スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョゼ・モウリーニョ X イングランド X プライドは何処に?

以下は、livedoorスポーツに載っていたものです。
イギリスでは外国人監督ばかりがもてはやされていることに、イギリス人の監督たちが不平不満を言っているらしい。
そのことに対して、ジョゼ・モウリーニョが噛みついた。



「英国人の監督が『なんで俺じゃなく奴らなんだ?』とコメントしてるのをよく目にする。まったくバカらしくて笑えてくるね。敬意のかけらもないよな。ベンゲルはなぜアーセナルの監督に就任したんだ? 素晴らしい結果を残してきたからだ。モウリーニョはどうしてチェルシーの監督に就任した? 素晴らしい結果を残してきたからに決まっている」




普段口喧嘩ばかりしているベンゲルを持ち上げたことが意外だった。まぁこういった傾向はどこの国でもあること。日本でもオシムやシャムスカの功績にはすぐに「マジック」という言葉が飛び交うが、西野朗など日本人監督の場合には手法が取り上げられることすら少ない。
ただ外国から来た監督の場合、「自国の監督とは違ったことをやってくれるはず」という期待が込められている分、扱いが大きくなるのは当たり前でもある。
…とまぁそれだけのことだけど、面白いのはモウリーニョ発言のその続き。



 その一方で、選手や監督にとってイングランドは最高の環境であるとも語り、プレミアへの愛着を強調した。


「イングランドのファンは世界一だ。それに他国では考えられないことがイングランドでは起きる。対戦相手に拍手を送ったり、満員の観客の前でビッグクラブとアマチュアチームがカップ戦を戦ったり。PKをもらおうとダイブする選手が味方選手からブーイングされるのもイングランドだけだ。まさにプロにとって最高の環境だ」




イングランドには「自分たちがサッカーの祖国」というプライドがある。それは代表チームが強いかどうかではなく、こうした環境に宿っているんだろうなぁと思う。


皆さんご存知の通り、最初にサッカーが生まれたのはイングランドである。当時はルールが全く整備されず、手を使うラグビー風、手を使わないサッカー風など地方や環境によって全く違うルールが存在し、その全てを「フットボール」と呼んでいた。それをルール整備によってハッキリ分け、ラグビーとサッカーが誕生したのである。
(スポーツナビに詳しい特集があるので、興味がある方はどうぞ)


対戦相手に拍手を送るのもすばらしい。
満員の観客の前でビッグクラブとアマチュアチームがカップ戦を戦うのは、もっとすばらしい。


だが俺が一番驚くのは、
「PKをもらおうとダイブした選手が味方選手からブーイングされることだ。」


味方選手をブーイング?
果たして俺にそんなことができるだろうか?
良くない非紳士的なプレーだと分かっていながらも、チームの勝利のためにダイブした味方のストライカーを、毅然とした態度で叱ることができるだろうか? 
黙っていればPKで1点取れるかもしれない…。そんな邪な心に支配されることを俺は否定できない。




サッカーを馬鹿にすることは許さない。
敬意を払わない選手は、サッカー選手ではない。




自分の想像だが、これを頑固に守ることがイングランド人にとっての「祖国のプライド」なのではないかと思った。
スポンサーサイト

テーマ : プレミアリーグ
ジャンル : スポーツ

ワールドカップ X 世界一? X 歴史

ホリエモン改め堀江容疑者! 話題に事欠かないなぁ。面白すぎ。
事件後のしゃべりを見ていると、まったく罪の意識は無さそう。
「え?違法だったの?知らねーよ」って声が聞こえてきそうです。
でも、俺に言わせれば節税と脱税は同じこと。
「脱税じゃねーよ。これは節税だよ。」
関係ない。違法とか合法とかそんなこと関係ない。思想は同じだから。
うまくズルして儲けようという、安っぽい魂胆が嫌いだ。


株主が犠牲になったって報道されるけど、それも自己責任だしね。社員だって同じ。痛みは甘んじて受けなきゃいけない。
でもこの状況は最悪に見えるけど、むしろ社員は豊満な外資ファンドに買収された方が幸せなんじゃないかな。ライブドアに釣られて下がった今の株価だって、俺にゃ株のバーゲンセールにしか見えないよ。
ピンチはチャンスの始まりとは良く言ったもんです。


さて、そんなビッグニュースの影でW杯に関するニュースで気になるものがあります。ちなみにW杯といってもサッカーではなく、ゴルフ・野球のほうです。


結果はあえなく惨敗に終わった、宮里藍・横峰さくら組。ある筋では、2人に対する批判が相次いでいるようです。要約するとこんな感じでしょうか。
「日本を代表して出場しておきながら、負けてへらへら笑ってるとは何事だ! 特に宮里は準備不足で、2日前に現地に入るなんて。W杯をなめたらアカン!」






実は俺も中継を見てて、少し違和感を感じた。ずいぶんサッカーのW杯とは雰囲気が違うなと思った。ゴルフというスポーツの特性を考慮に入れても、もう少し悲壮感のようなものがあるはずなのではと思った。宮里の準備不足にしても、やむを得ない事情があるのならば辞退を申し入れるのもひとつの選択肢だっただろう。
ただ、それをすべて彼女らのせいにするのは間違っている。事実、彼女らを取り巻く環境(開催時期の悪さなど)が、ワールドカップに対する優先度を低くしてしまうものなら、彼女らを責めることはできない。


そして野球のワールドカップ「WBC」。
選手の出場辞退が相次ぐのは、何も日本だけの問題じゃない。メジャーリーグ機構はもっとシビアだった。ヤンキースは未だに開催そのものに反対しているし、他のチームも選手の出場に消極的だ。
さらに決定的なのが、出場投手の球数制限が設けられたことだ。1次リーグでは65球、2次リーグでは80球、準決勝と決勝では95球、ピッチャーはこの制限に従わなければならない。
なんと愚かなルールだろうか。オープン戦やオールスターじゃあるまいし、世界一を決める大会の割にはまるでシーズン前の練習試合のような様相を呈している。


メディアや選手の間では、辞退を表明した松井らに対するバッシングが日に日に強くなっているが、彼ら選手だけを責めるのは間違っている。


今年、野球のワールドカップは第一回。ゴルフは第二回だ。
心情的には一回目だからこそ、理想のワールドカップを望むかもしれない。だがそれは無理な話だ。それはこれまで長く続いているメジャーリーグやプロ野球の歴史を、鶴の一声で動かそうとすることに等しいからだ。彼らに言わせれば、「なぜ今年初めて行われるような新参大会に、我々が譲歩しなければならないのだ」という感じだろう。


ではなぜ、サッカーではワールドカップを掲げることの重みを、協会・クラブ・選手・メディア・サポーターが理解しているのか。


答えはひとつ。歴史だ。
最初は小さな大会でも、みんなが一つになってそれを盛り上げていくことで、そこに価値が生まれていく。ドラマが積み重なっていくのだ。
だからこそ、誰もが優勝に憧れるようになる。
選手も真剣勝負にのぞみたくなるのだ。


最初から規模の大きい大会を望むことはない。必ずしもビッグスター選手が出場する必要はない。球数制限をしなければ出られないような選手は、出さない方がいい。
「とりあえずビッグスター選手が出場していればワールドカップなのか?」 答えは断じて否。世界の頂点を目指す大会に、ベストを尽くさない選手が出場することはあり得ないのだ。
あまり無理を重ねて開催にこぎつけると、後で良くない事態を招くような気がしてならない。不健康な急成長が一時的なものに過ぎないことは、ホリエモンが証明したはずだ。


規模やネームバリューよりも、思想の尊さを選ぶべき。
それが後世に残るワールドカップを作る方法だと俺は思う。

テーマ : 2006ワールドカップ
ジャンル : スポーツ

FCユナイテッド X マンチェスター・ユナイテッド X どっち?

つい先日、俺はバーミンガムからやってきた一人の男と出会った。彼は、プレミアリーグのクラブ「アストン・ビラ」のサポーターだと言う。


うちの家族はみんな、アストン・ビラを愛しているんだよ。


彼はそう言い切る。そして、「君の好きなJリーグのチームは何て言うんだい?」と聞いてきたので、俺が「ジュビロ磐田だよ。でも別にそこがホームタウンってわけじゃない。選手やチームの雰囲気が好きなんだ。」と答えると、彼は少し驚いていた。


そして彼はEメールをチェックし始めると、突然驚いて飛び上がり、それが終わるとこらえ切れない笑いを噛み殺すように笑い始めた。


「どうかしたの?」と聞くと、
「信じられないよ! FAカップで僕の彼女のチームが、アストン・ビラと対戦することになったんだ! 彼女のチームは2部のチームだから、普段リーグで対戦することはないんだ。本当に驚いたよ。でも試合の日は僕はまだ日本にいる予定なんだよね。観たかったなぁ・・・。」


FAカップとは、イングランド版天皇杯のようなものだ。
・・・というのは本家に失礼か。むしろ、天皇杯がFAカップをお手本に作られたと言うほうが正しい。FAカップや天皇杯の最大の特徴は、プロ・アマの区別なく頂点を目指すトーナメント戦であることだ。だから普段はあり得ない、2部のチームとトップのチームが対戦することも、組み合わせによってはあり得てしまうわけだ。
FAカップの歴史は非常に古く、もう100年以上も続いているのだ。欧州の多くの国でも国内のカップ戦は軽視される傾向にあるが、サッカーの母国イングランドに関しては全くの例外と言っていいだろう。


心底わくわくしている彼を見ながら、「こりゃ楽しいやつに出会えたなぁ・・・」と思った俺はさらに話を続ける。


「ところで今シーズン、マンUはいまいちだよね?」と聞くと、
「I hate United! ざまあみろだよ!」と何とも過激な答えが返ってきた。


「マンチェスターに住んでいる人はみんな、マンチェスター・シティが好きなんだよ。」
「え? じゃあマンUのファンは誰がやってるの?」
「外国人とか・・・旅行者とか。あとはただのお祭り好きだね。マンUファンにとっては、音楽でもサッカーでも何でもいいんだよ。」
どうやらイングランドのサッカーファンはみんなマンUが嫌いらしい。


「もしマンUファンがいれば、その人は今はチェルシーのファンになってるだろうね。」


な~るほど。しかし・・・、


・・・ジツハオレ、まんちぇすたー・ゆないてっど、ケッコウスキデス。


言えなかった…。
でも少しだけ食い下がり、「マンUにはエキサイティングな選手がいっぱいいるよね?」と聞くと、「ルーニーとか、ファンニステルローイとかね! 僕も大好きな選手だよ。」と言うので少しほっとした。どうやらマンUの選手が嫌いなわけではなく、金でチームを作るやり方が嫌いらしいのだ。嫌いなのは選手個人ではなく、そのスピリット。事実、彼らは憎きマンU選手が出場しているイングランドナショナルチームを応援しているのだから。
日本のコアな野球ファンが巨人を嫌うのと似ているのかもしれない。
まぁそれでもマンUは、レアルよりはマシだと思うが・・・。




・・・という彼との出会いは偶然か必然か。
俺はマンチェスターに、「FCユナイテッド」というチームが新しく作られたというニュースを知った。ビジネスに染まったマンUに別れを告げたサポーターが奮起し、サッカーを本当に愛する新しいクラブを立ち上げたのだ。非常に熱い話だが、スタートは10部リーグからだと言うから大変だ。果たしてトップクラブに肩を並べるのに何年かかるのだろうか。


彼としゃべっていると、日本人とイギリス人のクラブに対する根本的な考え方の違いが何となく分かってきた。
FCユナイテッドの設立構想、反骨スピリットにとても共感したので、俺は遠い日本からだけど彼らを応援したいと思う。


イギリスを旅行したら、ぜひとも行ってみたい場所ができた。

テーマ : 欧州サッカー全般
ジャンル : スポーツ

野洲 X 鹿児島実業 X ワァーからオォーへ

高校サッカー選手権決勝
野洲高校vs鹿児島実業(2-1)


野洲は、ほんとに上手かった。
鹿実のプレッシャーが悪かったわけじゃない。むしろ、寄せが早くて厳しく、囲い込みもしっかりできていた。フィジカルの強い相手に何人で囲まれても、それを抜いたりパスを出したりできる野洲のテクニックは本当にすごい。ジェフ千葉に入団が決まっている青木、そして乾・平原をはじめ、FWからDFまで全ての選手の足元がしっかりしていた。あの鹿児島実業にも通じたことは、彼らのテクニックサッカーが本物だったことの何よりの証明だ。


野洲のプレーは終始スタンドを沸かせていた。
乾のドリブル、瀧川の切り返し、延長戦の勝ち越しゴールのきっかけになるサイドチェンジで特に大きな歓声が上がっていた。
一番印象的だったのは、それは「ワァーー」という"興奮"の歓声ではなく、「オォーー」という"感嘆"を表現するタイプのどよめきだったことだ。別に、「抜群に素晴らしいプレーを見たらオォーと唸りなさい」などという決め事はない。一人一人が彼らのプレーに感嘆し、それはスタジアムを揺らすほどの一体感を生んだのだ。
プロの試合ならともかく、高校生のプレーでスタンドが感嘆で沸くことはほとんどあり得ない。むしろプロの試合でさえ、そんなことができるのは中田英寿や中村俊輔など、限られた選手のみだ。


観客を楽しませるプレーをするということは、プロにのみ求められる要素だ。それが高校サッカーで、しかも最も緊迫度の高まる決勝で見られるのは本当にすごいことだ。
どんなにテクニックに自信があったとしても、試合が緊迫すればするほどミスに対する恐れがその身を支配してしまう。もしも失敗してボールを捕られたら・・・という弱い心は、リスクを冒して攻める気持ちを忘れさせてしまうのだ。そうなればクリエイティブというチームの根本は崩れ、安全で単純なプレーに走ってしまうだろう。
しかし、野洲は最後まで貫いた。それができる選手たちは技術だけでなく精神力でも非常に強いものを持っているのだろう。またそうでなければ、疲れの見える後半であれほどの鹿実の猛攻を受けながら再び延長戦でそれを押し返すなんて不可能だ。


「自分たちのサッカーをやり遂げる」という強い信念と責任が、
野洲イレブンの最大の武器だったのだ。
見てて気持ちよかった! ありがとう!






先日のトヨタカップでは、自分を散々落胆させてくれた日テレだったが高校サッカーになると良い番組を見せてくれた。いや、むしろ良い中継をしたというよりは、変な味付けをしないで普通に見せてくれたといった感じだろうか。
その詳細については後ほど書きたいと思うが、この差を産んだのはトヨタカップと高校サッカーの視聴者ターゲットの違いが最も大きいのだろう。大きなイベントの一つとして見ているものを主ターゲットとするか、サッカーが好きで見ているものを主ターゲットとするか。
テレビを始めとするマスコミメディアは、厳しい視聴者が育てていくもの。それを今後も意識していきたい。

テーマ : 全国高校サッカー選手権大会
ジャンル : スポーツ

プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。