スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の雑談

世界に広がるニートの輪
そういえば杉村太蔵ってどうなったんだろう。
蝉のように儚き命でしたなぁ…。
今は誰かのカバンでも持ってるんでしょうか。


そんな彼が取り上げていた「ニート」、
どうやら日本だけの問題ではないらしい。


先進国では、なんと13%もの人間がニート化しているそうだ。


特にひどいのが若者の33%がニートだという、東欧諸国。
まぁこれは就職難っていう理由が大きいだろうけど。


「ゆたか」って何なんでしょうね。
豊かさは人間をダメにする。
でも、豊かさがなきゃ人間は生きるのが苦しい。


貧しい人間は生きる手段に苦労し、豊かな人間は生きる意欲に苦労する。


人間ってネガティブな生き物だなぁ…なんて思っちゃう。
消費する生き物だからなぁ、人間は。
地球に生産することを増やせばもっとポジティブに生きられるんじゃないかなぁ、なんて適当なことを言ってみる。


強すぎるソフトバンクのコピー文句
「予想外割」「通話料0円」「メール0円」
このコピー文句にカラクリが多数含まれているのは、すでに周知の事実。
印象的で強いコピーっていうのは、たいがい落とし穴があるもんです。
Yahoo!BBのときもそうだったけど、落とし穴だらけのキャッチコピーで客をかっさらうやり方は好きになれない。


つまり何が言いたいかっていうと、
「みんなウィルコムにしようヨ」
と、ウィルコムユーザの海賊ひでは言いたいわけです。無料通話相手が増えるんで(笑)
でもナンバーポータビリティで完全に蚊帳の外になっちゃったし…。
ま、俺は関係なくウィルコムと契約したわけですが。


TPO、本当に理解できてる?
「紙媒体は、インターネットに比べて信頼性がある」
昔、ある広告営業がこんなことを売り文句に雑誌広告の営業をしていました。
「信頼性はインターネットというより、個々のWebサイトによるんじゃないかなぁ…」と、納得半分な俺でしたが、実際に両方の媒体に文章を書くようになると、だんだんそれを実感するようになってきた。


やはりどんな信頼性のあるWebサイトでも、紙媒体とは根本的に違う。
一言でいうとWebサイトの場合、
「木を例として、森を語る」という趣旨の文章を書いた場合でも、
「その木はそうじゃない!」という批判が飛び込んでくる。
こちらとしては、
「そこにツッコむのかよ…。違うとこ見て欲しいなぁ…」とガッカリする。


ネットには高いインタラクティブ性(対話性)がある。
それだけに、逆にこちらの意図が伝わり難いのではと俺は思う。


たしかに、人と会話をしているときでも、「早く話したい話したい」という態度で聞いている人には、中々自分の意図を伝えるのが難しい。聞いているようで聞いていない状態だ。インターネットでブログを閲覧している人も似たような状況が多いのではと思う。


もちろんそういったTPOについては、以前から意識して仕事をしているが、
まだまだ俺は、TPOの理解が浅いのかなぁと思う。
「Web」と一言に言っても、
個人パソコンで読むのか、会社のパソコンで読むのか、親のパソコンで読むのか、そういったシチュエーションは確実に影響を与える。


中高生ならば、親のパソコンで読むことが多いかもしれない。
ということは多くの時間をネットサーフィンに割くことは難しいかもしれない。
つまりWebの中でも、さらに短く分かりやすい内容にするべきだし、そもそも雑誌やケータイの方がこの世代には向いているとも考えられる。


一つの文章をここまで考えて書き上げても、たいした効果は得られないだろう。
だが将来的にメディアの立ち上げを狙っている俺としては、
こういうこともよく考えておきたいものである。
スポンサーサイト

スペシャリスト代表

【U-21日本代表vsU-21中国代表 10/25】
2-0(1-0)
得点者:梶山、平山


2008年北京五輪へと続く、U-21日本代表チーム。
今日は日中韓で行われる交流親善試合の1試合が行われた。


前半、日本の1点目は素早くボールを運んだカウンターによるものだった。DFからのクリアボールをMF苔口が絶妙のコントロールでマイボールにし、左へサイドチェンジ。そこへ後ろから走りこんだMF増田が、左サイド深くから切り返して右足でクロス。
「平山を狙って蹴った」というクロスは、マークに付かれていたFW平山の頭上を越えてフリーのMF梶山の元へ。これをヘディングで押し込んで日本が先制した。


後半の2点目は、積極的に上がり続けたMF中村のクロスを平山がGKと交錯しながらゴール。手に当たったようにも見えたゴールだったが、判定はショルダーシュートということでセーフ。日本は2-0で、A代表メンバーの加わった中国を破った。


組織されたディフェンスは合格点
この試合で僕がもっとも感じたのは、組織ディフェンスの素晴らしさだった。相手がサイドにボールを運んだら、そこをMF3人が空間をギュッと縮めて囲む。攻守の切り替わりで、小さく守って広く攻める全体の動きが良く出来ていたように思う。ジーコジャパンとは雲泥の差である。


3-5-2という陣形もこのチーム(というより日本人)に良く向いている。1vs1のDFに難のある日本の場合、世界の主流であるフラットな4バックはリスクが大きい。サイドバックが抜かれたりセンターバックが競り合いに負けると、マークが後追いになってズレてしまい、チャンスを作られてしまうからだ。
この日は、常にセンターDFの伊野波が1枚余ってカバーリングにあたることで、ディフェンスも積極的にボール奪取をかけることができ、マークのズレも少なかった。組織的にはディフェンスは良い出来だったように思う。(個で組織を崩すほどの選手が中国にいなかったことも大きいが)


そして逆に出来なかったことは、反町監督が以前から課題に挙げていた「後ろからのビルドアップ」だった。カウンターや、素早い攻守の切り替えから何度かチャンスを作ったが、日本主導の流れで攻撃を作り出したとは言いがたかった。ダイレクトではたく意識が強すぎて、タメを作ってパスワークに安定をもたらす選手がどこにもいなかった。
また組織的に守れたというものの、まだまだ個々の対応にマズい所はあった。局地戦での当たりの激しさが足りず、たまたまボールが危険なところにこぼれなかったものの、一つ間違えばつま先でチョンっとつつかれるだけでゴールのようなシーンは多々あった。この問題は今後更なる強豪と対戦したとき、失点という痛みを伴って表面化するだろう。


トルシエ時代に似たところ、似てないところ
この3-5-2で、ゾーンを狭くしてボールを奪い、素早くカウンターをしかけるやり方はトルシエ時代の戦術に良く似ている。しかしあのときと大きく違うのは、今回のU-21には非常にスペシャリストが多いことだ。


2002年、トルシエが敷いた3-5-2には非常に多くのコンバートがあった。本来ボランチの中田浩が左センターバック、右利きの小野が左ウィングバック、ボランチの明神が右ウィングバックといった具合だ。トルシエは各選手に2~3のポジションをこなすことを求め、それをチーム作りに生かしたのである。
ところがU-21日本代表はやや違う。ボランチの伊野波をセンターバックに置くものの、中村、梶山、青山、本田など、他のポジションの選手を見ると「スペシャリスト肌」の印象を与える選手が多い。


スペシャリスト故に、攻撃での創造性に物足りない面はあったが、与えられた役目を忠実に全うするU-21選手たちは、非常に「日本人らしいサッカー」を体現していたように思う。ベンチで観戦したオシム監督は、この試合をどう見ていたのだろうか。


さて、次の韓国戦(11/21)。
特にビルドアップと、局所での1vs1の安定感に注目して観戦したいと思う。

親友がぶつかった人生の岐路

俺には大学時代からの親友がいる。
バカみたいにサッカーして笑って生きてきた大切な仲間。


そいつが今、とっても悩んでいる。
花火職人という夢を追いたいけど、実家の家族には経済的な問題があるらしい。そして両親はいっしょに暮らすのを望んでいるとのこと。


今の会社を辞めなければ花火職人は目指せない。しかし、辞めると経済的な問題がのしかかってくる。夢を追いながら家族を養っていくのは非常に大変なこと。そのために、自分の今後を決められずに立ち止まる親友。


やさしいヤツなんだよ。やさしすぎるくらいだ。


あいつのために俺が出来ることは何だろうか。
金を貸すことは拒否された。それに俺自身も金はない。
だから一生懸命、あいつのブログにコメントを書いた。
あいつに向けて書いたけど、俺の人生にとっても大切なことばかり。


今回はそのやり取りの全てを下に掲載してみることにする。


悩む悩む悩む
「どうすんだ?」との部長からの問い。


いま悩んでるとこですってしか答えられない。


要員を考えたりしなきゃいけないから、


いつまでも僕が宙ぶらりんでいるのも困ると。


辞めるって決めたのに、バイトしながらやってけばなんとかなるだろうって思ったのに、


そのなんとかなるだろうが急に不安になってきた。


とりあえずモバイト登録して説明会も行ってきたけど。


家族がこんな状況で、さらに何かあったときに、


自分は何もしてあげれないんじゃないかって思う。


そんなんでいいのかって考える。


みんなに夢を与える仕事をしたい、だから家族を犠牲にする。


それはおかしいと思う。


家族も大切に出来ない奴が、みんなに夢を与えれるわけが無いと思う。


どうしよう。


どうしたらいいんだろう。


悩む。


もう決めなきゃ。




コメント from 海賊ひで


厳しいこと書くぞ。


ず~~っと前から感じてたけど、
お前は何事に対しても「覚悟」が弱い。
それがいいとこでもあるんだけど。


誰にも、何の負担も犠牲も与えない人間なんていないぞ。
俺はドイツに行った。そして半年以上たった。
こないだ、相方に聞いてみた。
「おれに不満はないか?」って。
答えは、
1.近くにいないこと
2.お金がないこと
3.将来を見通せないこと
あと他はないヨって言ってた。


俺も相方を犠牲にしてる。寂しい思いさせてる。何の安定も与えてやれない。
でも大切だからこそ、ヨーロッパですべきことをなるだけ短期間でやろうと決め、1年だった滞在予定を大幅に縮めた。ゆっくりバイトしながら…って考えてた期間を全て削除し、出来るだけ早く取材や仕事を終わらせるスケジュールに変えた。その分忙しくもなったし、頭もすごく使いながら生活してる。


それでも相方の犠牲が消えるわけじゃない。
俺は自分に出来ることを全てやって、精一杯大切にしているつもり。それも俺の「覚悟」だ。


>家族も大切に出来ない奴が、みんなに夢を与えれるわけが無いと思う。
「家族を大切にする」って何だよ。
ただ一緒にいることだけか? そんなことどこの教科書で読んだ? 別居している世の中の人間はみんな、親を大切にしてないのか?


だとしたら、花火職人に対する想いも悩みも完全に断ち切れ。それも「覚悟」だ。
前を向いて家族のそばで暮らす「覚悟」が出来ないなら、たとえ一緒に暮らしてても、お前は家族を大切にすることは出来ないと思う。


自分が「覚悟」できる道を選べ。


>家族がこんな状況で、さらに何かあったときに、
>自分は何もしてあげれないんじゃないかって思う。
だからこそ、お前は「覚悟」してがんばらなきゃいけないんだろう。石にかじりついてでも職人になって、苦労の末にお前が打ち上げた花火を見て、泣かない親なんかいねぇぞ。


花火職人になる夢はお前だけのモンじゃねぇ。
家族に対する責任を背負って夢を追え。
家族に何もしてあげられないかもしれない、というリスクを背負え。


お前が一人前の花火職人になれなかったら、みんなが迷惑するんだ。大人の男だったら、その責任から逃げるな。


責任を負うからこそ、お前はつらい修行にも耐えられる。
花火職人のお前として、家族を幸せにするためにな。
失敗は許されん。だから死ぬ気でがんばれ。


お前が今悩んでいる選択は、
・家族に何もしてあげられないかもしれない→だからやめとく
・家族に何もしてあげられないかもしれない→だからがんばる
こんだけのことだ。どっちを選んでも覚悟を決めろよ。




コメント from 親友


だよねー。
俺っち弱いなー。
失敗とか成功とか、そんなの結果の話であって、
始める前は何もわからない。
これが正しい道だなんて、決まってるわけない。
そんなのわかってる。
でも、わかってる「つもり」なんだよね。
あれだ、マリッジブルーみたいなもんだ(笑


さんきゅ。
決めたよ。

プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。