スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターシステム

フィギュアスケート中継の視聴率は、30%台後半だったらしいですね。
安藤美姫が金メダルを取った瞬間は、50%超えたとか。


そして、オシムジャパンのペルー戦はといえば・・・
同一時間帯のボクシング、亀田戦にKO負け。


しかし、このフィギュア人気なんですけど。
明らかに「スターシステム」が作り上げたものですよね。


視聴率が50%を超えたって、
トリプルアクセルとトリプルトゥーループの違いを説明できる人は10%に満たないでしょう。


浅田真央ちゃんが、女子史上初のトリプルアクセル2回に成功!
「お~!すげ~~!」とか言ってみても、
結局すげ~と思ったのは「女子史上初」という肩書きの部分だけ。


本当にどれだけすごいことなのか理解できる人は、恐らく5%にも満たない。


「フィギュアスケート面白い」なんて感想を持ってみても、
本当にこのスポーツの面白さを知る視聴者は、3%にも満たないでしょう。


なにが言いたいのかというと、


スターを作り上げるような、安易なスポーツ報道しかできないメディア、スポーツの本当の面白さを伝えられないマスコミに対して、
「マスゴミ」なんて言われ方もしますが、


な~んだ結局、見る側と伝える側、
需要と供給のバランスは取れてるんじゃねぇかと。


日本人が求めているのは「スターシステム」だったわけです。


不本意ながら、証明されているんです。




そういう観点でいえば、サッカーは完全に冬の時代になっている。
最近はスター不足ですから。


僕もメディア側なんで、この状況は圧倒的逆風なわけですが、
逆をいえば色んなことにチャレンジするチャンスでもある。


2002年や2006年のW杯を経て、
サッカーがいかに大きな熱狂を生み出すものか、それは十分に伝わったと思う。


これからはサッカーというスポーツが持つ素晴らしさ、本当の面白さを伝える時期だ。


「本当の面白さってなに?」


って聞かれたら、それは勝つことだったり、シュートを打つことだったり、味方と息の合ったパスが出来ることだったり、だましあいの駆け引きだったり、戦術の面白さだったり、そして足技だったり……。


俺の場合は…なんだろう。
ライターにあるまじきことかもしれないけど、まったく説明できない。


上に書いたことも全部そう思うし、サッカーを通じて出来た仲間は俺の人生の宝物だと思う…う~ん、やっぱはっきりしないね。


つまりは、面白さなんて人それぞれなんだけど、
みんなが十人十色の楽しさを見つけるために、メディアという手段を使って手助けをするのが俺のやりたいこと。


俺がサッカー雑誌を作る仕事をしてるもんだから、ウチの相方はこう言ってくれた。
「私もサッカーの勉強しなきゃ」って。


気持ちはすごく嬉しかったけど、サッカーを「勉強」する必要なんてないんだよ。


サッカーを、固く苦しく考える必要なんてない。


「オフサイドも知らないの?」
俺はそんな嫌味を言うヤツをサッカー好きとは認めない。


だって友達とワイワイできるのも、サッカーの面白さの一つだもの。
そんな心狭いヤツはサッカー好きの資格なし。


俺は、サッカーを単純に楽しめるメディアを作りたい。
スポンサーサイト

灯台元にバッジがありました

突然ですが、このバッジを知っていますか?
3466_I3_h0301-1e.jpg



お腹に赤ちゃんがいる人に対して、
「電車で席をゆずる」
「タバコを吸うのを控える」
といった気づかいを促すバッジらしいんです。


ということを、先日ウチの相方から教えてもらいました。


海賊ひでが無知なのか、それとも俺がドイツに行ってる間に出来たのか分かりませんが、どうも知ってなきゃいかん物のようです。


妊娠してる人って本当に辛そうだもんね。
俺は男だからその辛さが分からないけど、せめて気づかいぐらいはしてやりたい。


そういう思いで、先日一人で電車に乗り、


早速キョロキョロ探しましたよ。バッジを。


なんといってもアンテナの低さと視野のせまさにかけては、
ワタクシ超一流ですから。


意識して探さないと絶対に気付きません。


「うむ。どうやらこの車両には妊娠してる人はいないようだ。」


と確認したのち、ボケッと座っていたら、


隣りに座っている人の話し声が聞こえてきた。


「○○ちゃん、そんなに乗っかってきたら赤ちゃん出ちゃうよ」


えっ? 


と思って隣の人を見ると、


……バッジ発見。しかもお腹も超でかい。
いつ何が出てきてもおかしくない。


こんな近くにいたとは。本気で気付かなかった俺が恐い。


つまりは、ひとに優しくってことでした。


まぁ優先席だからとか、8人がけだからとか、
そういうの関係なしで。


欧米人は普通に席ゆずったりするんだよね。


お年寄りや体の不自由な人はもちろん、


子供を連れたお母さんが席を探しているとき、空きが1つずつしかなかったら2人いっしょに座れるように席をゆずってあげるとかね。


そりゃ子供はお母さんと一緒がいいもの。そんな気づかいがいいよね。


な~んてこと言うと、
「やっぱり日本の男はダメだ」


ってすぐに言われそうですが、俺はあまり好きな言葉じゃない。


外国の男について、いい所だけじゃなくイヤな所も含めてきちんと知っている人は、こういう言い方はしませんので。


気づかいって面においては、日本の男はダメダメかもしれないけどね。


まぁ人によります。個人です。個人次第です。そういう時代です。




つーわけで、明日はU-22日本代表vsシリア戦の取材だー。

キリンカップ 【日本代表vsペルー代表】

特に今回の試合について書くつもりはなかったんですが、
リクエストを受けたのでチョロッと書きます。


まずは総評から。


誰が見ても同じように思ったかもしれないが、日本代表は明らかに去年末のサウジアラビア戦の方がチームとしていい試合をしていた。


ただ、これは至極当たり前のこと。


高原と俊輔は合流したばかりで、チームメイトは知らない顔ばかりだった。連携が合うはずもない。逆を言えばそんな中でもいいコンビネーションを見せた俊輔&憲剛の中村コンビは、非常にプレーの相性が良かったのだろうと思う。


逆に気になったことを2つ。


1つめは、阿部と鈴木啓太によく見られた中盤の底での軽率なボールキープである。


具体的には、センターサークル付近で前を向いてボールを持ったとき、後ろからプレッシャーをかけてくる敵FWに対して、体を入れてブロックしようとしていた。


しかしあのセンターエリアでは、敵FWはかわされることを恐れずに深く足を伸ばしてくるものだ。当たりも激しい。まして海外の選手ならばなおさらである。


最前線の巻や高原のような選手が、体を入れてポストプレーをするのとは訳が違う。


なぜなら彼らに相対するDFは、前を向いてかわされるリスクを背負っているため、ガツンと深く当たることはできないのだ。


そのため、阿部や鈴木のポジションの選手がセンターサークル付近で体を入れてボールキープをするのは非常に危険なプレーだと言える。


ということで、海外の当たりに慣れている俊輔や高原には出来ていた、ファーストタッチできっちり相手のプレッシャーをかわすようなコントロール、そしてJリーグで通用しても世界には通用しないプレーの取捨選択を、これからの代表経験の中で培っていくべきだろう。


さて、気になったことの2つめ。


右サイドバック加地の創造性のないプレーだ。


左の駒野と比べると、ますます浮き彫りになってしまうから困ったもの。


相手の裏をかいたり、嫌がることを狙うようなプレーは全く見られなかった。


それはクロスを上げる場面でもっとも顕著になる。


加地は、それほど大きく枠を外すクロスは蹴らない。だいたいFWの近くにボールは集まっている。


が、そのクロスボールにまるで意志を感じない。


ただ人に目がけて蹴っているだけ。


加地のサイドから、敵DFとGKのギャップを駆け抜けるようなシビれるクロスはほとんど見られない。試合に出ていた22人中、もっとも意外性の薄かった選手だったように思う。


守備がきっちり出来るいい選手なんだけど、、、現代を生きるサイドアタッカーとは言いがたい。あまりにステレオタイプ。


センスがないと斬ってしまうのは簡単だけど、運動量のある走れる選手なので、オシムトレーニングで"考える"方も養ってくれれば。




いや~ザザザッと気付いたことを書いたので、我ながらひでぇ文章だ(笑)

ストライカーになったヒデ

中田英寿がどっかのクラブとフォワード契約した、というビッグな話ではございません。極めてスモールな話です。


海賊ひで、学研のストライカー編集部で働くことになりました。


そのキッカケを与えてくれたのは、、、名前出していいのか分からないので編集部の皆さんということにしときますw


雑誌編集の仕事は以前に携わったことがありますが、フリーライターとしてドイツ&日本で活動しながらも、いつかこの編集畑にも戻りたいと考えていました。


フリーライターと言えば何となく聞こえはいいけど、やっぱり末端仕事なんですよ。メディアという巨木があって、それに枝葉を付けるのがフリーライターの仕事です。キレイな枝葉を作ろうとするのは楽しいけど、巨木の意志から外れる枝葉を付けるわけにはいかない。


読んでいる人の心を本当に動かすことが出来るのは、枝葉よりもむしろ巨木の部分、自分はそう感じています。


そして僕が本当に心を動かしたいと思っている対象は、純粋にサッカーを楽しみたいと思っている人たち、もしくはサッカー自体を全く知らない人たちです。


サッカーは人を幸せにすることができ、そこで人として学ぶことも多い。僕自身もそんな経験をたくさん積みました。
(オシムいわく、サッカーは人生の大学とのこと)


さらにそれだけじゃなく、エイズ・戦争・病気などが原因で、生きることにすら苦しんでいる人たちに、サッカーという情熱が救いの手を差し伸べてくれることを僕はドイツW杯で知った。
詳しくはこちらで↓
http://kaizokuo.blog5.fc2.com/blog-category-15.html


今書かせていただいている速報サッカー24の五輪記事や、その他フリーライターの仕事も続けていくつもりですが、これから僕のメイン活動になるのはこのストライカー編集部での雑誌作り。分からないことだらけだけど、、、


とにかく、海賊ひではめっちゃめちゃ燃えている!!!!! 
ということを現場からお伝えさせていただきました。

五輪代表、書いてます

今更の告知ですが、、、


北京五輪をめざすU-22日本代表の全試合について、
ケータイサイト「速報!サッカー24」でコラムを書いています。
このブログと違ってちゃんと書いているので、よかったらどうぞ(笑


http://soccer24.jp/pc/


実は俺、ウィルコムなんでこのサイト見れないってのはナイショ。
自分で書いたコラム、読めません(痛)
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。