スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't stop myself!

ダンケシェーン!
こんな文章力もコネクションもない、サッカーが上手くて顔が良いだけの海賊ひで(大嘘)を応援してくれてありがとう!


そんな俺が成功するには、


人がやらないことをやる。
人が知らないことを知る。
人が立ち止まるところでグングン加速する。


ということが必要だと思ってる。






と言ってるそばから何ですが、
3日前から原因不明の腹痛で、まともな○○○が出てきましぇん。
食あたりっぽい感じなんだけど…。
なんか変なもん拾って食ったかなぁ。…って、なぜ違うと言えない!俺!(笑)


スポンサーサイト

お知らせ!

どうも。
最近更新をサボりすぎだと、各所から文句を受けている海賊ひでです。


「忙しいんだよ~」
と言いたいところですが、それはタダの言い訳。
「忙しいから会えない」
そんなこたーない! 好きなら忙しくても会えるように努力するもんです!
って何の話だ(笑)


そんな状況で発表するのもナンですが、
実はこのたび、こちらのサイトでブログを書かせて頂くことになりました。「STAR SOCCER」という、今ノリまくっているサッカー雑誌のWEBサイトです。要チェックしといてください。


http://www.starsoccer.jp/
(タイトル:みんなと仲良くなりたい。それが僕のサッカー)下のほうにあります。


「じゃあこのサイトはどうなるの?」


え~~と…。


どうなるんでしょう(笑)


基本的には、こっちはもっとプライベート的な秘密日記になるんじゃないでしょうか。居酒屋の隅っこでしゃべってる感じで。


今までもずいぶんプライベートをさらけ出してきましたが、
これからはさらに……あんなことやこんなことも書いちゃおうかな。
グフフ。

【ドイツ通信vol.13】 俺は日本派かなぁ…

ツンボイ!
(乾杯!)


最近忙しくて、更新サボり気味の海賊ひでです。
家探しの続きをお話する前に、ちょいと小話をいたします。


欧州では3/26からサマータイムになっています。
本来の8時は7時になり、いつもより1時間早く仕事から帰ることができます。夜の明るい時間がより長く楽しめるようになりました。
1時間ズレていることに気付かずに、「電車を乗り過ごした!」「チェックアウト時間に遅れた!」なんてことは、世界共通のお約束(笑)。


自分は、この考え方がなんとも「欧州らしいなぁ」と思うんです。
自然に流れている時間を1時間いじって、自分たちの生活にフィットさせる。
合理的というか、季節を積極的に楽しもうとする姿勢があります。


でも日本的な考えだと、逆にそれを嫌うと思うんですよね。自然のままであるべき風情や哀愁を楽しみたいというか。
季節感を大切にする日本では、本来8時に鳴くべきカエルが7時にゲコゲコ言い出すことには、少なからず違和感を感じると思います。
きっと、欧米人には一生理解しがたい感覚でしょう。




欧州流と日本流。
季節を楽しむという意味ではどちらも同じですが、そのやり方の違いに文化が現れていて非常に面白いです。


たとえば、料理を例に取ると、
日本料理の場合、素材の味をそのまま生かすことが基本ですが、
欧州の場合はソースに凝って総合的に作り出した味が全てだと思います。まさに文化の違いがサマータイムへの考え方と全く同じように現れているんじゃないでしょうか。


毎年一度は耳にするわりに、結局日本ではまだ導入されていないサマータイム。


あなたは導入派? それとも否定派?

【ドイツ通信vol.12】 七転八倒!家探しの巻

Wie geht es Ihnen?
(調子はどう? How are you?)


今日は一日中部屋にこもって仕事をしていました。
しかし、なぜか変わりやすいはずのドイツの天気が今日はずっと晴れたまま…。「もしかして雨男?」の海賊ひでです。


今回は家探しの苦労について書こうかな。
色々ありすぎてどこから書けばいいのか。。。




さて!
自分の場合はまず、フラット(シェアハウス)をひたすら当たりました。
理由は安いということ、ドイツ語の練習になること、インターネットが最初から完備されていることでした。


ドイツ語のフラットメイト募集サイトで、自分の紹介文(ドイツ語)をチェーンメールのように送りつけまくりました。


…しかし返信率は30%を切る程度。やはり外国人、ましてやドイツ語がしゃべれない怪しい日本人と一緒に暮らそうという人は少ないのです。


しかしついに好条件のフラットから連絡が来ました。
「今度の日曜日、12時半に会いましょう」とのこと。
もちろん2つ返事でOK!




そして日曜日・・・。
時間は12時半・・・。
住宅街をさまよう海賊ひで・・・だめだこりゃ。


ヨーロッパの住所って日本と全然違うから分かりにくい。
電話してフラットメイトに聞いても全く分からない。
っていうか家の外に出ててくれって頼んだのに、雨が降ってきたせいか出ててくれない(泣)


そのうちに所属サッカーチームの練習時間になってしまったので、結局諦めて帰っちゃいました・・・。


そして練習が終わり、ご飯を食べたあとメールをチェックするとフラットメイトからメールが来ていた。
おそるおそる中身を開くと…。


「今どこにいますか? たぶん、あなたは私たちの家のすぐ近くまで来てたはずですけど。今なにしてますか?」


・・・。
もう辺りは暗くなっていたので、どうしようか迷ったけど、
このまま知らんぷりはあまりに極悪なので、もう一度家を目指してさまようことにした。




ちなみに、俺がたどりつけなかった原因は単純です。
ネットで載っていた名前は「愛称」で、表札に出ていた名前とは別だった。。。(だったら先にそう言えっちゅうに)


そんなこんなでなんとか家に着いた俺は、3人のドイツ人(男1女2)の出迎えを受けた。


練習していたドイツ語での自己紹介をして、フラットを軽く見て回る。
キッチンが散らかっていた。
こりゃ気使わなくていいやと、俺には好印象(笑)


そしてそのままキッチンでおしゃべりをした。


スシの話。任天堂の話。
(フラットメイトのヤンという男はゲームの翻訳をしているらしい)
ドイツの話。俺の仕事の話。


いや~すんげぇ楽しい時間だった!
海賊ひで得意の「軽軽トーク」炸裂!
(その心は、軽いけど妙じゃないから)


一番最初に、
「あなたはステイの期間が短いから、たぶん入るのは難しいわよ。他の人たちなんて最低4年以上希望だから。全部で16人も来たのよ。」


な~んて痛いところを突かれていただけに、開き直って楽しく会話しまくりました。部屋探しで来てることなんて、ほとんど忘れてました(笑)




そして次の日…。


「ぜひウチのフラットにおいでよ! 大家は僕らが説得するよ!」


はい????
なぜか彼らは俺と住みたいと言ってきました。(バ、バカな)


応募してきた16人のうち大半はドイツ人で、フランス人やアメリカ人、トルコ人もいると言っていた。


そんな中で俺と住みたいって言ってくれたことは、素直にうれしかった。理由を聞いたら、


「Because you are so funny!!!」


うむ。まぁ顔はともかく、そこには自信ありますから(笑)




そして大家を説得してくれた彼らと共にドイツ語の契約書を作り、ついに入居日を迎えたのでした・・・


が。


このまま素直に入れたら、俺らしくないですよね(笑)




というわけで続きは次号へ!

テーマ : 欧州サッカー全般
ジャンル : スポーツ

プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。