込むサッカーで、フィジカルの強さを前面に出してきました。


 ロングボールは、うまくつながれば一発でチャンスを作ることができる『ゴールへの最短ルート』ですが、その分、セカンドボールをうまく拾えるか否かはフィフティー・フィフティー、あるいは敵陣での数的関係を考えれば、拾える確率は50パーセント以下でしょう。つまり、確率の低いプレーと言えるわけです。


 そのような確率の低い、出たところ勝負のプレーばかりを選んでいればどうなるか? 


 たまに成功したときはチャンスになるが、全体的には相手がボールを持つ時間が増えて、徐々にスタミナが削られるわけです。


 ロングボールは、最初にヘディングで競り合った後にどれだけ素早くセカンドボールを拾って攻められるかがカギなので、その走力を失えば威力は半減したも同然です。


 なでしこは熊谷沙希のところにボールコントロール面での不安があったので、ディフェンスラインでパスを回すのは極力避け、左サイドから中央に動いて来る宮間あやにボールを預けていました。彼女が中心となってパスを回し、ポゼッション(主導権)を握る展開。これがチームとしての約束事なのか、彼女の即興なのかは分かりませんが、いずれにしろ素晴らしいサッカーセンス。さすが女・遠藤です。


 といった試合の流れで、パスを回されたオーストラリアは徐々にバテ始め、なでしこが勝利を収めたというわけです。


 ただ……。


 そうはいっても、コンディションとしてはボールを回された側のほうが日程的に余裕があったはずだし、なぜそれが表に出なかったのか? というご質問ですよね。


 『中2日』、『中3日』とかよくいわれるコンディションの話。ライターもよく話題にしていますが。


 誤解を恐れずに言えば……、僕はそれって『気のせい』だと思ってるんですよ。というか、あまり信用していないのです。



続きは「しみマガ」にてどうぞ!

メンタリティーを見極めるコツ 北朝鮮が見せた『何かにすがりたい心情』

2011年09月6日配信の「しみマガ」より抜粋

 北朝鮮はフィジカル、メンタル共に素晴らしく、組織力もありました。「なぜ日本はこんなに苦戦するのか? もっと楽に勝てないのか?」と感じた方もいるかもしれませんが、北朝鮮のようにタフで規律のある守備的なチームを破るのは簡単ではありません。

 昨年行われた南アフリカワールドカップでは、優勝候補のブラジルでさえ、グループリーグで北朝鮮に対して辛うじて2-1。しかも引き分けに持ち込まれる可能性も十分にあった内容でした。あの王国ブラジルが大苦戦する相手、北朝鮮。

 あるいはオランダと戦った岡田ジャパンの第2戦も同様でしょう。スター軍団のオランダが、引いて守る岡田ジャパンをなかなか崩すことができず、世界的名プレーヤーであるファン・ペルシーもファン・デル・ファールトもカイトも沈黙。辛うじて後半にスナイデルのミドルシュートが決まり、1-0でオランダが辛勝しました。

 正直、日本が北朝鮮に負ける可能性はほとんどなかったと思いますが、日本が勝つのも容易ではない、この日はそういうゲームでした。

 このような展開で、規律のある守備的なチームに対して、「前半のうちに試合を決めてやろう」などと色気を出すのは非常に危険なこと。

 規律にとって最もおいしいエサは、そのような相手が発する『色気』。北朝鮮はその隙を常にねらっているわけです。日本は我慢して、冷静に試合を運ばなければいけません。守備的なチームを相手にするときは、点を奪えそうで奪えない、ジレンマを背負うのです。

 以下はザッケローニ監督の会見コメント(スポーツナビより抜粋)。

「イタリアの格言で「一滴、一滴が海になる」という格言がある。小さいものでも、たまっていけば海になるという意味だ」
「後から入った選手がよくやってくれた。彼らが良かったのは、前半からこちらがボールを支配していたので、相手が次第に疲れてきて、後から入ってきた選手にもスペースができた。そういった意味で、最初からプレーした選手たちも称賛しないといけない」

 この試合はボクシングに例えるとわかりやすいのですが、

 日本は前半からパスを回しながらジャブを打ち続けて相手を疲れさせ、ラウンドを消化し、後半に少しずつ北朝鮮の足が止まってきたところでフィニッシュパンチをお見舞いする。

 これは試合運びのセオリーです。まさに「一滴、一滴が海になる」というわけです。

 そのフィニッシュパンチになったのは、日本が後半47分からスタートさせた怒涛のCK4連発でした。この息もつかせぬ連続パンチで、ついにタフな北朝鮮をマットに沈めました。

 北朝鮮はひたすら日本の攻撃に耐え続け、後半37分には退場で1人少なくなり……。もう、心身ともに限界だったのでしょう。

 その兆候はハッキリと現れていました。

 日本のCKのとき、北朝鮮の選手はゴール脇の水を飲みに行っています。ボールは日本側が持っているので、いつボールを蹴られてもおかしくない。そういう状況で北朝鮮の選手が水を飲みに行くのは、非常に不注意な行動と言えます。ちなみに北京オリンピックで日本の指揮を執った反町康治監督も、「CKの守備のときに水を飲むな」ということを選手に徹底させていました。

 こうしたわずかな仕草にこそ、言葉よりも確かな真実が隠されているものです。

 さらに、北朝鮮はファーポスト脇に12番のサイドバック(チャン・グァンイク)を置いていましたが、この選手にも『緩み』がありました。自分の脇にあるゴールポストに手をかけていたのです。

 これは『攻守のセオリーを学ぶ セットプレー戦術120』の監修者、倉本和昌氏&藤原孝雄氏が、スペインの指導現場で学んだことですが、ゴールポストに手をかけるという行為からは、その選手の『不安』を読み取ることができます。

 北朝鮮の12番はゴールポストを守るわけではなく、ゴールの隅に来たシュートをはじくために立っているので、本来ならポストに手をかける必要はありません。しかし、何となく手を置いておきたい。触れていたい。安心したい。これは『何かにすがりたい心情』を表しているのです。

 CKというゴールに近いシチュエーション、つまりテンションをMAXに保たなければ到底防ぐことができない状況においては、このわずかなメンタルの『緩み』が勝敗を分けます。

 12番は岡崎慎司に対して、終始激しくプレスをかけていた選手でした。終盤には相当な疲労があったのでしょう。

 このようなメンタリティーの変化が現れるポイントを意識して見ると、「守り切れるチーム」と「守り切れないチーム」の違いが徐々に見極められるようになるはず。

 水を飲んではいけないタイミングで飲んでいないか? ポストに触っていないか? さらに、もしもヒザに手をついている選手でもいれば、完全にノックアウト寸前の状態。

 このようなディテールも、試合を楽しむ観戦ポイントとしていかがでしょうか?

続きは「しみマガ」にてどうぞ!

日本代表vs北朝鮮レビュー

サッカーライター清水英斗がお送りする、
『しみマガ』第6号は、
明日、9月6日12時配信です!


<9月2日 ワールドカップ3次予選 日本代表vs北朝鮮(1-0):埼玉スタジアム>を徹底分析します! 


そのテーマは、
●北朝鮮が見せた『何かにすがりたい心情』
⇒後半ロスタイムに決壊した北朝鮮。その予兆は意外なところに……


●なでしこにあり、北朝鮮男子になかった『息継ぎ』
⇒猛攻に耐えて韓国女子に勝ったなでしこジャパン。ザックジャパンの攻撃を受け止め切れなかった北朝鮮とは何が違ったのか?


●北朝鮮の守備ブロックの秘密『ナナメ狩り』
⇒なぜ、トップ下の柏木にボールが入らなかったのか?
  その秘密は北朝鮮のナナメ狩りにある。


●ザックジャパンが見せたサインプレー
⇒試合中に現れる”ジェスチャー”を見逃すな!


以上、4本立てです!


どうぞよろしく!
『しみマガ』はこちらから!
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。