スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレー選択権の侵害

題材はサッカーだけど、日本の教育システムにも関係が深いんじゃないかと思う今日のコラム。


仕事上、海外サッカーとJリーグのどちらかに偏ることなく、両方を見る機会が多いのだが……


海外サッカーのあとに日本のサッカーを見ると、テクニックの幅の狭さがひどく気になる。


たとえばキックの種類だ。


J2湘南ベルマーレDF、鈴木伸貴に聞いた話を例にしてみる。
※鈴木は高校卒業後にドイツへ渡り、ドイツの2部・3部リーグでプロ選手として活躍したのち、今季は逆輸入Jリーガーとして湘南ベルマーレに加入した。
ちなみに2部・3部のチームと日本代表や浦和レッズが何度も対戦しているが、結果はドイツ側が優勢らしい。下部リーグとはいえ、レベルは決して低くない。


「日本ではFWに対してクサビのパスを入れるとき、インサイドでグラウンダーのパスを出すか、インフロントで浮き球のフワッとしたパスを出すか、ほぼこの2種類しかない」


「しかし、ドイツではインステップを使って低くて速いグラウンダーのクサビをよく使う」


クサビのパスが速く入れば、DFはインターセプトが難しくなるし、そのパスを受けたFWもプレー時間に余裕ができる。鈴木はこのパスを得意とし、湘南の左サイドから速いクサビを入れてビルドアップに大きな貢献をしている。


もちろん、よ~~く見ないと気付かないマニアックなところではあるけど。


日本ではグラウンダーパス=インサイドキック、浮き球パス=インフロントキック、シュート=インステップキックといった具合に、ガチガチの認識がされているように感じる。


速いパスが必要なときはインステップを使ってもいいし、早いタイミングでクロスを上げたいならアウトサイドで蹴っても全く構わない。
事実、海外ではそういうプレーは多いのだが、日本では「邪道だからやめなさい」と指導されてきた人は多いんじゃないだろうか。


そういった指導は、確実に日本人選手から思考力を奪っているに違いない。最近は少なくなっているかもしれないけど。


……といいつつ先日、サッカー素人の相方と多摩川でボールを蹴っているときに、


「パスは、インサイドを使ってこうやって蹴るんだよ」
「これはインステップキックっていって、シュートするときに使うんだよ」


と教えてる自分がいた。


でも、こう言うべきだった。


「正確なボールを蹴りやすいインサイドキックは、こうやって蹴るんだよ。強いボールを蹴りやすいインステップキックは、こうやって蹴るんだよ」と。


教えたことをパスに使うかドリブルに使うかシュートに使うか、それは本人が考えて決めればいいこと。


知らない間に、相方のプレー選択権の自由を侵害しているオレがいた。


…反省。


どうしても教えたがり人間は、余計なことまで教えてしまう。そこを考えるのがサッカーの面白さでもあるのに。


「創造性のあるプレーが必要だ」なんて言うのは簡単だけど、
意外とみんな、侵害してるほうに回ってるんじゃないかなぁと思った。
スポンサーサイト

日本語はむずかしーぞー

先週末のJリーグ、FC東京vs横浜FCを観戦するために、味の素スタジアムへ向かっているときのこと。


電車の中で、向かい側に座っていたオッチャンが、


『新生東京Vをプロデュース』


という見出しがつけられた新聞を読んでいました。


東京Vといえば、今季J1昇格を賭けてものすごいメンバーを獲得したものの、組織的なサッカーができずに最近は3連敗してしまっている痛々しいクラブ。


「ほぅほぅ…。あの東京Vをプロデュースするとな? おもろそうやんけ!」


と思い、対面から新聞をのぞき込む俺。
どんな対策が書いてあるのかとワクワクドキドキ。


記事にはもう一つ、小見出しがつけてありました。


『芝の丈長く、スピードよりも馬力』


なんと! そうきたか!


確かに今の東京Vは、パスが全然回らなくてスピード感がない。
だったらいっそ、ピッチの芝を長くしてボールが走らないようにすれば……相手もパスが回しづらくなるわけだ。


そしてガチガチの体のぶつかり合いになれば、フッキやディエゴみたいなデカ物の馬力が生かせると!!!


そういうわけか……なかなか腹黒いアイディアを思いつきやがる。


でも待てよ? 勝手に芝を長くしたら、同じ味の素スタジアムを使うFC東京が怒ったりしねーのかな? はてさて? サポーターが黙っちゃいないだろう。


と、なんとも馬鹿なことを考えてたんですが。




気付いちゃいました。


タイトルの横に、馬の写真が添えられているのを。


つまり……、


『東京』…サッカークラブの名前ではなく、競馬場のこと。
『V』…ヴェルディのVではなく、ヴィクトリーのV。
『芝』…ピッチじゃなくてコースのこと。
『馬力』…文字通り馬が走るんです。


…もう分かりましたよね?


これ、競馬の記事でした~(笑)

ストライカーに新名物がっ! しかも2つ!?

ストライカーDXのWEBにて、
『ストライカー名物 対談マッチレポート』というものが始まっています。編集部内でも1,2を争う暴れん坊将軍、北健一郎さんの発案です。


新聞・雑誌・WEB媒体をはじめ、
『マッチレポート』と名の付くものは世の中にあふれているけど、
座談風にレポートをお届けする『対談レポート』というものは見たことがない。


とりあえずテスト的な意味合いもこめ、
俺と北さんで『J2 湘南vs東京V』の試合を対談レポートしてみました。


まだまだ未知数ではあるけれど、
読むだけで肩が凝るようなコラムと違い、割とすんなり読めるんじゃないでしょうか。


第一回ということで、少し内容が堅くなってしまった感はありますが、これからますます面白くなると思います。お楽しみにどうぞ!


さらに今、同じくストライカーWEBサイトで俺がすすめている企画があります。こちらは5月の連休明けぐらいにスタートできればと思っているので、乞うご期待です!


http://www.soccerstriker.net/

説得する必要はない

俺は、「人付き合いを良くする」ということがどちらかといえば苦手。


いや、得意とか苦手とかじゃなくて、そういう行為にいまいちピンと来ない。


「~~と仲良くしといたほうがいいよ」
という感じのアドバイスを受けることもあるけど、


ん~まぁそうなんだろうなぁ、ぐらいの生返事的な納得しかできない。そういう行為がひどく面倒臭い。


自然と人当たりが良くて誰からも好かれるタイプの人を、昔はうらやましいなぁと思ったけど、最近はだいぶ開き直ってきている。


俺は俺だ、と。




さて、話はちょっとズレているかもしれないけど、
先週だったかMr.Childrenの桜井さんがテレビで対談をしているのを聞いた。


「僕は作詞や作曲をしていいモノを作り上げたとき、それの良さをメンバーに説得しようとは思わないんです。本当にいいモノは説得する必要がない。メンバーが自然に認めてくれたものが本当にいいモノ」


メンバーを信頼しているからこそ、出てくるこの言葉。


どちらかといえば、俺はこの桜井さんの言葉の方が共感を覚える。


本当にいいモノは説得する必要がない。


カッコいいじゃねぇか、桜井和寿。

再会~オシム記者会見より~

ドイツW杯がはじまる少し前のこと……


レバークーゼンで、日本代表とドイツ代表の親善試合がありました。
高原が2ゴールを奪ってドイツ代表をチンチンに苦しめ、


「もしかして日本代表、いけるんじゃねーか???」
という淡い期待と、
「もしかしてドイツ代表、開催国がグループリーグで負けることになるのか??? W杯史上初だぞ」
というドキドキを生んでくれた試合です。覚えてますか?


あの試合中、俺はDFB(ドイツサッカー協会)に取材パスを申請して記者席に座っていました。


すると試合直前に、日本からやってきたTV関係者がズラズラとやってきて、俺の周りの席に数人が座りました。


その中には前園・北沢といった懐かしい顔がたくさんあり、ピッチには"現"日本代表がズラリ、記者席には"元"日本代表がズラリという状況が出来てました。


その"元"の中にアイツがいたのです。。。


某局アナウンサーの、R。
推定ハーフ。顔濃い。うるぐすとかに出てるヒトですね。


TV出演中の姿そのままに、観戦中も的外れなことばっかり言っているので、北沢さんたちもリアクションを面倒くさがっている様子でした(笑)


さて、事件が起きたのは試合終了後。


選手のコメント取りに行くために席を立とうとすると、俺のズボンにジュースがかかって濡れているのに気付きました。そんなに大量じゃないけど。


「おや?」と思って下を見ると、足元にジュースの缶が一つ転がっているのを発見。


その缶を拾おうとしてかがみこむと、さきほどの某局アナが席を立ち去りながら、俺にこう言ってきました。


「あ、それ。さっき上から転がってきたみたい」


……。


そのとき俺は気付いちゃいました。


このジュース缶……、さっきアンタがハーフタイム中に持ってきて飲んでたヤツですから!!!!!


……おめーがこぼしたんじゃねーか!


妙な言い逃れして他人に罪を押し付けて、、、どんな性格してんだ。


TV報道に関わる人間が「スミマセン」も言えない。
それどころか、狡猾な言い逃れをサッと思いつく。


まだ知らんぷりして行った方がマシだったよ……。


事実を曲げようとするTVの捏造体質って、こういうところにも現れてる感じ。


そのとき俺はあまりにも驚いて、というか呆気に取られて、
その場に立ち尽くしちゃいましたよ。


よくそんな汚いこと思いついて、口に出来るもんだ。


ホント、人してどうなのかと。





ま、別にだからどうということはないんだけど。


ただ単に、コイツが俺の嫌いなアナウンサーランキングで、ジャストミートを抜いて断トツのトップに躍り出たというだけの話(笑)




そしてなぜ今になってこんな話を暴露したかというと……


先週末、オシムも同席したキリンカップの記者会見で、


"ヤツ"が司会をしていたのです。


もし俺が質問で手を挙げたら、ヤツは俺に気付くかなぁ、、、まぁ忘れてるだろうなぁ、、、と考えてる間に会見は終わりました(笑) スポンサー同席の会見はサッと終わるのが主流のようで。


アナウンサーなんて普段はあんなに笑顔振りまいてるのに、
裏では…あぁ恐い恐い。

大うつけか、天下人か。

今日は味の素スタジアムに、東京ヴェルディ1969vs京都サンガF.C.の試合を見に行ってきました。


結果は、1-3で京都の勝ち。
京都のサッカーは、コンパクトで人もボールもよく動くので、見ていてとても楽しかった。ラッキーゴールもあったけど、組織的には圧倒していたと思う。


反対に東京Vは、サイドチェンジもロクに出来ず狭いスペースを何も考えず攻めるという感じのサッカー。


そのサッカーを、ものすごーーくシンプルに表現すると、


「やたら個人能力の高い、草サッカー」


そんなイメージが適当だった。
(詳しいマッチレポートは、ストライカーDXの方で書きます)


今日の味スタは声が出なくなるほど寒かったし、2800人という観客の入りも寒かったけど、今日のヴェルディに比べればまだマシ。連携のかけらもない、出たとこ勝負の攻撃ばかり。


もうJ2も第8節になるというのに、なんなんだこのチームは。
ということでラモス監督の記者会見に行ってきました。


前節の福岡戦に続いての連敗。
さらにゲーム内容も完敗、チームは全く機能せず。


さぞや仏頂面で出てきて、1・2個の質問に答えてサッと引き揚げると思いきや……。


意外にも笑っている。


「理想の選手がそろったし、自分のやり方でいきたかったんだけどね。あいつら、ちょっとヒントをあげれば、勝手に考えてやってくれると思ってた。俺が甘かった。選手が全然戦ってない。俺の責任。練習で出来ていることを試合で出来ないのは、自分に負けているということ。それが一番悔しい。やり方を変えていかないといけない」


「勝手に考えてやってくれると思ってた」
まるで今まで全く監督をしてなかったかのような発言だ。


「変える」ということは、これからは組織的なプレーが出来るように、監督としての手腕を振るうということだろうか。


選手が自分たちで考えて試合を作る、これがラモスの理想だったようだが現実は厳しいようだ。




ただ、ざっくばらんな言い方をしながらも、発言の節々に自分のチームの選手たちへの愛情を感じさせる。


「今日は5人しか戦ってなかったよ。相手は11人戦っているのに、こっちが5人じゃ勝てるわけないよ。服部や土屋は本当にがんばってくれてる。今これだけやれてるのも、アイツらのおかげ。」


「フッキが研究されてるって? だから俺はいつもアイツに言ってたんだよ。お前このままじゃ研究されるぞ、ワンタッチでプレーするのを覚えなきゃいけないぞって。でも出来てないんだよね。若いし自信もあるからボールを持っちゃう。今度、練習ではアイツだけ2タッチ制限にしてみたらいいかもしれない」 


そして、


「いつまでも落ち込んでてもしょうがないからね! 前向きにいこうヨ!」


と、ラテン系のノリで陽気に語ってくれた。さらには…、


「ホラホラ、○○さん、今日は静かじゃない?質問ないの? そこのお嬢さんも。なんか聞いてよ」


などと記者側が押される始末。
負けたチームの会見の方が、終始明るくなごやかだった。


ただ、全体的に脳天気にしゃべっている感じではあるんだけど、「暗くなっていてもしょうがないさ」とムリに明るく振舞っているようなイメージもあった。


事実、記者会見に現れた柱谷幸一氏には「そうなんだよ、監督大変なんだよ」とこぼす場面もあったし。




世間ではオシムオシムと、オシム会見ばかりがクローズアップされるけど、


なかなかどうして。ラモス会見も面白いじゃないか。
発言がストレートで俺は好きだ。オシムは語ってることはすごいんだけど、いちいち回りくどくてめんどくさい。


オシムかラモスか。
今なら圧倒的に後者だ。


しかし…いくら会見が面白くても、このまま笑って負けていったら『大うつけ監督』で終わってしまう。


ただ、一つラモスの大きな欠点を挙げるとすれば、「優しすぎること」なのかもしれない。選手に愛情がありすぎる。監督と選手は、もう少し距離を置いてもいいかもしれない。


鳴かぬなら殺してしまえ、ほととぎす。


天下(J1制覇)をめざすなら、それぐらいの覚悟が必要だ。


名古屋のフェルフォーセンが、元日本代表の玉田圭司をスタメンから外したように。

東京人類排斥運動

今日の俺は、東京への不満をブチかまします。岐阜人として。


おとといの金曜日、池尻大橋駅のトイレの小便器にゲ○をしたばか者がいたようで、掃除のおっちゃんが詰まったモノを必死に取り除いていました。


「大変だねぇ」と声をかけたら、こんなこと毎週のようにあると言ってました。


金曜・土曜を越えると、東京の街はゲ○だらけ。
不愉快極まりない。電車の中にもしょっちゅう見かける。


そろそろ、『適正じゃない場所にゲ○をした者には罰金を課す』
という法律が作られても良いかと思います。


さらに金・土の悲劇はゲ○だけじゃありません。


先々週、仕事を終えて終電で帰ると・・・
近所の電柱をひたすら蹴りまくっているオッサンを発見。


人とすれ違うときに肩がぶつかると、
飛んでくるのは「すみません」じゃなくて「チッ」。


電車で、おばあちゃんが必死に立っているのを見ても、
シートに座っている兄ちゃんは知らんぷり。




・・・なんで東京はこんなんなんだろう? と考えた俺。
たどり着いたのは「東京に人が多すぎるからだ!」というわけ。


パーソナルスペースが狭くなることによって心の余裕がなくなる。
そうすると上に書いたような馬鹿が生まれやすくなる。


それだけじゃない。
中央に人が増えすぎれば、環境は悪くなるし、犯罪は増えるし、地方が劣化する。


とくに環境問題は深刻ですよ。
4/1には30度超えの真夏日とか言われ、その数日後には雪が降った。


これだけの異常気象を見せつけられても、
まだ花見だ花見だと、浮かれるだけの人がほとんどだもんね。


あるオランダの学者によると、
このまま環境破壊が進めば、地球はあと『15年』しかもたないらしい。


環境問題で一番やっかいなのが、「実感できないこと」だと思うんですよ。


教育問題だったら、自殺があってショッキングな報道がされたりするでしょ。当然、なんとかしなきゃ! って気運が高まる。
経済だって、日本の借金がこんなにあるんだぞ!って言われれば危機感が強まる。


でもね、環境問題って違うんですよね。
問題の深刻さに、誰も実感を見出してない。


自殺や殺人事件と同じくらいのショックを環境問題から感じたときには、もはや地球は手遅れになっていると思う。


話はそれたけど、そういう環境問題を起こしている諸悪の根源が、東京集中にもあるわけです。


日本は、1億人のうちの1000万~1500万が東京にいるという事態。
日本人の10%以上が東京に住んでいる。


ちなみに俺が去年住んでいたドイツの総人口は8000万人で、
一番人口の多い首都ベルリンは300万人です。


ドイツは中央と地方のバランスが非常に良い。だからあの国の環境は本当に美しかった。都会にもちゃんと緑があるし。トータル的に余裕があるんです。ドイツW杯に訪れた人は知っているはず。




そしてまた俺が気に入らないのが、そういう東京の悪いところを逆に伸ばして利益を得ている存在があること。


それは、人材ビジネス。


人ばかりが増えて余裕をなくしていく今の東京で、人材ビジネスはうまみを吸い続けている。


人が増える→物が売れる→物を売るために人を増やす→人が増えたので、ますます物が売れる→人を増やす


悪循環。
何も産み出さないのに人だけが増えてるでしょ。


ある人から、こんな話を聞きました。
「人材会社Aからのハケンで、人材会社Bの経理に行っている」


あほらしい。


経済の数字は上がるかもしれないけど、中身のない金が東京の中でグルグル回ってるだけ。
いや、むしろ無意味に人が増えて環境悪を作り出している。


別にサービス業全体を否定するわけじゃないけど、
サービスするために人が増え、サービスしている人をまたサービスするために人が増え、さらにその人をサービスするために人が増える………


その結果、ダメージをくらうのは東京の環境。
オイオイいい加減にしろよ、と。




そこで、東京人類排斥運動なわけですよ。


極端な話、東京・埼玉・千葉・神奈川あたりで、
住民税を突然10倍とかに値上げされて、
「それでも自分は東京圏に住む必要がある!」 という人以外は地方へ散らばらなきゃいけないと思う。


とりあえず東京、という考えはそろそろ捨てなきゃ。
地方の良いモノを守る、そういう風潮にシフトしたいね。


人間は植物と違って、動く自由がある。
人間は動物と違って、考えて動くことができる。


でもその2つを放棄したら、人間はただモノを破壊するだけの存在になってしまう。


人間は木や花などの植物を見たとき、尊敬の念を込めた羨望のまなざしを送ることがあるらしい。


すごく自然な感情だと思う。


だって植物は、そこに生きているだけで何かの役に立つことができるもの。


だけど人間は違う。
考えて動かなきゃ、自分の存在自体が害になりかねない。


あ~長くなった。
都知事選、出れば良かったかな(笑)
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。