スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿谷曜一朗のパーフェクトゴールについて。

韓国で行われているU-17ワールドカップ。


U-17日本代表は残念ながら決勝ラウンドに進めなかったけど、
フランス戦で柿谷曜一朗(C大阪)のとんでもないゴールが飛び出した。
http://jp.youtube.com/watch?v=egqjhIbHqRc


これ、、、スーパーゴールってやたら言われてるけど、、、
スーパーなんてもんじゃない。パーフェクトゴールだよ。


まずはファーストタッチが素晴らしい。
ゴール方向に飛んでいくボールを、逆方向に踏み込みながらトラップ。
フランスの選手の逆を取り、プレッシャーをかわしている。
(見逃した人は、もう一度動画を見てみてください。こういうプレーを自然にできるのが柿谷のすごいところ)


そして、即座にボールを前に押し出す。
このとき真っ直ぐ前ではなく、ナナメ右前に押し出したのもポイント。


ロングシュートを蹴るのなら、ボールを利き足側に出さなきゃいけない。柿谷はそのイメージを持って利き足側に、しかも圧倒的な速さでコントロール。


さらに視野も完璧。
よく、「ボールを持ったら前を向くのが大事」なんていわれるけど、いくら前を向いたって、顔が下がって周りが見えてなかったら意味がない。
本当に大事なのは、「前を向いたときに、ボールウォッチャーにならずに視線が上がっていること」。


この点でも、柿谷はボールを見る時間を最小限に抑えることができる。
ボールテクニックに自信があればこそだ。


というわけで、ロングシュートだけでなくトラップ、コントロール、視野の確保、すべてが完璧なプレーだった。


昔、小笠原も超ロングシュートを決めたことがあったけど、あのゴールはタメが長いシュートだった気がする。


でも今回の柿谷はとにかく速い。まるで5メートル先の味方にパスするようにロングシュートを打った。かなり衝撃。パーフェクトプレー。


すごく将来を期待できる選手だと思うけど…、


ただ、この手の日本人選手は技術に溺れる傾向があるからなぁ。。。


技術がすごいか、メンタリティがハードか。
日本の選手はたいていどっちか一つしか持たない傾向がある。そこは心配。


ためしにU-22代表に呼んで鍛えて欲しい。未来枠として。
スポンサーサイト

ルー反町

最近、ルー大柴がリトルだけブーム。


ハイスクールのガールまで、ルー大柴を真似してシミラーなことしてるって聞きましたよ。


言葉のいろんなとこに英語を使う人のこと、『ルー党』っていうらしいですね。


俺も先日発見したので、報告しときます。


「まず、勝ち点3を取れたことを素直に喜びたいと思います。(中略)内容的にも、非常にリトリート(退却戦術)され、ゲームをクローズされて、(中略)セットプレーからの得点でしたけど、オープンプレーからも取りたかったです。(中略)ゲームに入る前には、4日間ほど時間がありましたので、ミーティングを重ねて日本人のフットボールのストロングポイントなどの話をして、その完成形につなげるような話をずっとしてきました。今日は精神的な部分ですね、スピリットの部分、ファイティングスピリット、ウイニングスピリット、チャレンジスピリット。(中略)西川に関してはクラブ(大分)のマターなので、こちらはなんともコメントできません。」


そう、俺が発見したルー党は……U-22代表監督の反町さん(笑)。
会見中、ルー大柴の顔がチラついてきて笑いをこらえるのが大変だった。


昨日は1日に3試合も代表戦があったのに、
翌日のブログがこんなんかよ! とか言われそうですが

人もボールも……

「授かっちゃいました~!」


先日の試合後にサポーターのもとに向かい、ダルビッシュ有ばりの結婚&妊娠報告をした、ガンバ大阪の安田理大(19)。
U-20ワールドカップに出発する前に作ったのかな~。


スタンドは大ウケだったらしい。


さすがコテコテの関西人。よーしゃべるし、よー笑いを取る。


人もボールも口も動くサッカー選手じゃ。

こんにゃくを英語で言うと・・・?

『こんにゃく』の英語表現を知ってますか?


たまたま今日、アメリカ人にそれを説明する場面があったんだけど、


海賊ひで「えーと、、、something soft...made from beans...」


単語を知らない上に、説明も間違ってました(笑)。
こんにゃくは豆じゃなくてイモだろーが。


どうにも上手く説明できないので、辞書を使って調べたところ…


『Devil's tongue』
と書いてありました。


こんにゃくは英語で、デビルズ・タン。


直訳すると、悪魔の舌。


なんとな~くイメージは分からないでもないけど…。
たしかに触感は舌っぽいし、見た目も灰色でキレイとはいえない。


しかし、、、食い物にこんな名前付けるとは…。
なんでもアリだな…アメリカ人(笑)。




さて、ここからはサッカーの話です。
『U-17 ワールドカップ 韓国2007』の話題。


こちらの倉本和昌さんから聞いた話ですが、
http://www.soccerstriker.net/html/worldsoccer/wsb_03wed_k_kur.html


倉本さんが所属する、『アスレチック・ビルバオ』のトップチームに、U-17スペイン代表のイスマエルという選手が引き上げられたそうです。
左利きでスピードのある選手なんだとか。


さらに、チェルシーも獲得に動いたという15才のセンターフォワード、ムニアインという選手も同時にトップ昇格を果たしたらしい。


飛びぬけた実力を持つ選手が、上の世代に行くのは良いこと。


もちろん我らが日本でも、先日のクラブユース選手権で、15才の宇佐美貴史が『ガンバ大阪U-18』のレギュラーで戦ったように、同じような飛び級は存在する。


U-17日本代表の柿谷曜一郎(C大阪)、河野広貴(東京V)もそうだ。


彼らはすでにJリーグへの出場を果たしている。


…が。


イスマエルやムニアインと、宇佐美らが同じとはいえない。


向こうは、世界最高のリーガ・エスパニョーラのトップクラブ。
そのチームで活躍することは、即、世界の一流選手に仲間入りすることを意味する。


仕方がないこととはいえ、この差はあまりに大きい。


仮に現時点でのレベルにあまり差がなかったとしても、
今後の成長にはかなりの違いが出てくるのは間違いない。


スポーツ選手は、二流になるまでは育てることができると思うんです。


でもそこから一流の選手を目指そうとしたら、
自分で考えて、実戦の中で自分の感性に頼って伸びていくしかない。


つまり、環境が与える影響がより大きくなるわけです。


そういう意味では、リーガ・エスパニョーラなんてのは、
アイディア、感性、フィジカル、メンタル、そういった力を自分で磨くには最適の環境。


なんせ世界最高峰の一流選手が集まるわけだから。





近年、日本サッカーの指導力はすごく成長しているのは間違いない。


ただ、ここから一流選手を輩出しようとした場合、
日本人選手が一流環境にもっとスムーズに入るための手を打っていかなきゃならない。


そして日本人が海外サッカーに移籍しようとした場合、
外国人枠などのどうしようもない問題もあるんだけど、
実はもっと致命的なキーワードもある。


それは何かというと、、、今は秘密(笑)。

ベッカムは朝青龍ではなかった

メジャーリーグを見ていたら、
ヤンキースvsブルージェイズの試合で、いきなりベッカムが始球式に現れた。


オォッ! と思ったが、よく考えたらベッカムは足首のケガで開幕戦を欠場している。


それなのに、もしも始球式で投げたりしたら、それではまるで朝青龍ではないですか!!!


と思ってワクワクしてたら、ベッカムは投げないでベンチ裏に引っ込んでしまった…。


ベッカムと朝青龍は違ったらしい。あたりまえか(笑)

『瞬間力』

アジアカップ、U-22日本代表戦、U-18クラブユース選手権と、最近の試合取材を通して感じたこと。


日本のサッカーには、『瞬間力』が足りないんじゃないか。


90分という時間を配分して戦ったり、広いスペースを使って攻撃を組み立てられるのは、日本サッカーのスタイルだ。技術の足りない選手にはできない。


ところがボールを回して主導権を握ることができるので、日本の選手はゴールの可能性を極限まで高めてからシュートを狙う傾向がある。


サッカーは対戦相手がいるスポーツ。
相手の守備がしっかりしている場合、ゴールの可能性は50%までしか高まらない局面もたくさんあるだろう。それでも強引に可能性を80%まで高めようとしている感じがする。


つまり、「いちばんオイシイ瞬間を見極める力が足りない」ということ。


それは判断基準だけでなく、気持ちの面でも感じる。


かなり前の話になるが、ある代表戦で日本が決定機を外したとき、当時解説だったラモスはこんなことを言っていた。
「なんでシュート打つときぐらい、100%ボールに集中できないんだヨ!」


今、あの言葉を思い浮かべると、妙にうなずけてしまう。


攻撃に限らず、現在の日本人選手の傾向として、
「いちばん大事な瞬間にすべてを賭ける気持ち」が致命的に欠けているような気がする。


『大事な瞬間』とは、もちろんゴール前もそうだし、1-0で勝っている試合の終了間際なども当てはまる。


それはキャプテン翼の松山光における、
「ここだ! ここで決めるんだ!」という感覚だったり、小動物がライオンの接近を感じて、その場を離れるような動物的感覚にも近い。


そういう感覚を、最近の、特に若い選手からは余り感じない。


日本代表はミドルシュートを打たない、バイタルエリアまで持ち込んでも決定機を作れないとよくいわれるけど、


そういう状態もすべて、「瞬間力の欠如」に起因している気がする。90分を全部同じリズムでプレーしていて、力の緩急が少ない。




いちばん大事な瞬間を見極めて、そこに自分のすべてを賭ける力。


時間帯を支配するのと、瞬間を支配するのは、同じ時間でもまったくエッセンスの違うことだと思う。


『瞬間力』を養うことを、僕はこれからの日本代表に期待していきたい。

あったけぇクラブ

先日、といっても1ヶ月以上前のことになるけど、
アルビレックス新潟のエジミウソンを取材しました。


☆インタビュー記事は、
8月11日発売のストライカーDXに掲載されます


新潟の練習が終わったあと、グラウンドでレッスン取材を開始。


「あーでもなく、こーでもなく、こんなプレーを撮りたい」という俺の希望にも、イヤな顔ひとつせずに応えてくれて、予定時間をオーバーしてしまったものの撮影は完了。


そして俺は一足先にクラブハウスに戻って、インタビューの準備……に入ろうとしたところで、「アッ!!!」と声が出た。


  イメージカット、全然撮ってねぇ。。。


イメージカットというのは要するに飾りの写真で、これがないと真っ白の中に文字だけというショボショボの記事になってしまう。ヤバいぞそれは。


俺は猛ダッシュでグラウンドに引き返し、用具の後片付けをしていた通訳さんを呼び止めてふたたびエジミウソンの元へ……。




エジミウソンはグラウンドの隅で、ファンの子供たちにサインをしていた。


通訳さんが事情を話すと、エジミウソンはサインを止めてこっちにやってきた。




う……。子供たちの視線が突き刺さる……。
俺は君たちからエジミウソンを取り上げたヒドいヤツ。
何か文句あんのか……あるよなそりゃ。


マジで申し訳ねぇと思いつつ、イメージカットを撮る。
ボールを使ってちょいちょい遊んでもらって、撮影は無事終了。


うーん、子供たちはまだこっちを見ている。やっぱり視線が刺さる。


しかし、驚いたのはその後。
エジミウソンはふたたびその子たちの所に歩いて行き、サイン書きを再開した。そして全員がサインを手にするまで書いた。


……いいヒトだね。このヒトは。


別にそのままクラブハウスに帰ってシャワー浴びても、誰も文句言わないと思うけど…。


俺は試合中のエジミウソンのイメージが強かった。ブスッとしてるし、味方が失敗すると怒るし。
要するに、「怖そう」っていう印象だったんだけど。


でも普段はめっちゃくちゃ明るい。


実はオンとオフの利いた、模範的なサッカー選手だった。


さらにその後のインタビューも、
「ブラジル人は感覚でプレーするから、技術的な話は聞きづらいんじゃないか」という俺のイメージを見事に裏切り、丁寧でわかりやすい解説をしてくれた。
まぁこの点は、コーチ兼通訳さんの力も大きかったんだけど。




エジミウソンに限らず、通訳さんも広報さんもみんな暖かかった。暖かいクラブだった。


俺はアルビレックス新潟というチームが、常に4万人の観客をスタジアムに集めることにずっと疑念を持っていた。疑念というか、理由がわからなかった。


スタジアムへの無料招待券を配ったとか、地域密着を進めたとか、新潟にはプロスポーツチームがないからとか。色々な話は聞くんだけど、どれもこれも、「それって1、2年で効力が切れるでしょ」と思うようなことばかり。


なんかこう……
「なるほど! だから新潟はこんなにも人気があるのか!」と確信できるような決定的な事実を、少なくとも僕は知らなかった。


でもこの取材のおかげで、すこ~~~しだけ見えたような気がする。

3松屋はやりすぎ?

2カ月に1回、雑誌の校了はやってくる。


この時期は、会社に泊まって仕事をすることが増える。
そしてそれに比例して増えるのが、俺の松屋利用率。


「メシぐらい社外で食べてリフレッシュしたい、コンビニは避けたい」&「時間をかけずにすむ」&「安い」&「近い」&「最近味が上がってるような気がする」、という理由で歩く足は自然と松屋に向いてしまう。


それに紅しょうが。あれ食べると、疲れがちょっと取れる。


昨日なんて、
昼ごはんに、松屋の牛めし。
夕ごはんに、松屋のカレーライス。
夜食に、松屋の豚めし。


1日3松屋!


そして次の日起きたら、また松屋の牛めし……以下無限ループ∞∞∞……なわけがない。


さすがに今日は店を変えますよ。さすがにね。
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。