スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横山友美佳という名前が妙に引っかかったんだよ…

女子バレーボール、北京五輪最終予選を観ていたときのこと。


先月の4月17日に、がんで亡くなった横山友美佳さんのことが紹介されていた。21才という若さだった。


彼女は189センチという長身を生かし、高校時代は女子バレーの日本代表合宿メンバーに選ばれるなど、将来を期待されていた選手だった。現日本代表の木村沙織とは、同じ下北沢成徳高校でバレーボールに励んでいた親友だ。


ところが志半ばにして、18才でがんを宣告され、バレー選手の道を諦めることに…。


この横山友美佳って名前を、俺は初めて聞いた気がしなかった。
記憶のどこかに引っかかっている気がしてしょうがなかった。


それもそのはず。


木村と横山が高校生のころ、当時の俺はフジテレビのADをやっていて、春高バレー(春の高校バレー)の取材で彼女らの姿を見ていた。


「こんなでっけー女、初めて見た」 
せいぜいあのときの俺の感想なんてそんなもんだった。


あれから俺もいろいろなことがあったから、当時のことをハッキリ思い出せず、過去のニュースを探しながら記憶の糸をたどってみた。





あれは1月ごろ、たしか東京の駒場高校で、春高バレーの東京都予選が開催されていた。
東京には共栄、文京、八王子実践、下北沢成徳という4つの強豪があり、この4校が全国への3つの出場枠をかけてしのぎを削っていた。強豪のうち、1校だけが脱落するという図式だ。


しかし、一学年上の木村が抜けた下北沢成徳は、完全に横山一人のワンマンチームといわれていた。身長的にも横山だけが飛び抜けて大きかった覚えがある。それが響いたのか、結局、下北沢成徳は予選で破れ、全国大会には進めなかった。


春高バレーは、いわばバレーボール版の甲子園。高校生の聖地だ。
下北沢成徳の夢はここで破れ、横山も涙に暮れた。



そして3月。
都道府県予選が終わり、俺は春高バレー全国大会の取材に飛び回っていた。といってもディレクターの小間使いだけれども。
ジャニーズのNEWSの面々に付いて、九州や新潟など、全国大会の出場校を訪問するロケを繰り返していた。


そのときはもちろん、全く知らなかった。


華やかな春高バレー全国大会が開催されている、同じ3月に、その予選を戦っていた横山友美佳が医者からがんを宣告され、バレー人生を諦めさせられる苦悩を味わっていたことを……。




今日、本屋さんで、
「明日もまた生きていこう 18才でがん宣告を受けた私」


という横山友美佳の闘病手記を見つけた。
表紙には、下北沢成徳で元気にバレーをしていたときの写真が飾られている。
俺も見覚えのあるユニフォームだ。


手に取って、ページをめくってみると……、


「どうして、どうして私なの?」


という一文が目に飛び込んできた。


「世の中に悪いことをしている人はごろごろいるのに、どうして夢に向かって一生懸命がんばっている私を選ぶの?」


思わず、胸に熱いものがこみ上げてきて、
涙が出そうになるのを必死でこらえ、まぶたの裏側で泣きました。


闘病生活の中で髪の毛を剃らなければいけなくなったこと、一緒に病気と闘うことを誓ったはずの恋人とのすれ違い、そして新たな生きがいを大学進学に見出して前向きに生きようと……。


でも、その彼女は先月亡くなってしまった。




本当に、まさか。まさかだった。


まさかあのとき元気にバレーをしていた女の子が、こんな大変なことになっていたとは…。


バレーボール漬けの青春は一転、
3年間に及ぶがんとの闘いを強いられ、そして21才の若さで死を迎える。


…何となく、この本は読んでおかなきゃいけないような気がして、購入しました。
大切にゆっくり読もうと思います。


51U9Du3RlqL_SL500_AA240_.jpg

スポンサーサイト

一切書きません宣言

今回のサポーター騒動は、G大阪や浦和レッズの誠実な対応によって、収束に向かっています。


この出来事に対する世論の反応をうかがっていると、
それぞれの立場で色々言いたいことはあるものの、


「平和なJリーグのスタジアムを守ろう」
という志については、ほぼ全員が同じように持っているようです。それを確認できた以上、さらにあれやこれやと小さなツッコミを入れるのは無意味なこと。


というわけで今後、


当ブログでは、こういった事件や不祥事についての記事は書かないことにします。
Jリーグには面白いゲームがたくさんあるのに、こんな話題で時間を使うのはもったいない。


審判問題についても同様。


もはや最近の誤審へのブーイングといったら……
人間が審判をしている以上、当然起こりえる範囲のことにまで、過敏に反応しているように思えます。


何となく周りの雰囲気に流されて、
「ちょっとでも怪しい判定があったら審判に疑惑を抱け」という強迫観念にみんなが悩まされているような……そんな感じを受けます。非常にバカバカしいことです。


最近の日本サッカーに起こっている、負の連鎖反応は、
「やめよう」といって収まるようなものではなく、こういった種類の騒ぎは、静かになるまでひたすら待つしかない。


というわけで重ねて申し上げますが、
当HPでは、この手の話題はもう一切書かないことにします! という宣言をしてみました

こんなグローバル化なら、いらんわい!

5月17日(土) 浦和レッズvsガンバ大阪(2-3)


なんだか、イロイロなことが起こった。


試合が終わったあと、勝利したガンバの選手がセンターサークルに集まって、
「肩を組んで円を作り、飛び跳ねながらグルグル回る」というガンバ恒例のパフォーマンスをやろうとすると、


スタジアムから大ブーイング。


すると、レッズの闘莉王や都築がやってきて、
「アッチ(アウェイ側の隅っこ)でやれ!」と、たしなめに来る。


しかし試合後で興奮しているのか、両チームの選手が小競り合いを始めてしまい、これをキッカケに、主にガンバ側のスタンドから物が投げ込まれた。


選手が争いをやめて引き上げても、今度はサポーター同士の争いに発展し、物の投げ合いは激しくなるばかり。
さらに一部のガンバサポーターが柵を乗り越えて暴れ始め、1人がグラウンドに落ちるなどして、スタジアム全体はガンバに対する「帰れ!」コールで騒然となった。


子供のレッズファンまでもが、「帰れ!」と連呼していた。


後から話を聞くと、どうやら一部のガンバサポーターは、試合前にも水風船をレッズ側に投げつけていたらしく、しかもそれがレッズファンの子供に命中。
そういった火種もくすぶっていたことで、争いはさらにヒートアップしてしまった。


ついでに付け加えると、前半終了間際にまたもや出てしまった審判の怪しい判定も、暴力的な雰囲気を加速させてしまったようだ。


そして試合後、レッズサポーターはスタジアムを取り囲み、ガンバ側を幽閉。結局、2時間後にクラブが用意したバスに乗って脱出するという措置が取られた-。




以上が、現場にいた俺が目にした、事の成り行き。
ネットのスポーツニュースを見ると、「レッズがガンバを取り囲んだ」という一方的な書かれ方が多かったので、一応、中立的立場であらすじを書いておきました。


騒ぎの発端を作ったのはガンバサポーターだし、スタジアムでの禁止行為をガンガン破ったのもガンバ側。


しかしながら、「目には目を」というのは戦争の論理なので、レッズ側も何とかこらえて欲しかったところ……とはいうものの、俺だって自分の子どもに水風船を投げられたら黙っちゃいないだろうし……難しい。




しかし、Jリーグも変わったもんだねえ。
良くも悪くも、海外サッカー的な文化がどんどん入ってくるんだけど、それが急激すぎる。


試合後にガンバが勝利パフォーマンスをやろうとして、レッズ側にたしなめられたのも、俺の感覚からすると「え?ダメなの?」という感じだったし、たぶんガンバの選手もそうだったんだろう。


何がOKで、何がNGなのか。
急激に変わっていくJリーグの中では、あいまいなことも多くなってしまう。


そういうところに対する相互理解ができないもんかねえ。
ホームだろうとアウエーだろうと、勝ったチームは喜び、負けたチームは受け入れる。そういう考え方だって間違いとは言えないだろう。
ガンバの選手が作った円陣は、それはそれで「文化」と呼べるものだと俺は思うんだけどなあ……。


自分の常識を押しつけるばかりでは、ギスギス息苦しくてしょうがない。


異文化を認めようとせず、すぐに排除しようとする内弁慶かつ高圧的な姿勢が、日本サッカーに広まりつつあるような気がしてならない。「許す」とか「認める」とか「理解する」とか、そういう大人のキーワードはないのだろうか。




話は変わるけど、ちょっと前のサポティスタの記事で、サッカー嫌いの読売テレビ編成局長が、
「海外とかで、サッカーはスタジアムでの暴力事件がしょっちゅう起こる。あれはなぜなんだ?」


という興味深い質問を投げかけ、それに対するトンチンカンな答えが紹介されていた。


それに関して、僕なりの答えを言わせてもらえば、


「そういう事件を起こす人間は、常に自分たちが暴れるための舞台を探している。国民的人気があり、歴史があり、マスコミの注目を集めやすく、警備が困難で比較的暴れやすいもの……欧州ではたまたまそれがサッカーにあたる。それが彼らがスタジアムで暴れる理由」
ということだと思う。


7、8年前、イタリアへサッカー観戦に行ったときも、
ゴール裏に行くと、試合そっちのけでシンナーのようなものを吸っている危ない連中がたむろしているのを何度も見かけた。


彼らはサッカーファンではなく、暴れる場所を探すだけの暴力ファン。
サッカーから人が退いていけば、きっと別の場所で暴れ始めることだろう。


サッカーそのものに暴力の要因があるわけじゃない。そんなことを言ったら、格闘技で暴動が起きるのがいちばん自然なはずだ。
暴力的な人間というのはどこの国にも必ずいて、そういう人間が欧州に関してはサッカーを食い物にして暴れている、というのが僕の見解。




で、話は戻り、あくまで遠目に見ていた印象だけど、今日の埼玉スタジアムにも、それに近い種類の人間がいくらか存在していたような気がしてならない。


こんなことが続けば、そのうち日本のサッカー観戦にも、
サポーターを区分けする頑丈な柵、厳重なボディチェック、武器を持った大勢の警官の配備、
といった「欧州サッカー文化」が入ってくる日は近いかもしれない。


当然、女性や子供がスタジアムに足を運ぶのは難しくなるだろう。


それは本当に憂鬱な事態。
自分の子どもにサッカー観戦もさせてやれないなんて、どんな未来やねん。


今のうちに何とか食い止めないといけないよなあ…

演技派なんてちゃんちゃらおかしいぜ

5月10日、川崎フロンターレvs浦和レッズを観戦。


試合自体は面白かったんだけど、
後半の浦和による、ボールに関係ないところでの時間稼ぎには興ざめした。


とにかく接触プレーでやたらと倒れ、なかなか起き上がらない。


そのために試合が途切れることが数多くあり、冷たい雨風に耐えながら観戦していた僕は、こういうプレーにいろいろな意味で底冷えを感じた。


サッカー選手の演技は、ピッチ上で最も見たくないものの一つ。


サッカーに対して嫌悪感を示す人は、この演技を理由に挙げることが多いんじゃないだろうか。


一番問題なのは、本当に深刻な痛みで選手が倒れているときにも、時間稼ぎだと観客からブーイングされてしまうこと。例えば浦和の中でも、高原直泰や細貝萌の場合は、そういった演技を嫌って献身的に戦っている感じがある。「サムライらしさ」を感じる選手だ。


ところが、そんな彼らが本当に痛くて起き上がれないときにも、他の選手と同じく、演技と受け取られてしまう。これは悲しい。


もちろん戦術として、1-0で逃げ切りたいときに時間稼ぎをするのは当然だけど、こんなやり方じゃなくて、プレー中に正々堂々とやってほしいなぁと思う。
例えばミランやバルサが美しくボールを回して時間を稼ぐように。そういう方向を目指そうとは思わないのかな……。難しいけどね。挑戦しがいはあると思うんだけど。




そうそう。時間稼ぎといえば、ロスタイムに面白いシーンがあった。


敵のコーナー付近にボールを運び、おしくらまんじゅうのようにキープするのは、昔からよくある時間稼ぎの手段だけど、よほど体が強くないとアッサリとボールを突かれて脱出されてしまう。


そこで浦和FWのエジミウソンはどうしたか?


なんとコーナーフラッグの棒をつかんで、左足を軸、右足の裏でボールを踏んで押さえ、敵の押しに耐えた。


その結果、支点・力点・作用点の3つがみごとな安定感をもたらして、ボールキープを可能にした……のかどうかはわからないが、電車の中でも、何か手でつかむだけですごく体勢が安定するし、相当に有効な手段だったのは間違いない。


「あんなのアリ?」


と周りからは声が聞こえてきたけど、
ルール上は、コーナーフラッグを抜いたり動かしたりしない限りはOK。


そもそも僕はコーナー付近での時間稼ぎ自体が好きではないけど、
今回のエジミウソンのアイデアはちょっと面白かった。さすがブラジル人だ。

日産スタジアムで 「Run for Africa」!

先日、たまたま立ち寄ったアフリカンダイニングバー「Tribes」のマスターから、
アフリカへの貧困支援活動を行っている2人の女性を紹介されました。


彼女たちは、「Run for Africa」というチャリティーマラソン、そしてWSM(ワールド・スイム・アゲンスト・マラリア)というチャリティースイミングの企画・運営に取り組んでいます。


アフリカの社会問題の深刻さについては、すでにみなさんご存知の通りだと思いますが、エイズ、貧困、犯罪、飢餓、FGM(女性性器切除)などなど、問題を挙げ始めればキリがありません。


しかし、だからといって勉強会やシンポジウムに参加して、彼らの援助・支援ができるかといえば、
「それはちょっと敷居が高いな…」というのが普通の感覚だと思います。僕も同じです。


そこで、マラソンや水泳といった誰にでも気軽に取り組めるスポーツをキッカケにして、みんなが少しずつ自分にできることを探そうじゃないか、という趣旨で始まったのが、「Run for Africa」や「WSM」といった上記のイベントです。
(イベント概要は下部。詳しくはHPをご覧ください)


僕自身もこれらのイベントに、自分のサッカーチームに声をかけて参加するつもりです。なぜなら僕は、以前からこうした問題に対して、何か自分にできる行動を起こしたいと考えていたからです。


思い起こせば、あれはドイツワールドカップのとき。


僕は生まれて初めて、海外のサッカー選手をインタビューしたときのことを鮮明に覚えています。


相手はトーゴ代表FWで、今やプレミアシップの名門アーセナルのエースにまで成長した、エマニュエル・アデバヨルでした。


アデバヨルやトーゴ代表の選手たちは、世界最貧国といわれる自分の祖国で、お金がないために治療を受けられない子供たちを救うための、医療プロジェクトに参加していました。


そのプロジェクトに参加する理由について、アデバヨルに聞くと、


「僕は運良く、今まで健康なままで成長することができた。サッカー選手にもなれた。だけど、もしかしたら彼女たちと同じ病気になっていたかもしれないし、これからもそうならないとは限らない。そう考えると、僕は彼女たちのために何かをせずにはいられないんだ」


……正直、ジーコジャパンの淡白なコメントとは比べられないほどのインパクトがありました。


彼の一言一句が、当時の僕には印象的で、今でもアデバヨルをテレビで見るときは特別な気持ちになります。暑苦しくいわせてもらえれば、アデバヨルを見るたびに、僕の中の熱き血潮の正義感がよみがえります。




言うまでもなく、サッカーは世界的なスポーツ。その影響力は非常に大きい。


中田英寿じゃないけど、サッカーができることはまだまだたくさんある。サッカーの可能性は、決してピッチの中だけに留まらない。他のスポーツやエンターテイメントにはできないことがあると思うんです。


そのサッカー業界でメシを食わせてもらっている以上、こういったことに無関心ではいたくない。自分にできることを探していきたいと常々思っています。


最近は審判のゴタゴタ、サポーターの暴力事件、下着泥棒など、ネガティブな面ばかりが広まっているけど……本来のスポーツが持つ、ポジティブな可能性をもっともっと出していかなきゃいけない。そうしていくうちに、最近ダークで閉塞感が漂いつつある日本のサッカーに、明るい兆しが見えてくるんじゃないかな……、なんてボンヤリ思ったりします。


ということで長くなりましたが、、、ぜひ上記のイベントを世の中に広めるべく、僕のブログでも告知をさせていただきたいと思います。下記はその概要です。


親子でマラソンに参加して、一緒にアフリカに対する親しみを持てたら素晴らしいし、友人同士で走って、みんなで参加賞のTシャツをお揃いのユニフォームにしてもいいし、
走るのが苦手なら、Tシャツやアフリカ料理の屋台を目当てに、見物に行くのもいいでしょう。有森裕子さんも一緒に走るそうですし。


参加費や売り上げは、アフリカの支援のために使われます。


いろいろな楽しみ方で参加してみてはいかがでしょうか?




◆アフリカ2008キャンペーン企画「Run for Africa」◆
 男子マラソン世界記録保持者「ハイレ・ゲブラセラシエ」の持つ
 2時間04分26秒に、リレー形式のチームマラソンで挑戦!


■開催日:2008年5月24日(土) 受付:8時30分~
  一般部門:午前10時スタート
  小学生部門:午後12時30分スタート


■会場:横浜日産スタジアム
■コース
  日産スタジアム周回1.5キロコース(トラック~外周)


■部門
  小学生部門(10名1チーム)
  一般部門(中学生以上。1チーム2名~20名まで)


■参加費:
  小学生部門 1チーム1万円
  一般部門  1人3,000円(当日参加費:4,000円)
  ※ 参加費の一部は、国際陸上競技連盟アフリカ地域普及センター
  に寄付されます。


■受付締め切り:
  5月7日(水)
  ※5月17-8日のアフリカンフェスタ(於横浜赤レンガ)でも、
  TICAD市民社会フォーラムとほっとけない世界のまずしさのブースで、
  事前受付を行う予定(先着100名までその場でTシャツを渡します)。
  ※当日受け付けあり

  
■大会情報
  参加賞
  小学生部門  MISIAのオリジナルグッズ
            ほっとけない世界のまずしさの絵本
  一般部門参加賞 ゲブラセラシエサイン入り特製Tシャツ
             ホワイトバンド


■その他
  スポーツ傷害保険・・・あり(参加費に含まれる)
  荷物あずかり・・なし
  救護サービス・・あり
   当日Run for Africa Tシャツ(S・M・Lサイズ)特別価格1000円で販売


■申込方法:
 【一般部門】http://www.africa2008.jp からの申し込み。
 【小学生部門】
  以下の必要事項を記入の上、FAX(03-5259-7405)またはHPにて。
  (1)保護者のサイン、(2)氏名、(3)住所、(4)連絡先、
(5)メールアドレス(携帯不可)、(6)選手全員の名前(漢字、フリガナ)、
(7)生年月日、(8)性別、(9)チーム名
  ※電話によるお問い合わせ:03-5259-7406


 ■イベントHP
  http://www.africa2008.jp/runforafrica.html



◆WSM(ワールド・スイム・アゲンスト・マラリア)◆
一日イベントではなく、日常的に行っていくタイプのチャリティイベント。
イメージ的には、プールの横に架空の募金箱が置いてある、という感じ。


参加の流れは以下の通り。
(1)ウェブ登録する
(2)泳ぐ
(3)寄付する


水泳を楽しみながらチャリティをしようという趣旨で、
「1m泳いだら1円寄付しよう」
「息子が25mを泳げるようになったら○円寄付しよう」
といった具合に、それぞれが目標を設定しながらやっていくと面白い。


集まった寄付金は、全額、マラリアを予防するための蚊帳購入に使われる。
マラリアは、現在も1日3000人の子供の命を奪っている病気で、1枚およそ600円の蚊帳によって防ぐことができる。


WSMは世界中で行われている取り組みだが、日本の住友化学で作られている蚊帳は、ネットに殺虫剤を染み込ませていて、ただ蚊を追い払うだけでなく、止まった蚊を死滅させることができるらしい。日本のWSMで集まった寄付金は、全額この住友化学の蚊帳購入に充てられる。


日本は世界2位の水泳人口を誇り、WSMでの成果も期待されている。


詳細は下記URLへ
http://www.worldswimagainstmalaria.com/


こんなの見たのは、松井秀喜シフト以来だ!

マンチェスター・U vs バルセロナの2nd LEGは、
スペクタクルな試合を期待してた人も多いだろうけど、
いわゆる準決勝あたりにありがちな、お堅いゲームだった。


そういうゲームになってしまった原因は、両チームのエース、
リオネル・メッシとC・ロナウドにあったと思う。


なにせ2人とも、1vs1ならササッと抜いちゃうドリブル力の持ち主なんで、
両チームともそこをいかにつぶすか。そこに主眼を置いていた。


メッシの場合は、右サイドでボールを持って、
中央と縦の2つの選択肢を持って仕掛けるのがドリブルのパターン。


でも、マンUの2,3人の選手が前から横から後ろから挟み込み、ドリブルコースを全てふさいでボールを奪っちゃう。
さすがのメッシも四方八方から囲まれたらたまらない。何度もボールを取られてしまった。


C・ロナウドも、メッシと似た感じ。
ボールを持ちそうになると、相手はすでに取り囲む陣形に移っているので、自由にプレーできない。


これが何というか、数年前に読売ジャイアンツの試合で見た、「松井秀喜シフト」を思い起こさせた。


松井が左バッターボックスに入るときって、思いっきり引っ張ってくるって分かってるから、
守備側がみ~んなライト方向に極端に寄るんだよね。


それと同じで、メッシやC・ロナウドがボールを持つと、
「メッシシフト」「C・ロナウドシフト」に移り、2人の得意なドリブルコースをサッとふさがれる。


ただしそうなると、メッシ対策に追われるスコールズやらキャリックが攻め上がる回数も激減する。つまり、メッシやC・ロナウドだけでなく、他の選手の良さも消えてくる。
スコールズは試合を決めるスーパーゴールを奪ったけど、攻撃に有効に絡めたのは、そのワンチャンスくらいだったし。




ピッチ上の22人の動きが、メッシとC・ロナウドを中心に回っていたのは間違いなかった。


4-4-2もへったくれもない。
あるのはメッシシフトか、C・ロナウドシフトか。それだけ……といっては言い過ぎだけど、それくらいの衝撃があった。


サッカーは基本的に組織ありきのスポーツだから、
ここまで個人が、組織全体のあり方を左右するのは珍しい。


まぎれもなく、この2人はスーパースターなんだろうなあ。
たぶん、どんなにサッカーを知らない人が見たとしても気づくと思う。それくらいの輝きがある。


退屈なつぶし合いのゲームを見ながら、
今回はそんなところを楽しみました。
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。