スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナ-インテル戦の展望

インテル-バルセロナ戦について続きを。


結局、バルセロナに対するディフェンス戦術は、大きく2つに分かれるのだと思う。


それは、


バルセロナのボランチにプレッシャーをかけるか、それともボールを持たせるか。


先週のモウリーニョインテルが用いたのは前者で、シャビやブスケッツにフリーで持たせず、前を向くこと、縦パスを入れることを禁止してパスワークを正面から封じた。


そして、昨年のヒディンクチェルシーが用いたのは後者。
ボランチにはプレッシャーをかけず、完全に自陣に引いてボールを回させる戦術を取った。最後はイニエスタの力にやられたけど。




おそらくだけど、、、


モウリーニョは2ndレグで、ヒディンクチェルシーが取った「引きこもり戦術」を採用する気がする。


ホームではピッチに水をまかないことで、バルセロナのパスワークをより封じやすくした。


しかし、カンプ・ノウでは当然、バルサのパススピードを上げるために、ピッチに水をガンガンまくことが予想される。


さらに点差のアドバンテージを得たことを考えると、、、


モウリーニョが、1stレグと同じ戦い方を選択するメリットは全くない。


たぶん、シャビやブスケッツにボールを持たせて、インテルディフェンス陣の外で回させるはず。




逆にこれをバルセロナ側から考えると・・・、


1stレグのポイントは、「ハーフライン周辺でボランチが前を向いてボールを持つシーンを作ること」にあった。
実際、それができた時間帯はチャンスやゴールが生まれていた。


しかし、最終的にはその回数が少なかったために、1stレグは敗北。


インテルの戦略を考えれば、2ndレグのポイントは必然的にゴール前に移ることになる。
「アタッキングサードから、引いた相手をいかに崩すか」


そうなるとキープレーヤーは当然、狭いエリアで特徴を発揮するメッシ。


そして、引いた相手に対してクロスを上げるダニエウ・アウベスと、マックスウェルの精度。


それに合わせるイブラヒモビッチ。さらに後ろからスルスルと上がってくるシャビ。


このあたりの選手と、インテルディフェンス陣の攻防が注目点になると踏んでますが、さてどうなることやら!?


さらに言うなら、
2ndレグでのインテルのカウンターは、1stレグよりもゴールへの距離が遠くなるので、ミリートよりも、スピードのあるエトーのほうが脅威になると思う。


そういう意味ではバロテッリを先発で使ってもいい、、、でも人間関係のゴタゴタがあるしなぁ。


ん、、、あのバロテッリのニュースも、、、モウリーニョの仕込みだったりして。。。まさかね。。。


なんか、バロテッリ先発があり得る気がしてきた。


おそらくその場合は4-4-2に変えるだろうと思う。


もしもおいらがグアルディオラ監督なら、、、


2点以上を取らなきゃいけない状況で、インテルが8人で引きこもりながら、2トップにエトー&バロテッリが残っている・・・悪夢だ!!!


もしもそんなことになったら、これからモウリーニョのクチから出る言葉は、すべて裏読みしなきゃいけないな(笑)。
スポンサーサイト

インテルの攻撃は5秒でキメる。

インテル-バルセロナ。


かなり堪能しました。改めてモウリーニョのすごさを。


昨年のヒディンクチェルシーが用いたような、試合そのものをブッ壊すようなやり方ではなく、


真正面からバルサのパスワークを封じた。


スゲェ。


そのあたりの詳しいところについて、


ドイツでUEFA B級ライセンスを取得し、現在はS級取得中のプロコーチ、片山博義さんが戦評をブログに書いています。


片山氏いわく、インテルの攻撃は5秒でフィニッシュしているとのこと。


http://hiro-katayama.syncl.jp/


ドイツでの選手留学サポート&トレーニングもやっているので、プロ選手を目指している方は参考にしてみてください。
この人のサッカーコーチとしての引き出しは宇宙クラスです。




さて、個人的には・・・イブラヒモビッチの覇気のなさが気になったなぁ。


ヤツがもう少しミリートみたいな動きで、ディフェンスラインの背後をつけば、もう少しインテルの守備を間延びさせることもできたような気がするけど。


同じ意味でいうと、セイドゥ・ケイタも中央に入りすぎて、サイドアタックを効果的に仕掛けられなかった。やっぱイニエスタがいないのが痛い。


インテルは「4-2守備ブロック」がしっかり固まっていたので、サイドを突破口にするべきだと思ったけど、それが右も左もあまり機能しなかった。得点シーンは、うまくいったけど。


メッシがズルズルと下がりすぎたのも含めて、インテルにコンパクトな守備をさせてしまったことが大きな原因かなぁと。


インテルの面々の1対1の強さも衝撃的だった。コンディションの差があるにしろ。


抜き去るのは難しいくらいの、絶妙な間合い。
ちょっとしたスキを見逃さずに突っつける、絶妙な間合い。
踏み込んでサイドチェンジとかロングパスで展開するのは難しい、絶妙な間合い。


個も組織も、ものすごいレベルのディフェンスだったと思う。


ボールポゼッションは圧倒的にバルセロナ。(64%:36%くらいだっけ?)


だけど、ゲームを支配したのはインテル。


08年のユーロからここ2年くらい、スペイン代表風の美しいパスサッカーがもてはやされてきたけど、


10年からは、そのパスサッカーを打ち破るための堅守速攻スタイルが再び脚光を浴びそうな気がする。


バルセロナがアーセナル戦で見せた、ボールを奪われた後のハイプレッシングもすごかったけど、


インテルはそれ以上のスピードで空中からボールを運んで行っちゃうから、どうしようもない。


すごいわ、世界基準!

あれはわしに対する怒りやな

いまさらながら、バルサ×アーセナルの2ndレグを観戦。


ディアビーのほとんどファウルみたいなインターセプトから、アーセナルがカウンターを決めて先制。


当然、バルサは抗議したが受け入れられず。


アーセナルはプレスがほとんどファウル気味で、あれくらい行かなきゃバルサは止められないと覚悟してたんだろう。食い下がってやろうという気合を感じた。


ところがその3分後、メッシの強烈な弾丸シュートで同点。


さらにメッシの右足シュートで逆転。


さらにメッシのループシュートで追加点。


さらにメッシの股抜きシュートでダメ押し。


試合後、「あれはわしに対する怒りやな・・・」とディアビーは思った・・・かどうかは知らんけど(笑)、


バルサ強すぎる。


次は、策略家のモウリーニョ率いるインテルとの準決勝。


マラドーナが絶好調だった90年代、「近代サッカーの父」と呼ばれるアリゴ・サッキは、彼を止めるためにゾーン・プレス戦術を生み出したという。


そして、2010年。


たった1人のスーパーな選手、メッシを止める、ただそれだけのためのディフェンス戦術。


それを新たに生み出すとしたら、やはりこの男、モウリーニョだろうか。


去年、ヒディンクがチェルシーを率いてバルサと戦ったとき、ゲームそのものをブッ壊すことで勝利をもぎ取ろうとしていたけど・・・


モウリーニョはどうするかな。


バルサは確かに宇宙レベルの選手が集まったチームやけど、ブスケッツとか、すきのあるポジションもなくはないと思う。


実際、アーセナルが敷いた4-1-4-1システムも、メッシが中盤に降りてくるまでの時間帯では機能していて、バルサを封じることに成功していた。(イブラヒモビッチとイニエスタがいなかった影響はあるけど)


モウリーニョのインテルなら、さらにそこに手を打ち直して、どんどんシステムを変化させながら戦えるはず。


まばたきもできんような試合になりそうや。

ツイッターアナログ的まとめ

自分のツイッターのつぶやきをまとめてみた。意外とおもろいんちゃうかなと思って、極めてアナログな方法で(笑)。↓以下↓


女性はがんばった自分にごほうびをあげる人が多いらしい。おいらの場合は、がんばって得た報酬で何かプレゼントをあげて、喜ぶ顔を見るのが楽しい。アレッもしかしておいら、めっちゃエエ男やん!(笑)


フジ=欧州サッカー、テレ朝=日本代表、日テレ=高校サッカーと中田、TBS=お手上げ。特長はよりハッキリしてきた。Jリーグはどことガッチリ組むべきなんやろう。やっぱNHK? 過去にマジメなサッカー番組を作っていたテレ東? それとも全部バイバイして・・・時代の先端を行くか?


スーパーサッカーよりも、居残ってリニューアルしたS☆1のほうが全然面白いやん。番組として企画が成立してる。時間帯も予算も段違いやし。TBSはあからさまに舵をきったなあ・・・。スーパーサッカー、Jリーグのサポートがなくなった瞬間に打ち切りやろうな。。。


日テレで”本田△”が、「シンヤの裏話」で紹介されている・・・。時代を感じるなぁ。でも出演者の反応はウスかった(笑)。


年金保険料、がんがん上がるね。。。


某フィジカルコーチいわく、栗原のボディーバランスは日本人DFの中で一番とか。世界とやるんだから、やっぱ期待しちゃうよなぁ。


FW岡崎がゴール決めたけど、期待のDF栗原が失点に絡んじゃった。さて、岡田監督の表情はと……かなり不安げだ(笑)


キックモーションの妨害はファーーーーールです!審判ちゃんと取って!!


@ike1207 僕も同じように感じてます。立場が違うので当然やけど、それ以上に、両者が得ている情報に大きな違いがあるんだと思います。これはサッカーメディアの仕事が足りてない、あるいは届いていないということかも。チャンスですね!


@writer_y_yanai 楽しんでますねぇ……うらやましすぎです!


これ、初回は録画したらしいけど、もちろん将来的には生放送にするらしい。大丈夫かな……


てか、スパサカに限らず新しく始まった深夜番組はほとんどがハズレ。テレビ全体がマネタイズに必死で迷走してる。局員の給料減らせば一発で解決しそうやけどね!


スパサカ中途半端。演出も当然ながら、企画面でもJのバックアップなんやから、Jオンリーで番組作ればいいのに。フジテレビは欧州サッカーに絞ってて方向性がハッキリしてるけど、TBSは何がしたいのかよくわからん。スーツの人間が取り囲んでプレッシャーかけて、ユッキーナもつぶされとる


電車の窓から見えるお店って、なぜかミョーに気になる。1年前ぐらいからそういう店をメモすることにしてたら、膨大な量になってきた。明日あさっては久しぶりに休めそうなので、しらみつぶしに回ろう~っと


@ganpapa ジャンボさんも、ganpapaさんの仕掛けですね(笑)。僕の周りは「ツイッターなんて一過性でしょ?」「オレは別にいいや」という人のほうが多くて、レクチャーを求められることはほとんどありません・・・。良さを説明すると「へー」で終わります(笑)。


昔のサッカー批評っぽいという@akimoto_daisukeさんが作ったムックも、これと同じことかな? http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/publishing/?1270193719


アメトーークゴールデン、大変おいしゅうございました


ところで、Aソングの腕についてたカメルーン色の物体は、タトゥー???ペイント??? あんなんありなん?


バルサ&インテルが強いなって印象はあったけど、SIX SENSEとしてはリヨン。レアル戦も良かったし、リヨンの優勝あるよ!!!


CL見終わったのでWEB復活! アーセナルvsバルセロナがダントツに面白すぎる。ほかの試合は全部睡魔との戦いやった。。。つーか、人につく意識とスペースを埋める意識、Aソングとフェルマーレンのズレ漫才っぷりが見事すぎた。


テニス雑誌の編集長とサシ飲み。人の考え方はいろいろやな~と改めて思った。お互いにとって刺激になる発信ができた気がする。てか、カンパチ刺身とオムレツめちゃウマい!!!またひとつ行き着けの店ができちまったー


かつら市場が縮小、育毛剤市場は拡大。ま、そういうことですよね。何に価値があるかは変わってないけど、手段は変化する。メディアも同じだなあ


バイエルンvsマンU戦。倉敷さんの実況が絶好調。良平さんと相性がいいのかしら。ゲーム自体は低調。こんな戦法ばかりだと、1stレグをやる意義が分からなくなる。てか、収入アップのため?

どうしてそれをねじ曲げてまで会社に合わせないといけないのですか?

『勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい 』 という本の販促記事から。
http://www.webdoku.jp/tsushin/2010/04/04/008042.html


「お話を聞いていると、自分のやりたいことがあっても、それをねじ曲げて会社に合わせろと言っているように聞こえます。僕はやりたいことがあります。どうしてそれをねじ曲げてまで会社に合わせないといけないのですか?  それが就職というものなんですか?」


それを聞いた管理職からの怒号。そして、そこからのドンデン返し。


この話を深イイと思うかどうかは、年齢や立場によって変わると思うけど、


おいらは、いかにも日本的な感じでめんどくせえと思いました(笑)。


そしてタイトルには大賛成やけど、この部分だけはウ~~ンと、うなってしまう。


本当のことをいうと、社会人の経験の長さは、その人の実力がそのまま反映されるし、「丁稚奉公」には若者が思っている以上に大きな意味があります。これは昭和だろうと平成だろうとあまり関係のないこと。




そんなことはないと思う(笑)。


戦国時代とか、結果を出さなきゃ死ぬような世界ならうなずけるけど、


別に、現代はそんなにストイックじゃなくても生きられるから。経験=実力とは思いません。もちろん比例はするけど、その係数は人によってだいぶん変わる。知らないうちに成長が止まっている人もいると思います。


上司と飲まない新入社員が増えていると同時に、


勉強し続けない上司も増えている。


怒られない、否定されなくなった状態に普通は妥協して甘えますから。だってそれで生きていけるんだし。


まぁそれはいいとして。




いや~昨日、相方からちょうどこんな感じの「自分を曲げない部下」みたいな職場話をされて、意見を聞かれ、


うまいこと答えられなかったので、つい記事に反応しちゃいました。


「やりたいこと」「ねじ曲げる」「会社に合わせる」


もう数年前から、そんなレベルで物事を考えることはほとんどないので、新鮮だったというか。若いな~。


フリーで仕事している人には、全くわからない(あるいは忘れている)感覚ですよね。


そして、そういう出る杭を感情的に打とうとする上司も、若い。
(記事中の管理職の人は違うんやろうけど)


てか、そもそも人としてしっかりしていれば、曲げるとか合わせるとか、そんなことはどうでもいいはず。





そうそう。おとといは、最近仕事のサポートをしてもらっている大学生のアシスタントとミーティング。


彼にとって、自分がどういう先輩になることができるのかっていうのは、いつもすごく意識するんやけど、


おとといのミーティングは、本人がすごく勉強になったといい、おいら自身もそういう手ごたえがあった。


でも別に記事中の管理職さんのような、めんどくせえことをしたわけでもなく、


何も隠さずに、意見を引き出しながら真正面からストレートに話をしただけで。


おいらとしては、普通の友達に対する話し方と全くいっしょ。


深さを見せないで上手に立とうとしなくても、実際に自分が勉強し続けて深く広くなればいいだけのことでしょう。


ま、いっか。

09-10チャンピオンズリーグ、ベストゲーム!?

アーセナルvsバルセロナ戦。


この試合はすごいです。相当すごいです。”スペクタクル”っていうのは、こういう試合のことを言うんだろう。


あまりのハイレベルな試合のため、ビックリして夜中吼えするポイントが2つや3つじゃなかった。


2010年、僕とパートナーを組んでいただく倉本和昌監督も大興奮です。
http://ameblo.jp/entrenadorkazu/entry-10497778224.html


この試合の前に、バイエルン-マンU戦、インテル-CSKAモスクワ戦を見ていたので、


「1stレグだもんな・・・。退屈な試合になっても仕方ないもんな」


という諦めが混じった気持ちがあったわけで、、、


フリ幅は抜群でした。


見ていない人は絶対に見るべき。この試合を見ないで、ワールドカップ観戦なんてちゃんちゃらおかしい。


きっと岡田監督の頭の中にも、このバルサの試合が理想としてあるんだろうな。相当遠いけど・・・。


倉本さんいわく、「シャビは宇宙人レベル」とのこと。納得。


ほんまこの試合は、人間とは到底認められないような人たちのスーパープレーがガンガン出ます。
(ちなみに、サッカー関係者が”バルサの心臓”とベタぼめするイニエスタは出てません)


メッシなんて昆虫レベルやし、ウォルコットなんてフェラーリレベルやし、、、ってアカン。倉本さんの「宇宙人レベル」を超えられへん(笑)。


ただ、そういったスーパープレーが結局得点にはつながらず、


A・ソングとフェルマーレンのお粗末な連携ミス、しかも同じミスが連続して起こり、両方とも失点につながってしまうのが皮肉。粘りに粘ったアーセナルがあっけないというか。


しかもそこから、死に体のようなアーセナルがさらに盛り返すという、、、もう全く先の読めない展開(笑)。


09-10シーズン、チャンピオンズリーグ。


ベストゲーム候補じゃないでしょうか!?
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。