スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和はまだまだ未完成

浦和-FC東京(3-1)


今年はボールポゼッションを志向する浦和だけど、


フィンケは開幕の鹿島戦の反省を踏まえて、やり方を少し変えてきた。


鹿島戦での問題点は主にこの2つだったと思う。


・ボールの奪われ方が悪く、前がかりになったところをカウンターでスペースに攻め込まれてしまう(攻守の切り替えで優位に立たれてしまう)
・選手同士の距離感が近すぎる。フォーメーションのバランスが悪い


ある意味、ボールポゼッションという理想を追うためにぶつかってしまった現実、という感じでもあるけど。


そこで、この2つを解決するためにフィンケが打った手が、


サイドバックを平川から山田暢に代えることだった。


本来なら攻守の要であるサイドバック、つまりビルドアップの基点として、さらには守備のポジショニングセンスなどが求められるサイドバックの役割を、


守備に偏らせること。


鹿島戦は、サイドバックの上がりが逆にスペースをつぶして大渋滞を引き起こすことも少なくなかったので、


サイドバックを守備的に変更して、オーバーラップの回数も減らすことによって、
上の問題点を2つ同時に解決しようとした。


本来なら、フィンケはこういう手を打ちたくなかったんじゃないかと思うけど、


今の浦和は、まだガンバとは違う。


ボールポゼッションがスタイルとして成熟してない以上、最初からサイドバックにすべてを求め続けるのは、かなりリスクを伴う。


理想を少しだけ、現実に近づけることが必要。


それがサイドバックの役割を守備的にすることだった。


だけど、FC東京側には、鹿島戦で明らかになった、


「浦和はポゼッションのミスからのカウンターに弱い」


という情報があっただけに、


あえて浦和のポゼッション攻撃を受けようとしてしまった。カウンター狙いで。


ところがところが、、、


フィンケがそんな問題点をそのままにして試合に臨むはずもなく、、、前述のようにサイドバックのチェンジでバランスを修正してきた。


バランスが取れたフォーメーションには、カウンターアタックが通じにくい。


それによって、あそこまで圧倒的な試合内容になってしまった。


FC東京の敗因は、城福監督の戦術の読み違い、そしてピッチ内の選手たちがゲーム状況に柔軟に対応できなかったことが挙げられると思う。




逆に言えば、そういう戦術のかみ合わせの利があったので、


好ゲームを見せた浦和も、まだまだ、とてもとても磐石とはいえない。


今後もポゼッションをチームスタイルにするのなら、明らかに浦和にはサイドバックの人材が足りてない。


プレッシャーの速い現代サッカーでは、ピッチをいちばん広く見渡すことができるサイドバックが、ビルドアップの基点としてゲームメイクするのが当たり前になっている。
(そういう意味では、ボランチが基点になっているガンバは、まだまだ世界基準には遠い、という見方もできるけど)


ただ、浦和に攻守をこなせるサイドバックが足りてないのは最初からわかっていたことで、


いちばん問題なのは、


浦和は、サイドバックの人材不足と、ボランチの展開力不足というビルドアップの問題が、重なってしまっていること。両方とはいわなくても、どちらかが何とかなれば、主従の関係を作ってムービングサッカーを展開することはできるのだけど、、、。


たぶん、今日の試合でも、FC東京がもっと前からガンガンプレスをかけることができていたら、


内容はもっと違うものになっていたと思う。
その場合、今の浦和には、絶対にあれほどのボールポゼッションはできない。これは断言できる。


カボレや近藤が、マルキーニョスや興梠のような前線からのプレッシングを機能させていたら、もっといいボールの奪い方ができていたと思う。


やむなく理想を現実に近づけることで、とりあえずサッカーのバランスを保った浦和だけど、


逆にそれによって、プレッシングをかけられた場合に、かわしきれずに理想を覆され、泥サッカーに落ち着く可能性もくすぶっている。昨シーズンのやり方に戻ってしまうこともあり得る。


あるいは無理にボールをつなごうとして、ミスが出てくるかもしれない・・・。


プレッシングとセンターバックの強いチームなら、今の浦和のスタイルはカンタンに壊せてしまいそうなのが不安要素だ。




といったところで、次節の浦和の相手はどこかな~と見てみると、、、磐田かーーー。


もう1試合くらいは気持ち良くゲームできるかも(笑)。


でもその次の大分戦、ここがキモかもしれないな。
フィンケがどんな指導を見せるのか。


別に去年のエンゲルスが悪い監督だったとは思わないけど、フライブルクで地元育成を基盤にしたクラブをずっと指導してきたフィンケは、浦和というチーム、さらには日本人の指導に合っているのかもしれない。


闘莉王の流血ファイトや、エジミウソンの献身的なプレーぶりを見ても、


まだまだ浦和には、今シーズン中での、成長の余地がたくさんあるなぁと感じた。


こんな伸びやかな浦和を見たのは初めてかもしれない。どう転ぶか楽しみだ。
スポンサーサイト

若手は持ち上げて育てろ!!!

韓国相手にコールド勝ちってのは気持ちよかったなぁ。


すっかりWBCに話題をかっさらわれてしまった感のあるJリーグ開幕やけども・・・(笑)。


でもやっぱ、野球の日本代表は華があるよなぁ。


なんつぅか、イチローをはじめとして、みんな自分の言葉でしゃべるのがイイよ。


サッカー選手はみんなそろってイイ子ぶってコメントするというか、そういう教育がされているというか。


どっかから借りてきたような言葉じゃなくて、中村俊輔とか、闘莉王とかみたいに、みんな自分の言葉でしゃべってほしいな~っておいらは思います。


ってか、アレか。


野球って30代半ば過ぎても十分ヤレるもんな。


そりゃ自分の言葉を持ってるわな。


サッカーだとみんな20代やから、まだまだ経験が浅いというか、饒舌に慣れないというか。
言うことにも含蓄がないよね。そりゃそうだ。


やっぱ男は30歳から。


と、今年30になるおいらは思うわけですけども。




っていうか、鹿島-浦和。


17歳の原口元気がスタメンに抜擢されましたなぁ。


結果はともかく、その決断だけでもフィンケ監督にかなり好印象を持ったYO。


一言に「テクニシャン」といっても、いろいろ種類があると思うけど、


あの左軸と右軸が、0.5拍のテンポで素早く入れ替わっていくステップのドリブル。あれはかなり特徴的。


派手なフェイントをやるわけじゃなく、テンポとボディーフェイクで抜いていくタイプ。


メッシに似てるね。


今日の原口はワンタッチ、ツータッチで離すことが多かったけど、もっとボール離さずにゴリゴリ仕掛けていってほしいなぁ。メッシだってドリブルしまくって、囲まれて取られることもたくさんあるんだから。特に昔はそうだった。


ただ、原口はフットサルをやっていたせいか、もしくは自分のところにボールが集まる習性があったからなのか、


おいしいスペースがあるにも関わらず、ボールを足元で受けようとしたり、


縦がガラッと空いているのに中央に入っていったり、


スペースの使い方はまだまだ甘いなぁと思った。頭のトレーニングがもっと必要かも。


でも、「大迫さんは高校レベル」なんて言うだけのことはあるね。本当に言ったかわかんないけど(笑)。




よくいわれるのは、若い選手がマスコミに持ち上げられたり騒がれたりすると、実力を勘違いしてうぬぼれて、そのまま才能をツブしてしまうということ。だから慎重に、目立たせないように・・・。


大迫勇也なんか、そーいう意識で育てようとしている感があるけど。


オレは全然それが正しい育成だとは思わないんだよね。


騒がれてツブれるんだったら、それだけの才能。自分を律することも才能の一つやと思うし。


その中で生まれてきたスター選手が、ホンモノのスーパースターになる。


やっぱスター候補生ならさ、候補のときからキャーキャー周りに言われてなきゃさ。
そのくらいじゃなきゃ、つまんないじゃん。


周りに守られた温室で育てるスターなんて、たいしたスターじゃねえよ。


やっぱり、○ゾノからかなぁ。。。
(「○」入れた意味ないけど(笑)。


騒ぐと選手はダメになる、だから最初から騒がずに見守るべし。


みたいなのが一般論になっちゃったのは。


そういうのも含めて、選手の個性によると思うんだけどね。騒がれて注目を浴びれば浴びるほど、さらに向上心が出てくるスーパースタータイプの個性だってあるわけだし。


そもそも、「スター」って言葉自体にネガティブなイメージを持ってしまった人も多そう。それも○ゾノ効果か。。。


でも野球の日本代表なんか見てると、


アイドルとかそーいう意味のスターじゃなくて、


純粋にカッコいい『人間力』って意味のスターが活躍してる、とオレの目には見えるんだよね。


そして、それがメチャメチャうらやましい。

どよめきの美学

ゼロックス観戦。


今シーズン、鹿島がイクと思ってるおいらだけども、


まだプレシーズンなのに、こんなにコンディションが上がりまくってて、大丈夫でしょうか???途中で息切れしないでしょうか??? 昨シーズンのように・・・


と、心配になるほど出来のいい試合やったなぁ。


逆にG大阪は全然ダメで、周りの記者はさんざんに酷評してたけど、、、


でもおいら的には、コンディション以外に決定的な差は感じなかったので、何だかんだで今年もインパクトは残すんやろな。ってかんじ。あ、でもセンターバックはヤバいね。


てか、


今年も一回、後半によくわからんファウルがペナルティーエリア内で取られたように見えたのがあったけど、結果はなぜかFK。


審判も、走って駆け寄っていく間に、「しまったファウル取っちゃった! ・・・FKでお茶濁しとこ」


みたいな空気があったような(笑)。


Jリーグって、よくわからん怪しい判定があったときに、スタジアムでリプレイとか一切流さないけど、


なに?今の?


え?ファウル?


PK?


じゃなくて、FK? なんで?


今のエリアの外だった?


・・・みたいな、悶々とした空気がスタジアムに流れ続けるのはいかがなものか。
ハッキリさせてくれたほうがいいと思うんだけどなー。


その結果、間違った判定だとしたら、当然みんなからブーイングを受けるけど、


それを恐れるなんてどんなフェアプレー精神やねん、と。


つーか大迫よ。


終了間際にピッチに入ってさ。


青木とか新井場あたりは、大迫にボール触らせようとするフシがあったけど・・・だけど、


ダニーロあたりは全く空気読めてないわけ(笑)。


だからファーストタッチまで3分ぐらいかかっちゃってさ。


で、ようやくロングボールを競り合って、


大迫勇也の、記念すべきJリーグ公式戦ファーストタッチはヘディングで、そのままラインを割っちゃったんやけど・・・


「おぉ~~~!」


って、スタジアムがどよめきおった。


それを聞いたオレもどよめいたわ(笑)。


ヘディングがタッチラインを割って観客がどよめくって、どんだけスターやねん(笑)。


3分間、みんな大迫しか見てなかったわけね!(笑)。


この3分間のタメのおかげで、みんなの注目が余計に大迫に集まり続けたんやとしたら・・・


空気を読まなかったダニーロにも礼を言わなきゃいけないだろう(笑)。


つーか大迫、声小さすぎ。ボソボソしゃべるタイプ。


囲みの2列目までに入らないと、何言ってっかサッパリ聞こえねー。


でも、こーいう暗いボソボソ系って、すげえストライカーの資質があったりするんだよなぁ。
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。