スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本vsサウジアラビア 【アジアカップ予選】

とりあえず…


ケミストリーが国歌歌うの、やめに出来ないんでしょうか?


「国歌斉唱はケミストリーです!」
「キャー!キャー!キャー!」


………やれやれ、試合前に何やってんだか。
親善試合ならまだしも、タイトルのかかった公式戦でこーいうのは辞めて欲しい。そもそもスタジアムで「キャー!」なんて雑音が聞こえてくるのなんて、日本ぐらいじゃないだろうか? 


この環境で闘争心を燃やせなんて言う方が無理だ。こんなこと、恥ずかしくて外国の友達には言えないわ。日本のハジです。札幌のハジです。馬鹿馬鹿しいっす。ほんとに。


さて、気をとりなおして…
実は今日、初めてオシムジャパンの試合を観戦した。


試合前の興ざめはともかく、なかなか面白いじゃないっすか。


3-5-2で、ボランチを鈴木啓太1枚しか置かない。
両サイドの加地、駒野は驚くほど高いポジションを保つ。
その分、攻撃的MFにはバランサータイプを置くかと思えば、サントスと中村憲剛という攻撃タイプ。


中盤の底には鈴木1人では埋められないスペースが出来てしまうわけだが、そこを誰が埋めるか。それがなんと、一人ディフェンスで余っているトゥーリオだった。


もちろん相手の攻撃を遅らせているケースでは、加地・駒野・中村・サントスが下がるのだが、この4人は基本的に高いポジションを保っている。そのため、ボールのとられ方が悪かったときなど、本当にカバーが必要な危険なシーンではトゥーリオが上がって埋めるシーンが目立った。


空いたスペースは下がって埋めるのではなく、上がって埋める。


このオシムの攻撃的な采配、アジアでは有効だなぁと思った。


もっとも欧米相手にこんな布陣では、後ろからのロングボールでアッサリ基点を作られてズタズタになりそうだが、阿部や今野が1vs1で勝てるアジアレベルでは効果が高そうだ。


ところで我那覇、相当イイっすね
ポストプレーも的確、ゴールも見事。惜しいシュートもあった。


中村憲剛、こんなモンじゃないっしょ
相手にドリブルで目の前を走られてるのに、諦めて歩くような選手じゃなかったような…。俺が2005年に見た中村憲剛なら、迷わずスライディングしてた。熱い憲剛が見たい。


トゥーリオ、ピリッと効いてるねぇ。
オーバーラップは非常に効果的だった。中盤に上がってボールを出し、攻撃のアクセントになっていた。
サウジアラビアからしたら、今日の日本で一番イヤだったのはトゥーリオの存在だったと思う。そういう意味では文句なく、MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)。
最後のPK失敗、3-1で勝っているロスタイムに最前線まで上がるのはいただけないが…。


他の選手もすばらしいパフォーマンスを見せたと思う。
ただ、ボールを持っている自分の方が余裕あるのに、よりスペースの狭い味方に焦ってパスするクセが相変わらず気になるけど。。。


とりあえず、見ていて面白いサッカーだった。
サウジアラビアも歯ごたえある相手だったし、全く眠くならなかった。


なのになぜか、代表人気が後退しつつあるという話を耳にする。
やっぱりスター選手がいないと日本では人気出ないのか。
オシムのキャラクターには人気出たのに、みんなオシムの仕事内容には無関心。意味不明。


オシムは芸能人じゃなくて、サッカーの監督っしょ。
スポンサーサイト

貴重な勝負、バルセロナと練習試合するよりも

アジアユース選手権
決勝トーナメント
U-19日本代表 vs U-19サウジアラビア代表
2-1


日本は前半にFW河原のゴールで先制したあと、リスクを考慮してやや消極的になり、ジリ貧の展開でPKを献上してしまった。これをサウジに決められて1-1の同点。
延長戦かと思われた後半41分、MF柏木のシュートがこぼれたところを途中出場のFW青木が左足で決めて競り勝った。


日本は、来年カナダで行われる「U-20FIFAワールドカップ2007」の切符を手にした。
若きサッカー選手たちは喜びを爆発させ、感極まって号泣する選手もいた。


試合の入り方は最高だった。全員が良く動いてパスがつながり、判断も早い。
右サイドバック内田の素晴らしいオーバーラップからの早くて低いクロス。マンマークに付かれたMF柏木は、サイドに流れてボールを受ける回数が増え、マンマークにも巧く対応していたと思う。さらに前線の河原はキレのいい動きで、チャンスメーク・得点とチームを引っ張る活躍を見せた。
課題を言えば、イラン戦同様に先取点を取ったあとの戦い方だ。
せっかくボールを奪っても、余裕なく前に蹴りだすシーンが目立ち、DFラインが全く上がれないので押し込まれる展開が続いてしまった。PKは不運だったが、サウジのシュートが3本クロスバーを叩いたことを考えれば、逆に幸運は日本に向いていたのだろう。


ゲームコントロールの巧みさには欠けるものの、このチームには将来性を感じさせる選手が非常に多かった。今回はベンチ要因に甘んじたが、中京高の伊藤翔も同様だ。


以下は各選手のコメントで、僕の印象に残ったもの。


青木(ジェフ千葉)
「入った瞬間、みんなとまだサッカーができると思ってベンチに走った。」


福元(大分トリニータ)
「この試合は、立ち上がりからいい入り方をした。点を取ってから消極的になり、リスクを意識し過ぎてしまった。」


内田(鹿島アントラーズ)
「失点した後に弱さが出るのがこのチームの課題だったので、直そうと思って意識してやってきた。続けて失点しなかったのは成長した部分。」


柏木(サンフレッチェ広島)
「マンマークで来られて、嫌でしたね。ずっと付いてきたからやりにくかった。前の試合を見て自分が危ない選手だと思って付けてきたんだと思う。そういう意味ではやりがいがある。」


河原(アルビレックス新潟)
「勝った時、久しぶりに泣いちゃいました(笑)。厳しい時間が長く続いた試合だったと思う。だけど、不運なPKを除いて負けてはいなかった。ディフェンス陣の粘りに感謝している」




選手たちの言葉はすべて、彼らがこの大会で大きく成長していることを表している。


梅崎(大分トリニータ)
「こういう大会じゃないと、こんなにしびれる試合は経験できない。勝って成長していきたい」


このサウジアラビアとのWユース出場権をかけた戦い。
この真剣勝負の1試合は、彼らのサッカー人生の中でも大きな1ページになったのではないだろうか。


たとえ世界有数のビッグクラブ、バルセロナ・チェルシー・レアルマドリードと練習試合をしても、これほどの成長は出来るものではない。


結果のみを求める公式戦だからこそ、得られるものがある。

日本vsイラン 【U-19アジアユース選手権】

イランは個々のテクニックとフィジカルに優れるいいチームだった。


そんなイランに日本は1-2で負けた。
イランの選手たちは「これで決勝トーナメントにいける!」と喜びを爆発させた。


しかし、引き分けで終わるかに思えた北朝鮮vsタジキスタンで、北朝鮮がまさかの後半ロスタイムの決勝ゴール。
その結果、3チームが勝ち点で並び、得失点差でイランのグループリーグ敗退が決定してしまった。


イランの選手たちの落胆ぶりは想像するに難くない。
せっかく試合に勝ったのに泣かなくてはならない。
イランは勝つだけではなく、さらに得点を取っておく必要があったのだ。
「決勝には行けないけど、日本に勝ったんだからよくやったじゃないか」
そんな場違いな慰めをする馬鹿がいたらお目にかかりたい。
決勝に行けないのなら、何も意味はない。
少なくとも戦っていた選手たちはそういう気持ちだろう。


イランは負けた。
不条理でもなんでも、これが勝負の世界。


そして負けたにも関わらず、今日も1ゴールを決めたMF梅崎は笑顔だった。
「負けはしましたけど、目標にしていたグループリーグ突破は果たしました。後は決勝トーナメント。ここで勝つことが一番重要なこと。」


日本は1位通過を果たした。ワールドユース出場という確固たる目標を見据えているからこそ、目の前の試合に負けた直後にこの言葉が出てくる。


次は11/6(月)。
中1日で行われたグループリーグ後、休みはたったの3日。試合間隔が非常に短い。負けたとはいえ、このイラン戦で何人かの主力選手を休めたことは、決勝トーナメントでの戦いに大きな意味を持ってくるだろう。


それでもイラン戦で勝ちが欲しかったと言う人に問いたい。
負けても突破できる試合に全力で勝ちに行って、主力選手が疲弊した方が良かっただろうか? どちらが本当の勝負に徹する姿だろうか?


エンタメ性はないけど、俺は勝負の世界にはそういうリアリティがあっていいと思う。賛否が別れるところかな。

0-4で負けても、勝ち

さて、今日の夜はAFCユース選手権(U-19)、
グループリーグ最終戦、vsイラン戦がある。


すでに北朝鮮、タジキスタンに2勝している日本は、
勝てばもちろん、決勝トーナメント進出、
引き分けでも、決勝トーナメント進出、
負けた場合も、4点差以内ならば決勝トーナメント進出。


つまり、
「0-4で負けても、勝つ」という状況である。


インターハイ、高校選手権などトーナメント戦ばかりをプレーする若い日本世代にとって、このリーグ戦特有の状況は経験が薄い。


2試合目、イランが北朝鮮に0-5で負けたように、決して何が起こっても不思議ではない。守りに走りすぎれば、1点をきっかけにあれよあれよという間に5失点、攻撃に偏重すればカウンターで失点して浮き足だつ状況も考えられる。


「~点差以内の試合をする」
というのは、以外と難しいものである。


北朝鮮に5失点したものの、イランの攻撃力は決してあなどれるものではない。
そんな特異な状況の中、U-19日本代表がどんな試合運びを見せるのか。


今日(11/2深夜)、そんなポイントにも注目して観戦したい。
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。