スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒田和生さんとランチ

今日の昼、ひょんなことから、黒田和生先生とランチを食べました。


今はヴィッセル神戸の育成部長に就任しているので、「先生」ではないんだけど、この呼び方のほうがピンと来る人は多いはず。


黒田先生といえば、名もなき滝川第二高校を、
高校サッカーの名門に育て上げた、日本屈指の名監督。


昨年、その長い歴史に終止符を打ち、同校を退職されました。
※というわけで、ここからは「先生」ではなく「さん」付け


黒田さんは、今年で59歳になるとのこと。
なぜこの大人物に対して、オレが「ひょんなこと」からランチを食べるかというと、
実はオレの大学時代の友人が、黒田さんの息子なわけでして。


その彼から、
「明日、父が東京に来るので、ランチでもどう?」


というメールが昨日夜に届いて、こんな成り行きになったわけです。
ちなみにオレは、オヤジを「父」と呼んだことは一度もございません(笑)。




オレがこういう大人物とお会いするときは、
たいがい「ジャーナリスト」と「取材対象者」としての、距離感みたいなものがあります。


ところが今回は取材対象としてではなく、友だちのオヤジとして、
これほどの大人物に出会ったので、
なんだか距離感が新鮮で、逆に緊張してしまった(笑)。


だってさ、店を探して歩いているときに、


息子 「イタリアンとカレーの店があるけど、どっちがいい?」
(オレの心の叫び) 「ちょっと、なにその2択! 59歳の御人を相手に、和食とかないんかい!」
黒田さん 「カレーはイヤやな。ピザとかのほうにしてくれ」


その後、しばらく話しながら歩き、


息子 「ほら、これがさっきいってたカレーの店。今なら空いてる。入っちゃおう」
(オレの心の叫び) 「オイ、さっき黒田さん、カレーはイヤって言ってたや~ん」
黒田さん 「おう、入ろうか」


そして黒田さんは断らず。そのままカレーランチとなりました。


…まぁ当たり前のことなんだけど、彼にとってはただの親父だからね。
オレも親父に対して、あんまり気なんて使ってないし。
いちいち葛藤するオレがおかしいんだけど(笑)。


そんな、くすぐったいやり取りや空気が、本当に新鮮だったな~(照)。


ただ、さすがに間近で黒田さんとお話をしていると、
柔らかで堂々としたオーラをヒシヒシと感じる。只者じゃないよ、やはり。




そして会話の中で、黒田さんは、
「選手を育てるよりも、指導者を育てることのほうがはるかに難しい」と言っていました。


サッカー界で仕事をしている人は、能力の優秀な人は多いけど、
ちょっとした目先の評価をされるだけで、すぐに傲慢な態度を取りがち……もちろんオレも人のことは言えません。


どんなに優秀な監督でも、
「このチームはオレが育てた!」なんて主張してはいけない。


選手自身の努力が必要だし、親のバックアップもあったはずだし、小学校や中学校から育ててくれた指導者の存在だって忘れるわけにはいかない。感謝はあっても、思い上がった態度を取る理由は一つもない。


黒田さんは、そういう傲慢さがなければ、
サッカーにはもっとたくさんの人が援助をしてくれるはずだ、とおっしゃっていました。


援助をしてくれる人…。
それは、政府・自治体・民間・個人。いろいろあるでしょう。


たくさんの人がサッカーに関わってくれる機会を、安いプライドによって自ら退けてしまっているんです。


サッカー界に閉塞感を産んでいるのは、他ならぬ我々自身の傲慢さだったんだなあ……と、目からウロコが落ちる思いがしました。


とにかく、謙虚さを忘れないこと。


それが今の我々には求められている。
自分の食いブチを増やすも減らすも、自分自身の心がけ次第。




黒田さんの、59歳になってもまだ何かを学び続けようとする姿勢、


そして揺るがない自信に謙虚さを同居させること。短い時間で大切なことを教わりました。




詳しくは、もうすぐ発売される黒田さんの自伝、
「トモニイコウ。」のほうでたっぷり語られると思います。おそらく。




実は今回の記事は、
黒田さん親子との会話で聞いた、ゲルト・エンゲルス話を披露しようかと思って、
書き始めたんですが…、


気づいたらこうなってました(笑)。


自分の中だけに留めず、発信するべきだろうと、勝手に体が反応してしまった。


というわけでゲルト話はまた、次の機会に。
スポンサーサイト

フッキが突然フッキれた・・・(苦)

第6節の東京ダービー。
後半ロスタイムに、東京VのFWフッキが2枚目のイエローカードを受けて退場した。


このとき、処分を受けたフッキが審判に対して、
「侮辱的な発言」をしたとかで、3試合の出場停止処分が課されてしまった。


う~む。
ブラジル人のフッキが、「ブジョクテキな発言」っていったい何を言ったんだろう。


ポルトガル語で言っても、日本の審判には理解できないはずだ。


ちょっと前に、「日本国籍を取得して日本代表入りするかも」なんてニュースが流れたけど、フッキは日本語をきちんと勉強していたのかもしれない。


もしもレッドカードを出した審判に対して、


「オイ! 金もらってんだろ!」と、Okubo氏の名言になぞらえてみたり、


「フッキが東京Vにフッキしたのが気に入らないのか!!」など、シャレっ気たっぷりの暴言を吐いて退場したとなると、


コトは重大だ。


フッキの日本帰化は間近と見るべきだろう。なんでやねん




でもやっぱり、そんなにマジメにお勉強するタイプには見えないので、


どーせ、
「バカバカバカ」とか、
「F○CKF○CKF○CK」とか、
せいぜい「KYKYKY」とか、


そーいうレベルのブジョクテキ発言なんだろう。


だとすれば……


それで3試合出場停止ってのも、悲しいねえ(笑)。
悲しいといいつつ(笑)ですが。

タマらない試合

浦和vs鹿島(2-0)の試合を見ました。


いやはや、こんな面白いゲームが見られるとは…、
浦和美園くんだりまで出かけていった甲斐があるというものです。


大ざっぱに言うと、試合内容で勝っていた鹿島を、
浦和がワンチャンスをモノにして勝った、そんな感じです。


いろんな意味で、浦和はタマらない。


結果が出てるからあまり大きな声では言えないけど、
闘莉王のトップ下ってどーなのよ。


前半開始から、後半ロスタイムみたいな布陣でしょ。
だから展開も後半ロスタイムみたいになる。


ヘディングと縦パスしか能がないもんだから、
闘莉王のところでちっともボールがタマらない。


基本的に前を向いてボールを受ける人なんで、
背中向けると何もできない。


「これがポンテなら…長谷部なら…小野なら…。てか、山田でも」
きっともう少し攻撃を組み立てることができたと思う。


闘莉王のせいじゃないんだけどね。
普段やってないポジションをやってるんだから。


悪いのは監督…といいたいけど、エンゲルスはこれで結果を出してるからな~。
はっきり言って奇策ですよ、奇策。


「奇策といわれる作戦のほとんどは、己を見失ったがゆえの下策」


と、陵南高校の田岡茂一監督も言ってるわけですよ(スラムダンク参照)。




そういうわけでオレからすると、浦和はタマらない試合、鹿島のほうが面白いってなるけど、
浦和ファンからすれば、違う意味でタマらない試合なんだろうな・・・。


流れ的には劇的だし。


そのエンゲルスの、カタコト日本語会見がちょっと面白かった。


闘莉王をトップ下にコンバートした理由について聞かれて、


「僕はいちばん調子がいい選手を使いたい。
 2人のFWが調子いい。闘莉王もいい。
 じゃあ一緒に使おうネ~」


ぐぼっ。
しかめっ面の記者たちを相手に、圧倒的なノーテンキ感がオレのツボに入る。


まー戦術よりも、個人の調子次第ってことだね。完全にモチベーター系の監督。
そこが浦和の選手たちにウケているのかも。


きっとこの監督は、
「戦術を守るためには仕方がない」という状況があっても、泣いて馬謖を切るどころか、


「戦術? 何それ?」と、
笑顔で馬謖を3人並べちゃうタイプなんだろう(笑)。

ロナウジーニョ大暴落!

ACミランがロナウジーニョに32億円のオファーを出し、
どうやら、このまま話がまとまりそうな雰囲気。


しかし、移籍金が32億円っつーのは、
ロナウジーニョもずいぶん安くなったもんだねえ。


2年くらい前は80億円とか言われてたと思うけど。


小麦やら卵やらチーズやら、世界的にも値上げが大ブームなのに、
ロナウジーニョだけは大暴落。


リオネル・メッシの評価額はたしか120億円だから、もはやロナウジーニョ4人分。


挙句の果てには、北京大安という名もなき中国のチームからも20億円オファーを出される始末。


チャイナ・マネーに買いあさられるロナウジーニョ……。


絶対に行かないと思うけど、
型落ちしたブランドみたいで、せつないなぁ


まぁ練習をさぼりまくることで有名だから、仕方ないっちゃ仕方ないんだけど。
人間、落ちるときはアッという間でした

ヒールが似合うチーム

チャンピオンズリーグ4強には、オレが推す2チーム、
マンチェスター・Uとバルセロナが順当に残りました。バルサは危なかったけど。


そしてもう一方はリバプールとチェルシー。


なんとイングランド・プレミア勢が3チームも残ったわけで、
「エネルギッシュいてまえサッカー」全盛期だなぁ、と感慨深いわけであります。




4強にどこのチームが残るかっていうのは、毎年注目っすよ。


何年か前にイタリアから3チームが残ったときは、ガチガチの守備サッカー全盛期だったし、ここに世界の流行が透けて見えたりするのが面白い。




それはともかくとして、
4チームのうち、今回はどこが優勝するんだろうなぁ…なんて考えてたんだけど、


チェルシーだけがうまいこと想像できない。


あのアメリカ映画の悪ボスみたいな、グラント監督殿が、
「決勝の白い紙ふぶきの中で胴上げされる」ってのがどうにも想像つかぬ…。


まっ、いいんですけどね!


「ヒール(語尾はきちんと下げましょう)が似合うチーム」ってのがあってもさ。

ビッグイヤー予想

「ビッグイヤー」というのは、
その年の欧州チャンピオンズリーグで優勝したチームに与えられる栄冠のこと。


今日明日と、そのチャンピオンズリーグ準々決勝2nd legが行われるわけですが、
なんとなく優勝チームを予想しちゃおっかなと、今回はそういう趣向であります。


どうでもいいけど、「ビッグイヤー」ってとんでもなくスゴい栄冠なのに、日本語にするとカッコ悪い。
「イヤー」がカッコ悪いのか。やたらイヤがってるみたいだもんなあ。


「バロンドール」は日本でもよく使われているのに、「ビッグイヤー」がそれほどでもないってのは、きっと良い日本語が思いつかなかったからなんだろう。




さて、ここから本題。


いろいろ試合を見たけど、やっぱり今年はマンチェスター・Uが抜群にいい。
ローマ戦1st legのC・ロナウドのヘディングなんて、ハイパー規格外。


スコールズのフワッとしたクロスに、C・ロナウドが後ろから飛び込んできてヘディングで叩き込んだんだけど、


なんとC・ロナウド、最初はTV画面に映ってなかったからね。


オレも最初はスコールズのミスキックだと思ったし。
だけどその瞬間、C・ロナウドがとんでもないスピードでフレームインしてきて、サッと獲物(ボール)をゴールに叩き込んだ。


去年、飛騨高山で、空から飛んできた白鷺が、水の中を泳いでいる魚に向かって、猛スピードでくちばしを出して捕獲し、アッという間に丸呑みしてしまうところを見たことがある。


C・ロナウドもそんな感じだった。


人間じゃない、鳥類の動きだね。あれは




というわけで、やはりマンチェスター・U。
まちがいなく優勝候補筆頭。


対抗馬はバルセロナだろうか。


スペインリーグを見ているとそこまで感じないけど、
やっぱり他国のチームと試合をすると、シャビ、イニエスタっつー選手のスゴさが際立つ。派手なことやるわけじゃないけど、基本的にうますぎる。「逆取りバロンドール」なんつーのがあったら、ナンバー1,ナンバー2は堅い。


メッシがケガから復帰すれば、やっぱりバルサはそーとー来るだろうね。
え、ロナウジーニョ? …彼はそろそろ引退でしょう(苦笑)


他の注目カードに目を移すと、リバプールvsアーセナルなんつーのもあるけど、
両チームとも、勝ち切るサッカーができていない。リーグ戦でも引き分けが多いし。


肝になる選手を抑えられる、もしくはそういう選手の調子が悪いとき、厳しいんだよね。
アーセナルなら、アデバヨル、セスク、フレブあたり。
リバプールなら、F・トーレス、ジェラード。


アーセナルなんて、序盤はすげー話題になってたのになあ。
やっぱりロシツキーの欠場は痛い。
代わりに入っているエブエも、悪い選手じゃないけどセンスがない。フィジカルはすごいけどセンスがない。とにかくセンスがない。


サイドに張りっぱなしだから、アーセナル自慢の中盤も薄くなっちゃってる。
絶頂期には、フレブ、ロシツキー、セスク、フラミニの4人が自由に動いてかき回してたのに、
今はエブエが右サイドに張り出しちゃって勝手に上下動してるもんだから、中盤が3人になっちゃった。これじゃあ、序盤のフレキシブルなサッカーはできない。


一方のリバプールなんて、完全にF・トーレスのスピード頼み。
バベルがもうちょっとデキると思っていたんだろうけど、ビッグクラブ相手には通じてないのが誤算。


まぁ、どっちも来年のチームかなって感じはイナメナイ。


で、
本命:マンチェスター・U
対抗:バルセロナ


とくれば、大穴が欲しいところですが、


ローマ、シャルケは厳しい。戦い方が消極的すぎる。
やはりここはチェルシーに逆転勝ちした、ジーコ率いるフェネルバフチェを推しましょうか。


フェネルバフチェのサッカーは攻撃的で面白い。
しかもジーコの采配がピタリピタリ。交代策がズバズバ当たる。


つくづく、ジーコは悪い監督ってわけではなく、日本に合わなかっただけのことなんだなあと思う。


カリスマとモチベーティングしか持ってない監督でも、
成熟したプライドの高い選手がそろうビッグクラブを指揮するには十分なんだろう。


むしろ戦術にウルサイ監督は、鼻高々の選手たちから総スカンを食らう恐れもある。…浦和のように。
ジーコはフェネルバフチェに合っていたんだなあ。




というわけで、ビッグイヤー予想は、
本命:マンチェスター・U
対抗:バルセロナ
大穴:フェネルバフチェ


に決定。

日本サッカーは2年遅れで進歩

つい先日のこと。


ある先輩との雑談で、


「最近、Jリーグでミドルシュートが”バシッ”と決まるのを多く見かけるようになった。でも世界的にいえば、こういうミドルシュートの流行は、2006年ドイツW杯のときに散々目にしてきたはず。どうやら世界のスタンダードが日本に伝わるまで、現状では2年かかっているようだ」


という話をした。


その「空白の2年」が意味するのは、勉強熱心なJリーガーが、欧州リーグやチャンピオンズリーグなどを見て、自分に足りないものを修練している期間なのかもしれない。非常にポジティブなことだと思う。


ところがその「2年」の間に、世界もまた新しいスタンダードへと進もうとしている。日本の進歩を待ってはくれない。




ここからは完全に自分の主観になるけど、


どうも最近のチャンピオンズリーグなどを見ていると、新しい傾向としてキーワードになるのは、


”ダイアゴナル・クロス”(斜めに上げるクロス)なんじゃないかと。


例えば、アーリークロス。
敵DFが戻りきっていないうちに、DFラインとGKの間にピンポイントで蹴り込む。そして味方FWがDFやGKとの追いかけっこに勝てば、そのままゴール。


最近の欧州サッカーでは、こういう形のゴールをよく見かける。


それについてこう考えてみた。


2006年(世界):ミドルシュート全盛期
2007年(世界):DF側は、中距離砲に対抗するため、チェックにいくポジションを上げて対応。つまりDFラインを上げた
2008年(世界):DFラインとGKの間のスペースが広がったため、攻撃側はアーリークロスが流行


ということなのかも。かなり大ざっぱな流れだけど。


ここ最近、スピードのある選手が特に目立っていることとも無関係ではないと思う。


引いてスペースを消すスタイルをミドルシュートが打ち破ったことにより、守備スペースが拡大し、再びスピードのある選手に有利な状況になった。こういうことかもしれない。


そう考えると、サッカーって本当に面白い。


お互いが、「どうやって相手を超えようか」と切磋琢磨して、こういった新たなスタンダードとなるスタイルが生まれてくる。


今、ミドルシュートが流行しつつあるJリーグも、来年や再来年にはスピードのある選手が大活躍し、アーリークロスが流行ってくるのかも。


でもやっぱり2年かかる。


もっとたくさんの日本選手が海外で活躍するようになり、もっとたくさんの実力者がJリーグでサッカーをするようになれば、この2年はもっと縮まっていくんだろうけど。




もちろん、世界の流行を追うだけではなく、日本のオリジナリティーも作っていきたいところ。


日本が作った「日本人らしいサッカー」を、
ベトナムやタイなど、体格が似ているアジアのサッカー後進国がマネをしたくなるように。


そうなりたいもんです。

ノンストップ編集

はぁ~~~~~~~~。
鬼の雑誌校了が終わりました。
今回は、今までで一番キツかったかもしれない。


正直、どうしても時間が足らず、完成度に満足できないページもチラホラあった。
やっぱりそういうページを見るのはやるせない。やり場のない怒りがこみ上げてくる。


しかし。


たとえ時間が足りなくて、いろいろな所に妥協せざるを得ない状況に追い込まれたとしても、
その中でやれるだけの全力を尽くすのが、プロフェッショナル。


と、「今は」思ってますから。
(まぁ数年前はそう思ってなくて、「もっとじっくり作らせろ!」と、社長やら編集長と大ゲンカしてたんですが。笑)




さてさて。
そんなこんなでバタバタしてる間に、オリンピック代表のアンゴラ戦がありましたね。


この試合が終わって、俺の中での反町監督への期待度はかなり上がった。
試合内容も良かったけど、反町さんが掲げたテーマ「ノンストップサッカー」にすごく共感した。


とにかく試合中は休まず、ひたすら走り続る。
ファウルをもらったら、すぐにリスタート。敵がボールを持ったら、すぐにプレス。
攻めも守りもノンストップ。日本の運動量を生かして、とにかく走る。


サッカーは基本的に駆け引きが重要なスポーツなので、90分間をひたすら走り回ろうなんて愚直なチームは、世界中を見回しても反町ジャパンしかない。


でもこの「愚直」。


これこそが日本のキーワード。
俺たちは「愚直」に生きることができる。


俺は海外に住んでいて、いろいろな外国人と接してきたけど…、


この平和な国に生まれた日本人が、
「だまされるヤツが悪い。盗まれるヤツが悪い。殺されるヤツが悪い」という文化で育った外国人に、
駆け引きの勝負で勝とうなんて、絶対に無理。


それは俺自身が、海外生活の中で実感したこと。


だったらもう、あえて駆け引きのメリットを捨てて、
ひたっすらバカみたいに神風ノンストップで戦ってやれ、と。


そのほうが、世界を驚かすサッカーができるはず。
実際、アンゴラの監督は、
「日本のダイナミックなサッカーに、我々は後手に回った」と、
1-1の引き分けながら、内容での敗北を認めている。


「日本人の特性・性格をつきつめていくと、どうしてもこういうサッカーになる」
と反町監督はコメントしていた。俺もそう思う。すごく共感した。


反町さん、北京五輪が終わったらA代表の監督やってくんねーかなぁ。
精神的な浮き沈みの軽さを感じることもあるけど、思慮深くて、方向性がキチンとしている。ある意味、トルシエに近いキャラクターかもしれない。


「これからはやり方を変える。人につく守備は、本来僕はやらない」
そんな、場当たり的なコメントをしている岡ちゃんよりもよっぽどいい。長期的ビジョンがある。


以前のコラムでも書いたけど、
俺はオシムの後任には、反町さんのようなコーチをそのまま昇格すべきだと思っていた。
http://kaizokuo.blog5.fc2.com/blog-entry-212.html


きっとこうなってしまうんじゃないかと思って、上のコラムを書いたけど……本当にそうなった。
予想通りすぎてむなしい。日本のサッカーをつまらなくしているのは誰だ?


「ノンストップサッカー」、
日本人らしいサッカーが、具体的になった気がします。
大いに結構。ガンガンやってください。




そして俺も、雑誌を校了したと思ったら、
次はすぐにムック制作に取り掛からなければならない…。
まーしょうがねえんですけど。


ノンストップ編集、これも日本人らしいわ。
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。