スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副業:サッカー

スペインのバレンシア在住で、現地の利を生かしてサッカーライター活動をしている小澤一郎さん。


海外のサッカージャーナリストというと、中村や高原のような日本人選手にくっつくだけの記者や、現地の言葉には通じているがサッカーそのものには通じていない人、あるいは海外メディアをフローするだけの翻訳家、そういったタイプの人間が多い。
(注:あくまで俺の所感・イメージです。)


が、この小澤さんは海外ライターの王道から外れた人のようで、なかなか見識するどい文章をスポーツナビなどの媒体に寄稿している。


今回は、その小澤さんのブログからネタを頂戴しまして。
http://valenciasoccerlife.blog6.fc2.com/blog-entry-763.html


自分が一貫している考えは、日本サッカーのためには日本でサッカーに関連するの仕事を増やす必要があるということ。まだまだパイが小さいし、狭き門であることは確か。
プロ選手はもしかすると飽和状態になっているのかもしれないが、指導者にしても本当に“サッカー監督(コーチ)”という仕事で生活していくのは厳しい現状だ。
以前、コラムでも紹介したように代理人の仕事ももっと紹介し、もっと多くの人が目指していい職業だと思う。




もっともだと思う。やり方を知らないだけで、埋もれてる所はあるんだろうね。が、しかし…


日本サッカーのためには ← サッカーに関連する仕事を増やす必要がある ← 仕事を増やすためには ← 経済的基盤の強いサッカー熱・マーケットがなきゃいけない ← それを作るには ← 日本サッカーが育たなきゃいけない


なんだか俺には堂々巡りな気がしてしょうがない。


確かにサッカーの仕事が多い国は、選手も強くて人気があるのかもしれない。
でもじゃあ具体的に何をすればいいのか、結局どこからスタートすればいいのかって考えると、とても算数のように一つの答えなんて出そうもない。
さまざまなことが少しずつ影響してその国のサッカーが形を作るわけで、サッカーに携われる仕事が多くなるのは一つの結果でしかないんじゃないかと思ったりする。


昨日、FC東京でボランティアをしているKさんと楽しい酒を飲んだ。


Kさんは今週の土曜日、FC東京の新規ボランティアメンバーの前で、数少ない女性ボランティアとして講演をすることになっているらしい。(日本語が苦手な人なのでとっても不安)


これも一つのアクション。
クラブ愛を持った彼女が新たな仲間に対して呼びかけを行う。そして、「FC東京」という家族が増えていく。


「仕事」っていうくくりだけじゃなくて、副業でも趣味でもどんな形でもいいから、誰でもサッカーやクラブ運営に直接携わることが出来たらいいと思う。


そして、そのことに誇りを持てるような日本サッカーだと楽しいよね。


ヨーロッパだと、街のクラブ運営におっちゃんおばちゃんが協力を惜しまない。選手にメシを食べさせてあげたり、祝勝会の準備をしてあげたり、安い費用でクラブの雑用を引き受けてくれたり。


そして試合が終われば、大笑いしながらビールを飲んでたらふく食らう。選手も近所のおっちゃんも関係ない。心の距離、ゼロだ。


「あのプレーはどうだっただの、審判がミスジャッジだっただの、相手の何番は最低だの・・・」


ひたすらビール片手に延々と語り合う。そんな休日の夕暮れ。
自分たちが直接携わっているクラブだからこそ、こんな他愛もない時間がこんなにも楽しい。


「自分が愛しているものに、直接携わっている誇り」


誰もがサッカーのみでメシを食えるはずがない。
そんなことを考える人間は、”変態”であるべきだ。
これがスタンダードになったらサッカー以前に日本がえらいことになる。


じゃあ、「副業」ならどうだろうか。


どうしても「仕事」となると、犠牲にしなきゃいけないものが大きくなるが、「副業」なら多少気は楽になれる。生活のため…と、好きなものに苦しめられる必要はない。守りに入る必要もない。


副業「Jクラブの運営補佐」
副業「サッカー雑誌のデータ収集」
副業「若手選手、もしくは下部リーグ選手代理人」


そんなカタチを目指してはどうだろう。
無論、平日の仕事に支障が出ない範囲である。
損得でやっていることじゃないので、労力とリターンを秤に掛けたりはしない。ということは今まで仕方なく見過ごしてきたことを、拾って取り組むことも出来る。


サッカーのために、その人の生活が圧迫されるのは馬鹿らしいと思う。
そんな人物はごく一部の馬鹿だけで良い。


人生を賭けなくても、軽い気持ちでサッカーに携われる。
そんな発想・裾野をもっと広めてもいいと思う。


損得で動くビジネスでは手の届かなかった世界に、新たな道が開ける可能性を感じるのは僕だけだろうか?
スポンサーサイト

そう考えると、Jリーグって健康だよね

最近、カルチョ(イタリアサッカー)はヤバい。


サポーターのスタジアム離れが進み、ついにイタリア杯の準決勝、「ACミランvsASローマ」では事件が起きた。まぁ事件といえば、マテラッティが2発目の頭突きをくらったのも事件だけど、そっちはギャグみたいなモンなので置いといて。


誰が見ても”好カード”の一戦。
ミランからは、インザーギ、カカ、セードルフ、ピルロなど。
ローマからは王子様トッティ。
”好カード”になり得る役者はそろっている。


ところが、9万人収容のサンシーロスタジアムに入った観客は、何とたったの7000人くらいだったらしい。


試合開始を、TV放映の都合に合わせて21時15分に設定。
こんな遅い時間の開始はあまり見たことが無い。
寒いし、終電がなくなるし、スタジアムに足を運ぶのに良いことは一つもない。


以下はイタリア人の本音。livedoorスポーツより


「チケットの値段を下げて、開始時間を以前のように戻す。カルチョを支えるのは心であり、財布ではない(エレナ・インテリスタさん)」
「サポーターをスタジアムから遠ざける作戦ならば、おめでとうと言いたい。作戦はもはや成功に終わった(ジャンルカさん)」
「子供達は試合を見に行きたがっていたが・・・、(夜遅い時間帯では帰りのこともあり)大都市でしかスタジアム観戦は無理(マウロさん)」
「カップ戦、リーグ戦ともにこの時間帯での試合開始はもうやめろ!!(ジャンニさん)」
「イングランドから学べ!!なぜプレミアは常にスタジアムが満員なんだ?まずはアホみたいな値段を下げろ!!(匿名希望)」
「イタリア杯で数少ない真剣勝負(26日夜のミラン対ローマ、21時15分開始)をなぜ中途半端な時間帯でやるんだ!!(匿名希望)」
「値段と時間帯をもっと考えろ!!サポーターは疲れるだけだ(匿名希望)」
「もはやサポーターへの配慮など何もない(ステファノさん)」


スタジアムに客が入らない。
  ↓↓↓
TV側の都合が通りやすくなる。
  ↓↓↓
さらにスタジアムに客が入らなくなる。


カルチョは負のスパイラルに入ってしまっている。


世界中のテレビ局から、莫大な放映権料が入ってくるのは事実。
だからといって現地のイタリア人までテレビ観戦するでは困ったもんだ。


放映権という”外需”はイタリアサッカーを潤したけど、それが逆にイタリア人という”内需”を溺れさせてしまった。強いドリンク剤を飲みすぎて体を壊したような感じ。


この前ある人が言っていたけど、
「Jリーグは内需だけで成り立ってるんだよね。もっと色んな国からたくさん選手を雇って、その国から放映権料を取ればいいのに」


たしかに、ベッカムたった一人の年棒であらゆるJクラブが運営出来てしまうようなJリーグだ。外国人が大量にチケットを買ってくれる欧州リーグと違って、Jリーグではほぼ日本人しかチケットを買わない。
規模の小ささは否めない。


しかしそれってある意味、とっても健康的なことなんじゃない?


言い方を変えれば、Jリーグは国内のみの収入でやりくり出来ている。外需的なハデさは無いけどすごく地盤がしっかりしてるってことだ。


内需リーグ? 結構じゃないの。


いいリーグだよね、Jリーグ。
なんかカルチョ事件を見てたら、しみじみそう思った。

あるあるなんて、どこにでもあるある

ついに長寿番組、「発掘!あるある大辞典」が打ち切りになった。


直接の原因は、ナットウヤラセ。


外人の大学教授が言ったことをねじまげて翻訳したり、納豆ダイエットを行った女性を別の写真にすり替えたり、テレビの世界は無法地帯。
そもそも"ナットウキナーゼ"なる酵素は、腸に吸収される前に分解されてしまうので、「番組でやっていたような効果はない」と主張する医師もいるらしい。


実は俺、この番組のディレクターをやっていた人の下で働いたことがあるんだけど、「あるある」はマジてきとーだって言ってた。インタビューする大学教授にも、あらかじめ「こういう風にしゃべってくれ」とお願いした上で収録していたぐらいだ。
(これ3年ぐらい前の話だから・・・あの番組は3年以上もウソを重ねてたってことか・・・)


だいたい、あの番組で「体に良い」って特集されたもの全部食ってたら、それが原因で太りそうやんけ。


不二家の件もそうだけど、「セカンドオピニオン」の重要性を知った方がいいね。(あ、これ相方の受け売りだw)
2つ以上のスーパーで買い物をする、2つ以上の病院に通う・・・などなど。鵜呑みにしちゃいけません。


愚鈍番組が放映する内容も、
古代会社が作る洋菓子も、
右折する馬鹿車が突っ込んでくるかもしれない青信号も、鵜呑みにしちゃいけません。
今日、横断歩道を思いっきり手を上げて歩いている子供を見たら、とっても切なくなった。


そして昨日の朝、仕事に行く前に「あるある」と同じくフジ系で放映中の「こたえてちょーだい!」をチラッと見ました。すると・・・


『取材者のプライバシー保護のため、
 一部内容を再構成してお送りしております。』


なんてテロップが出てました。


違うよね。


絶対違うよね。


『大げさに面白おかしくするヤラセ放映のため、
 一部内容を再構成してお送りしております。』


こうだよね・・・。たぶん。


今までこんなテロップ出してなかったのに、「あるある」の事件を受けての登場。対応がすばやい。
しかも"ヤラセ"を"プライバシー保護"にすり替えている。完璧だ。


心にやましいことでもあるんかね。ま、あくまで想像さ。

俺の名波、これが最後の1年か

名波「90%、これが最後の1年になると思う。」


・・・。


”俺の名波”なんてタイトルを付けたのには理由がある。


そもそも俺がサッカーを始めようを思ったのは、名波のプレーをTVで見てから。そのときは、ゾーンプレスだのボランチだのサッカーっぽいことは何一つ分からなかったけど、何となく名波のプレーを見てたら「サッカーしたいなぁ。」って思った。Jリーグが開幕したって少しも興味をそそられなかった俺なのに。
それがサッカー馬鹿、海賊ひでのプロローグだったわけ。


その名波にも、とうとう引退が迫ってきた。


「あ~オレも歳とったなぁ」って思う。
自分の歳を実感するのって、他人の分岐点を見たときが多いよね。たとえば同級生の友達が結婚したり、たとえば好きだったアイドルが結婚して子供を作ったり、
そして、自分がサッカーを始めるキッカケになった選手が引退を表明したり・・・。




今期の東京ヴェルディには大きな注目が集まっている。名波曰く、「こんなにマスコミが多い入団会見は初めて見た」とのこと。J2なのに。


移籍が決まった、名波、服部、土屋、ディエゴ、フッキ・・・。
さらにまだ大物外国人の獲得を狙っているらしい。これだけの戦力が集まれば、J1昇格レースの筆頭に挙げられるのも当然だろう。


萩原社長の「ラモス監督には、1試合1試合進退をかけるつもりで戦ってもらいたい。」という言葉には、充分な補強を成し遂げた自信がこめられている。


勝てば続投、負ければ解任。


そんな場当たり的な人事のやり方には、
「結果を急ぐな。じっくりとチームの成熟を待て。」という批判もあるかもしれないが、そういう気持ちで目の前の試合を戦うのは良いことだと思う。特にラモス監督は今年で2年目。準備期間はしっかりと与えられている。


ある取材の折、ヴェルディの関係者に聞いてみた。
「今年、ヴェルディいけるんじゃないですか?」
その人の答えはこうだった。
「でも、人が集まれば強いチームが出来るというわけじゃないからね。」


期待していた答えとは違ったけど、たしかにその通り。
人が集まれば試合に出られなくなる選手もいるし、実力のある選手がチームの和を乱すこともあるかもしれない。


ロベルト・バッジョは言った。
「今日を戦えない者に、明日とか未来を語る資格はない。」


試合数の多いJ2の長丁場を戦う上で、いかにして"今日"を戦っていくか。いかにして"今日を戦えるチーム"を作っていくか。


その中で、"俺の名波"がどんな役割を果たしていくんだろう。
今シーズン、最後の彼を、しっかりと目に焼き付けたい。

ざまーみろってんだ

54億通も迷惑メールを送っていた、「タクミ通信」なる出会い系業者が逮捕されたらしいですね。


ほんとにね。WEB上にメールアドレスを晒している以上、仕方ないかもしれないんだけど。。。多すぎですよ。馬鹿メール。ウッカリ普通のメールまで消しちゃいそうになるからコワイ。


しかも件名に、
「昨日はお世話になりました。」
とか微妙なリアリティを持たせるもんだから、一応クリックするじゃないですか。すると・・・


「さゆりです! 昨日は楽しかったです! また誘ってくださいね! 直アドは___。ココをクリック!」


もちろん、お世話した覚えはございません(笑)
さゆりなんて知らねーし、そもそもコイツが本当にさゆりである可能性すら疑わしい。
このメールを開いてしまった俺の10秒間を返せ馬鹿。


以前誰かに聞いたんだけど、こういう迷惑メールを送っている馬鹿企業は、パート社員をビルの1箇所に集めて一斉にバーーーッと送りまくらせているらしい。


病気だね。誰か早く救ってやってくれ。


んまぁそういうわけで、この逮捕はちょっとスーッとした。
遅いぐらいだけどね。ガンバレ警察。


そして話は変わるけど、
「東京タワー・オカンとボクと、時々オトン」


このシリーズ、ヤバイっす。


なんかね、感情移入しちゃうんだな。色々と。
女にゃ分からんかもしれんけど、男にとっちゃオカンってのはやっぱ特別なもんだから。
地元を離れて東京に出てきた俺としては、画面を直視できないほど突き刺さるシーンも多々あり。


福岡から上京したもこみちは壁にぶち当たり、大学に行くのをやめてしまいます。苦労して働いて大学に行かせてくれた母親の仕送りを、マージャン三昧の暮らしで浪費しちゃうんです。
東京に飲み込まれちゃったんですね・・・。


そんなシーンを、ジーンと感慨深く見ている俺の横で、
アメリカ人の友達は高笑い。
「HAHAHA! He is a stupid guy! HAHAHA!」


うぜぇ(笑)


…そりゃそうなんだけどね。説明しても分かってもらえない。
もともと人間は弱い生き物だと思うんだけどなぁ…アメリカ人は違うんだろうか。
でも自制心なくブクブクと太っている人の多さを見ると、そんなに強い人種とも思えない。強い弱いじゃなくて、感覚の違いだな。間違いない。


そういえば俺ももうすぐ上京して5年になるなぁ。
ふと、今まで住んでいたエリアを地図上に思い浮かべると、


目黒区→品川区→中央区→墨田区→市川市(千葉県)。


なんか、どんどん右サイドに追いやられている気が(笑)


そしてドイツ在住を経て、現在住んでいる場所は・・・横浜市(神奈川県)。
サイドチェンジしてみました(笑)


あ、そういえば今回もサッカーと関係なかった。

焼肉セックス占い

1日目:旭山動物園、札幌
2日目:ニセコ
3日目:ニセコ
4日目:小樽、札幌


今日は、北海道旅行に行ってきたとゆーお話。


すぅぷカレー、とってもうまかったね。
スパイシーで、大きくて香ばしい野菜がいっぱいのってて。冬に最高。たまらんね。隣りの席に、ドS(推定)とドM(推定)のゲイカップル(推定)いたけど。たまらんね。


教養のない俺はいまだに、札幌といえばラーメン!って思ってましたよ。
無知ばんざーい。


まーその分、出会いの感動が人より多いってことさ。
馬鹿ポジティブばんざーい。


4日間で3すぅぷカレー食っちゃったよ。
気に入ったらとことん味わいたいのでね。血筋がイノシシ系なのでね。


そうそう。表題の件なんですけどね、
スープカレー屋さんで、たまたま見たananに載ってたんですよ。
焼肉の種類で、夜の性タイプを診断するってヤツ。


その占いによると、俺は『ユッケ』。
診断内容は…、
「肉を生で食べるというタブーにも抵抗感のないあなた。Hに関してはまさに天才、生まれながらの種付け馬。」
今年のライバルは、ディープインパクトかな~(爆)


さらにその占いによると、俺の相方は「ハラミ」。
診断内容は…、
「ロースの良さもカルビの良さも知り尽くしたあなた。並のHをつまらないと感じ、Sに目覚める才能あり。」
こえーこえー。痛いのはイヤです。


ちなみに、ユッケとハラミは相性がベストだそうで~(照)


2007年も楽しそうだな、こりゃ。


あ、今回もサッカーとは関係ありませんでした。念のため

最北端なのに「南地方」

これは俺が年末に、マルコというイタリア人から聞いたお話。


イタリアの北部、オーストリアとの国境近くに「タランティーノ」とか「タリラリラン」とかいう小さな町がある。マルコの生まれ故郷だそうだ。


ところがこの町の名前、イタリア語で『南地方』という意味だと言うからビックリ。イタリア最北端の町なのに、だよ?


なぜだと思いますか?


・・・答え。


この町は昔、イタリアではなくオーストリアの領土だったのだ。
「オーストリアの南地方」だから、『南地方』って意味の町名が付けられたってわけさ。
世界大戦が終わった後にイタリアの領土として組み入れられたけど、今でも文化や言語はオーストリア風味を残しているらしい。


だから日本人のイメージにある、「陽気なイタリア人」なんてのは、この町ではむしろ珍しいタイプの生き物。おとなしい文学肌の人間が多く、マルコもそんなタイプ。


マルコいわく、
「今のヨーロッパは、国だの民族だのって概念はもう意味がなくなり、時代はどんどん格差の広がった個人主義へと移っている。」


イタリアがどうとか、フランスがどうとか、ドイツはどいつだとか、そんな論議はもう意味がなくなってきている。つまりはそういうことだ。


比較的血統を保っている日本人には、なんとも面白い話ですよね。


あ、今回はサッカーとは全く関係ありませんでした。念のため。

海賊ひでの年末年始について。

どーも。生誕27周年の海賊ひでです。
あけましておめでとうございます。


2007年へのカウントダウンは・・・。


相方の寝顔を見ながら、静か~に迎えました(笑)


31日だと言うのに原稿書かなきゃいけなくて。
「さぁ、終わったぞ!!!」
と同時に膝枕ダイブしようと思ったら、とっくの昔にマグロちゃんになってました。


どーりで静かだと思ったよ(泣)


ところで細木数子大先生によれば、天王星人(-)である俺の今年の運勢は・・・。


最高運気!!!!
転職や結婚など、何かを始めるのに最適!


キタね、これ。


1年間言い続けようっと。


#ストライカーWEBに俺の高校サッカーマッチレポートが出てるので、良かったらご覧あそばせ。
http://www.soccerstriker.net/html/sensyuken85th_01.html
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。