スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の食糧が危ない!

この前NHKで、
日本の食糧問題を考える、という番組をやっていた。
その感想を駄文で書き殴ってみます。


いきなりですが、今の日本の食糧自給率、どのくらいか知ってます?


「食糧自給率」とゆーのはその字のごとく、
どれだけの食糧を自分の国で生産してまかなっているかということ。
なんと日本は、たったの40%らしい。


他の先進国でいうと、イギリスやドイツなどは80%~90%、アメリカやオーストラリアなどは300%にものぼる。(100%を越えているのは、余った食糧をさらに他国へ輸出しているということ)


日本の40%という数字は、世界的に見ても圧倒的に低い。


ここ数十年で日本の食糧自給率は、どんどん下がって輸入に頼るようになった。スーパーに並んでいる食材の産地を見ると、なんと海外産の多いことか。その代わりに自動車や精密機器をグングン輸出するようになったわけだけど。


「食糧は外国に売ってもらえばいいじゃないの」
という人もいるかもしれないが、問題はたくさんある。


その一つは、農業が廃れると、国土も廃れてしまうことにつながること。水田や畑があったキレイな土地が、商業地や工業地になってしまうと日本の空気や水などの環境が悪化していく。


もう一つは、外国から輸入する食糧の安全性だ。


昔、ある農家で、自分の家で食べる用の畑と、出荷用の畑を分けて作っているという話を聞いたことがある。


なぜ分けているのか? それは……出荷用の畑だけには農薬をたっぷり使い、自分で食べる分には使わないようにするため。


人間なんてそんなもの。自分さえよければいい。
だから輸入に頼ることは、自分の健康をそういった他の人間に預けることになる。危険極まりない。


なんだか、イタリアのパスタ不買運動を思い出す。


イタリアのパスタメーカーが値上げを決めたとき、国中がそれに反対して不買運動を行ったらしい。彼らの言い分はこうだ。


「俺たちは車や香水の値上げに反対しているわけじゃない」


彼らはパスタという、イタリア人が生きるために最低限必要なものを守ろうとしている。外国産の安い食料でいいや、なんて気は起こさない。彼らの価値観は、人間としてすごく自然な姿に感じられる。


でも今まで日本が選んできたのは、車や精密機器のほう。
ずっと食べ物を犠牲にしてここまでの経済成長を遂げてきた。なんだか、いつかこの大きな代償を支払う日が来るような気がしてならない。


まずは、値段以外が見えていない消費者の危険なマインドが変わること、
そのためには、「~ガンの危険がある農薬が~グラム入っている」などの詳細な情報を徹底的に開示すること。
あるいは日本の食品に消費税がかからないようにしてもいい。ドイツでは20%近い消費税率を課しながらも、食品などの生活必需品に関しては税金が一切かからないシステムだった。それを真似してもいいかもしれない。


そして何よりも、これまで海外食品との自由競争に策略なく負けてきた日本の農業生産者に、大きな進化が求められていると思う。


若くてエネルギーと知略にあふれている……ITベンチャーを立ち上げてきた社長たちのような人間が、今の日本農業にも必要だ。
スポンサーサイト

子どもは宇宙人 【サントリー×Jリーグ スポーツクリニック】

先週の土曜日、横浜F・マリノスのグラウンドで行われた「サントリー×Jリーグ スポーツクリニック」を取材。


外で遊ばなくなった最近の子どもたちに、スポーツ本来の楽しさを味わってもらうためのイベントなんだけど、面白いのは、サッカーだけじゃなくラグビーやバレーボールの指導者も一緒になって教えていること。


ラグビーでは、ボールを抱えたままステップワークで相手のタックルをかわしていくわけだから、その速さ・力強さたるや、サッカーの比じゃないだろう。これを練習すればサッカーの動きにも非常に役に立つ。


バレーボールも同じく、ジャンプ力、空中での制動力など、サッカーだけでは中々身につかない能力を身につけることができる。


「サッカーの動きは、サッカーを練習すれば身につくんじゃないの?」と思うかもしれない。だけど、逆にサッカーだけでは身につかない動きを他のスポーツから取り入れることは、その選手にとって唯一無二の武器を得ることになる。


例えば鹿島の内田篤人。


子どもの頃から陸上経験者の家族に「お前の走るフォームは汚い」といわれて、きれいな走り方を教え込まれたらしい。そうやって育ったサッカー選手、内田の持ち味はスピードを生かした攻撃参加。これは決して偶然じゃない。陸上+サッカー=内田篤人だ。


つまり、子どもは色々なことに対して吸収力が高いので、一つのことだけをやらせるのではなく、多くのことを経験させて伸びシロを大きくしておくことが大事なのだ。


別にスポーツに限った考え方じゃないと思う。


たとえば勉強もキチンとやってきたサッカー選手なら、戦術の理解も早いし、メディアへの対応なども上手にこなせる。(実際、敬語も使えないようなサッカー選手が多いですから…)


勉強・スポーツ・芸術など、子どもはいろいろなことを経験しておけば、それだけ将来の可能性が広がっていくということ。子どもの頃から勉強だけ・サッカーだけ、と範囲を狭めると、ある程度進んだときに、自分の伸びシロに限界を感じるのが早くなってしまう。




そういう意味でこのスポーツクリニックは非常に興味深いものだった。


バレーボールのコーチが子どもに教えるのを横で聞いていて、試しに俺もいわれたフォームで跳んでスパイクの打ち方を練習してみた。右足から入って左足で踏み切って……。あらビックリ。体がすごくスムーズに動いて、空中でスパイクを打ちやすい跳び方になった。


きっとこういう体の動かし方を感覚的に知っておけば、空中でのボディバランス、浮き球のコントロール、ボレーシュートなど様々なシーンに役立ってくるんじゃないかと思う。




という感じで、バレーボール・ラグビー・サッカーのそれぞれを子どもたちは経験してクリニックは終了。


指導の途中、それぞれ選手やコーチ陣+ゲストの中西哲生氏、大竹奈美氏によるエキシビジョンがあった。ラグビーのタックルや、バレーボールのスパイク、サッカーのPKをそれぞれデモンストレーションしてくれて、子どもたちも大喜びしていた。


コーチもノリノリで、子どもの興味を引きつけて離さない。
「中西さんがPKを外したら、今着ているTシャツを置いていってもらいます! キーパーのお兄さんが止められなかったら、スッポンポンで帰ってもらおう!」


スッポンポンって……マジで止められなかったらどーすんの……と思ってたら、
ひとりの子どもが、
「ウチのお父さん、いつもスッポンポンだよ!」


お父さんも真っ青のカミングアウト。爆笑。


というわけで、いろいろ楽しかったイベントだった。

友達の友達は、宿題代行屋さん

今回は、俺の友人の大学時代のサークル仲間(T氏)のお話。


聞いたことがある人もいるかもしれないけど、T氏は、
「宿題代行サービス」をする会社を立ち上げているらしい。


宿題代行っていうのは、子どもの夏休みの宿題を代わりにやってあげようというサービスなわけだが……いやはや。
世の中、何でも商売になっちゃうんだなぁ。


「学校の宿題よりも塾の勉強を優先させたい。だけど宿題をやらずに、内申点が悪くなるのは避けたい」
という、母親たちのわがままなニーズに答えたビジネス。


気になる料金だけど、
読書感想文 → 400字詰め原稿用紙3枚で、2万円。
算数の宿題 → 1問500円。
図画工作  → 1作品5万円。


オイオイ。
小学生の読書感想文が、俺の原稿料よりたけーよ(笑)
どないなっとんねん(怒)


子ども1人分の夏休みの宿題をやったら、30万円くらいにはなる。
それを大学生のアルバイトにやらせておいて、自分は呑気に年収3000万。頭がいいというか何というか…。


夏休みの宿題をやる時間がないって、どんだけ忙しい子どもやねん。
母親たちはいったいどういう気持ちでこのお金を払っているんだろう?
自分の子どもにズルをさせている、そのくらいの意識はちゃんとあるんだろうか?
父親はそのことを知っているのだろうか?


なんとこのビジネスは、夜のニュース番組でも取り上げられた。


ただ、いわゆる普通のニュースとしてではなく、
ネットカフェ難民の特集のように、世の中の歪みを探るようなテイストのドキュメンタリー。
キャスター陣はこのビジネスに賛同せず、かといって拒否するわけでもなく、ただ眉をひそめながらコメントするだけ。


T氏のホームページを見ると、プロフィールには、
「夢 - 楽してがっぽり稼ぐこと」と書いてある。


彼は自分のやっていることに、少しも罪悪感を感じていない。
実際こんなグレーなことをやっておきながら、テレビに堂々と素顔で出演して屈託のない笑顔を見せる。「みんなのためになっている」と堂々と言う。本当に罪の意識なんてないのだ。


たぶんT氏の中では、悪いこと=法律に違反することなんだと思う。法律に違反しなければ何をしても構わない、そう考えている。いわゆる「ホリエモン」タイプ。


T氏は非常に頭がいい。
こんなアイディアを考え、それをビジネスという形にするのは誰にでもできることじゃない。


ところが、その彼の行動を制約するのは、「法律に条文があるか否か」それだけ。
倫理だの道徳だの、そんなことは彼にとっては何の意味もない。


ある意味、これほど恐ろしいことはないと思う。


彼はおそらく、六法全書に「殺人は罪である」という条文がなく、しかも殺人をすることでお金を得られるとすれば、きっと・・・と考えると本当に恐ろしい。倫理観がなく、知恵という力だけを身につけた人間なんて悪夢そのものだ。
核兵器やバイオ大量殺人兵器などと同じ……というのはちょっと言い過ぎだけど、「子どもの教育社会を破壊する」という意味では、ニュアンスはわかってもらえると思う。


もう一つ違和感を感じたのは、
一緒にそのニュース番組を見ていた友達数人が、「別に悪いことしてるわけじゃない。問題はないよな」と語り合っていたこと。


ほとんどがそういうスタンスだった。
「法律に触れているわけじゃない」それが多数意見。


当然俺は、「こんなのクソだ」と言い放って真っ向から対立したんだけど…。


法律どうこうなんて関係ない。子どもに金でズルを覚えさせるようなことは悪に決まっている……と、俺のハートは完全な拒否反応。


ズルをした子どもは、自分の親しい友達に「僕の宿題はお金を払ってやってもらったものだ」と、正直に言うんだろうか。それとも隠すんだろうか。夏休み明けに、胸を張って先生に宿題を提出できるんだろうか。いずれにせよ、子どもの人格形成に悪影響を及ぼすのは想像に難しくない。


さらに「学校の宿題はやらなくてもいいものなんだ」と認識した子どもは、教師を尊敬しなくなる。それでは教育そのものが成り立たない。


どう考えても悪だろう、こんなクソビジネス。


T氏にしてもキャスター陣にしても一緒にテレビを見ていた友達にしても、
「金と法律以外の判断基準」を持っていないことが俺には不思議だった。


「良くない」と心のどこかで思っていても、法律に違反していなければ「NO」と言うこともできない。何かがヘンだ。


金と法律で、この世の全てに説明がつくわけじゃない。今日はそんなことを強く思った。

エジプト戦とカタール戦

大久保は本当に良かったなぁ。


ジーコジャパンのとき、キャバクラでスシ投げて暴れまくり、
代表からホサれちゃってからもう3年。
ついに3年越しの代表初ゴールですよ。いや~~長かった。


代表初ゴールの感想を聞かれたとき、
「そんなに嬉しいわけじゃないです。Jリーグで初めてゴールを決めたときと同じ」


って言ってたけど。


「Jの初ゴールと同じ」って……それってメチャクチャ嬉しいってことやんけ(笑)
大久保ったら。テレ屋さんですな。


ここに欧州勢が加わったら、高原、大久保に中村俊輔、稲本・・・なんかジーコジャパンに戻りつつあるぞ(笑)。


でもやっぱり、大久保には高原と同じく、ストライカーの天性を感じさせる何かがある。


特に今日の1点目。


あの位置からあの体勢で、迷わず利き足じゃない左を振り抜くなんて、ストライカー以外の何者でもないでしょう。だってあんな状況でシュート打とうなんて普通思わないもの。ストライカーじゃない人は。


高原とうまくかみ合ったら、相当面白いよ。
ただ、大久保の20試合無得点には高原とのペアも多少含まれているので、そう簡単ではないけど(笑)。




さて話は変わるけど、五輪はヒドい試合だった。
内容はここまでの最終予選でいちばん良かったのに、結果は負け。


残り2戦を勝つのはもちろん、カタールと得失点差で争う可能性を考えると、できるだけ得点も取らなきゃいけない。
ということは、最終予選でまだ1点も決めていないFW陣に期待しなきゃいけないのだが…。正直、かなり厳しくなってきたなぁ。


しかし、反町監督はストライカーに色んなものを求めすぎている気がしてしょうがない。


前回の森島康仁にしても、今回の李忠成にしても、
前線からの守備やチャンスメークなど、得点以外ですごくいい働きをしているのは間違いない。すごく汗をかいてがんばっている。


でも、ゴール決めてないんだから。


守備・チャンスメーク・ゴール。たくさん要求するもんだから、
「求められた3つの役割のうち、2つできたからOKだよね」というふうに最大の目的がうやむやになってしまっている。


アジアカップのときみたく、高原が君臨している前提で、巻が守備やチャンスメークに貢献しているような図式ならいいんだけど、五輪代表はそうじゃない。ストライカー不在。


一度、FWの選手に関してはややこしいこと言わずに、シンプルに結果だけで勝負させたら?って思う。

プッ

たいしたことではないけど、
ウィキペディアで伊野波を見ていたらプッと笑えた。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E9%87%8E%E6%B3%A2%E9%9B%85%E5%BD%A6


血液型はO型ですか?(笑)

西野がいいこと書いてる 【内藤vs亀田戦】

キングコングの西野がいいこと書いてる。


http://mycasty.jp/nishinoakihiro/html/2007-10/10-14-849585.html
(記事の下段)


亀田大毅は「負けたら切腹」といって試合に臨み、負けた。


そして試合後、観客は「切腹コール」を浴びせ、記者も「切腹は?」と質問を投げかけた。だけど…


良識ある大人だったら、「切腹しろ」なんて煽るのヤメなさいよ。
そんなこと、宣言するヤツが馬鹿なら、実行しろと迫るヤツも馬鹿。


亀田に恥をかかせていい気になるなんて、くだらない。それ自体が恥さらし。


(たぶんないだろうけど)
亀田が本当に切腹したら、これは殺人幇助(ほうじょ)ってヤツでしょ。最近、ケータイサイトを通じた犯罪がよく事件になってる。あのクズ犯人たちと一緒だよ。


みんな、殺人幇助未遂をしてるって意識はあるのかな?


視聴率が40%を越えるような注目度の高い試合だっただけに、
「子どもが見てるよ」という西野の指摘はすごく大切だと思う。


そういう「子どもの見本になろう」って感覚のある人、最近はすごく減ってきてる気がするからね…。
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。