スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの日か、必ずお前らを倒す!

味の素フットサルスタジアム。
今日は公式戦があった。
おとなりでは、ちょうどJリーグのFC東京vsジェフ千葉の試合をやっていて、駅もスタジアム周りも大行列だった。


ちなみに俺はこのフットサル場が大嫌い。
屋内型で暗くて見づらいし、何よりも床面が硬すぎる。
足首やひざに古傷を持っている俺にはかなりつらい。
しかもやっぱりフットサルのことを、「サッカーの練習」としか考えてなくて、公式戦とは言ってもそれほど高いモチベーションではなかった気がする。少なくとも2試合目が始まるまでは。


1試合目、4-0のぼろ負け。
相手は組織がしっかりしていてよく走る。戻りが早い。
体の当たりも強くて常に戦う姿勢を崩さないチームで、
はっきり言ってやりづらいタイプの相手。


しかもウチはフィールドを2-2のボックスで配置したものの、なかなか効果的に攻撃ができない。
理由は主に以下のとおり。
1.前に2人を配置しているため、相手の陣地にスペースが少ない。
  ワンツーなどで、スピーディに攻めにくい。
2.前2人の動きがカブる。
 (中央でのポスト、サイド裏へ走る動きなど)
※ちなみに自分は前でプレー。


そこで2試合目。
フォーメーションを、1-2-1のひし形に変更。
ピヴォ(最前線、サッカーで言えばFW)にポストプレーヤーを置き、ワンツーでサイドを走らせてシュート。
取ったボールはすぐにピヴォに入れて、そこからスピーディーに組み立てる。
この形を意識してやっていこうと作戦を立てた。
※オレはピヴォでプレー。


さて、相手チームを見ると…。
おっとっと。あの松井大輔の母校で有名な、超強豪校ご出身の方々じゃないですか。新しい形を試すには絶好の相手…なわけねーだろ!
でも、とにかくやるしかねぇ。


前半、FKからラッキーな形でゴール。
そして作戦通り、俺のポストプレーから左サイドのハマショウがゴール。
これで2ゴール。他にも決定的なシーンをいくつか作り、あと2ゴールくらい挙げていてもおかしくなかった。俺自身も、前の試合と違って自分のところに早いタイミングでボールが入るようになったので、非常にプレーしやすかった。攻撃に関しては、ある程度機能したと言えるだろう。
ただし問題はディフェンス。
このひし形のフォーメーションは、サイドの2人のプレーヤーのポジショニングが命。上がりすぎれば、ディフェンスはたった1人になってしまい、下がりすぎればオフェンスはたった1人で攻めなくてはならない。そんな絶妙なバランスを旨く取ったプレーヤーもいたが、やはりいきなり旨くは行かない者もいる。
そして、そんなスキからカウンター気味に3失点。ヤツらの決定力はさすが。


前半を2-3で折り返した。
負けてはいるが、充分可能性のある点差だ。
相手は相当巧いので、普段はやや手を抜いてプレーしているように見えるが、この試合ではかなり本気モードだった。あんなマジな顔は初めて見た。それだけ危機感を与えることが出来たってことかな。


さて、後半。
同じようにピヴォの俺にボールを入れて、そこから…という作戦だが。
アレ…。
ちょ…ちょっと。
やけに俺の所にマークがきつい。
足もかまわず刈ってくるし、当たりが激しい。
しかも審判は一切ファール取らず。
なんとかボールを回しても、前半のように効果的なパスが出せない。
全員の戻りが早く、俺の単独突破も後ろから止められてしまった。


しまった。
ついに俺のボールキープミスから、失点してしまった。
どうやらヤツらは、うちの作戦を読み切って対策を立ててきたようだ。
とにかくボールの入りどころのピヴォをつぶす。
ピヴォがつぶされると、サイドはピヴォからボールが出ることを予測して走っているので、カウンターを喰らいやすくなってしまう。
悪循環の失点パターン。


俺は戦った。最後まで戦った。
でも増す一方のヒザの痛みに、ついに走れなくなってしまい無念の交代。マジで悔しい。


結果。3-6で負けた。
やはりこの差、一番大きなところは決定力にあると感じた。
向こうはビッグチャンスを必ず決めてくる。
こっちは俺を含め、ことごとくキーパーとの1vs1を外している。
まぁあの相手キーパーも、相当只者じゃなかったが…。


ある人が言っていたが、「バレーボールはオートマティズム」らしい。狭いコートで動きが限定されているので、ひらめきや発想よりも、あらかじめ決められたパターンに沿ってプレーするように求められる。同じように狭いコートでプレーするフットサルもそういう性格が強いのかもしれない。
その攻撃パターンをたくさん作っていくことが重要だろう。そうすれば、攻撃が多彩になって相手も容易に対応できなくなる。もっともっと練習しなければ。


完敗。
でもなぜか俺はワクワクを抑え切れなかった。
面白い。フットサルも面白いじゃねーか!
それは今までフットサルでは味わえなかった充実感。


またコイツらと戦いたいなぁ。そして必ず倒す!
スポンサーサイト

テーマ : フットサル
ジャンル : スポーツ

収穫はわずかに2つ。 アンゴラ戦~日本代表~

前半 ~まさに親善試合~


今回の日本代表の出来について述べる前に、
まず言っておかなければならないのが、
「前半のアンゴラは戦っていなかったこと」だ。
前半、日本代表の攻撃はとてもスムーズなパスを繰り返してゴールに迫った。その大きな原因は、FWの柳沢と高原が楽にボールを受けることができたことに他ならない。アンゴラのディフェンスは驚くほどルーズだった。ポストに入ったFWに対するプレッシャーが一切ない。これがドイツW杯予選を、わずか6失点に抑えて1位通過を決めたチームとはとても思えなかった。
親善試合にふさわしい雰囲気のアンゴラ。選手もこんな試合でケガをしたくないと思っていたのだろう。彼らに戦う姿勢は全くなかったと言っていい。
もっとも、逆に言えば敵のプレッシャーが弱ければ、我らが日本代表はここまでテクニカルな試合ができるということだ。普段、パスミスをしたシーンなどで、「な~んだコイツら下手くそじゃん」と単純に言ってしまう人はよく考えて欲しい。その原因を作っている相手のディフェンスの力を。やはりこれだけサッカーが普及した中で、日本代表に選ばれるほどの選手。只者であるはずがないのだ。
前半を総括すると、「内容は練習試合と同レベルのもの。全く参考にはならない」と言える。
そして後半、監督にゲキを飛ばされたのか、眠っていたアンゴラ代表は激しくガツガツ戦う戦士に生まれ変わることになる…。


後半 ~松井大輔が見せた可能性と、確認できた攻撃の形~


松井大輔-。
以前ジーコが言っていた。「もうW杯のメンバーは9割方固まった。しかし、他に切り札があれば私は歓迎する。」 
『日本代表の最後の切り札』
そう、それこそが松井大輔なのだ。
ずっと昔から松井を知っている人は、今日の松井のプレーに違和感を感じたかもしれない。「あれ?もっとファンタジックにプレーする選手じゃなかった?」と。前線で激しく体を入れてボールを奪い返す、危険と感じたら相手をつかんででも止める。その姿は中田英寿のようでもあった。松井がフランスから持ち帰った収穫と言ってもいい。サーカスのスターだった男が、男のリングに雄々しく登場したのだ。


サッカーにおいて、オフェンスとディフェンスを完全に切り分けることは絶対に出来ない。オフェンスとは、ディフェンスでボールを奪った位置から始まり、ディフェンスとは、オフェンスでボールを奪われた位置から始まる。オフェンスが良ければディフェンスをする回数が少なくなり、ディフェンスが良ければオフェンスに行ける回数が増えるのだ。
後半、明らかに動きの良くなったアンゴラに日本は苦戦していた。後ろからガツガツ当たってくる強いプレスに、柳沢や高原たちのミスも増えていった。オフェンスでボールをつなげないので、ディフェンスに回る回数が増える。そんな悪循環の中で、司令塔の中村俊輔のボールタッチは激減してしまう。
そんな嫌な雰囲気を変えたのが松井だった。
ボールをつなげないのなら、高い位置でボールを奪ってしまえ。そうすればパスなんか繋がなくても、すぐにゴールに迫ることができる。
松井のハードなタックルは、身体能力に長けるアフリカ人相手にも一歩も引けをとらない。アフリカ選手の多いフランスリーグでプレーする彼には当然のことなのだろう。


そして迎えた後半終了間際-。
駒野のスローインを受けた俊輔が逆サイドへクロス。それを柳沢が折り返して、松井自身も「珍しい」と語るヘディングでゴールを決める。
この、逆サイドへクロスを入れて折り返したボールをシュートという形は日本代表が繰り返しやってきた形だ。単純にクロスを入れても、身体能力の強い世界レベルの選手には、競り負けてしまうことが多い。しかし、左へ右へボールが振られるこの形ならば、相手もマークに付ききれずフリーでシュートすることができる。それは真剣になったアンゴラ相手にも通用することが証明された。
日本のように、フィジカルで負けるチームがクロスから得点をするには、「マークをはずす」「早いクロスをディフェンスとキーパーの間に入れて、走りこんで勝負」「クロスの折り返しをねらう」 これらの形しかあり得ないのだ。
つまり、「競って負けるのなら、競らないでシュートできる方法を考えろ」というわけだ。


それが確認できたこと。そして松井が見せた可能性。
この2つは今回の試合での収穫と言っていいだろう。


さて、個別の選手に目を移してみよう。


稲本-。
無難にこなした印象だが、やはりこの役割ならば福西の方が上ではないかと思ってしまう。彼の持ち味である、ダイナミックな上がりからの攻撃参加が封じられてしまう今日の役割では、稲本は常に消化不良を抱えてしまうだろう。
そしてもう一つ。宮本が試合後に言ったように、稲本が後半でバテてしまったことにも言及しなければいけない。この試合、稲本よりも動いていた選手は沢山いたはずだ。これも普段、クラブで試合に出てない故の弊害か…。稲本がW杯で活躍するには、まずクラブでの活躍が必須条件となる。


駒野-。
やはりクロスの精度は抜群に良い。そこが加地とは違うところだ。
ただし、上がりが遅い、もしくは中途半端なシーンが多々見られる。
自分に出来ることをフルパワーで燃焼した松井に比べると、同い年とはいえ、まだまだ精神面の上昇余地があるように感じた。
そして後半、俊輔が1vs1で振り切られてそのままクロスを上げられたシーン。おそらく駒野はディフェンスでは中央に絞るように指示が入っていたと思うが、あれは駒野がカバーに入らなければいけない。
3-5-2のウィングバックの役割をシンプルに言うならば、「相手にクロスを上げさせない。そして自分がクロスを上げる」ということなのだ。


高原&柳沢-。
これだけ外せばもうスッキリだろう。ボールのもらい方や動き出しを見ていれば、やはりこの2人がファーストチョイスであることは揺るがない。田中達也がいれば、唯一そこに割って入る可能性があったと思うが、ケガをしてしまったのは本当に残念だ。
しかし…、なぜかこの2人が組むと決定機を外す印象がある…。


海賊ひでが選ぶMOM-。
中田英寿。
彼しかいないでしょう。
ボールの展開、決定機の演出、相手のスキを見逃さないボール奪取。
何をとっても世界レベル。
ただし唯一気になったのが、ボランチをやっていてもトップ下のクセがたまに出ること。ボランチの選手が自陣でスルーをするなんてあり得ない。以前、自陣深くで危険なボールキープをして、そのままゴールを決められた試合があった。ホンジュラス戦だっただろうか?
あの試合にもあったように、ボランチの位置で危険な選択肢を選ぶことがごくごく稀に見られる。
それが本番で裏目に出てしまわなければいいのだが…。


中田自身、ドイツW杯を最後と考えているだけに、悔いのない大会にしてもらいたいと心から願う。

テーマ : サッカーの面白さは、プレーした者にしか分からない。
ジャンル : スポーツ

おやじ監督

http://tetujin1gou.blog25.fc2.com/


このブログ、めっちゃ面白かった!
内容は少年サッカー編と、中学部活編の大きく2つの物語がある。
前者は、親同士のしがらみの中で戦っていく少年サッカークラブの様子を描いたエッセイ。
後者はつぶれかけのサッカー部に、筆者が素人コーチとして乱入するエッセイ。
俺的には中学部活編がオススメ。



「おやじ監督」「おやじコーチ」の話はとっても興味深い。
自分の子供を応援に行った親たちが、監督やコーチを差し置いて、
「バカヤロー! そこ左だぁ!」
などと観客席から支持を与えたりするのは、日本じゃなくてもよくある話だ。親バカと笑って切り捨てたいところだが、試合中にそんな罵声が飛ぶのはチームにとっても迷惑でしかない。
中には、監督に対して「なぜウチの息子を出さないんだ!? 寄付金をたくさん払っただろう!」と詰め寄った親もいたらしい。


寒気がするほど嫌悪感を感じた。
きっと俺が監督なら、悔し涙を流しながらバカ親を殴っただろう。


そんな極端な例は置いておいて、試合中の子供たちに罵声を飛ばす親たち。
自分は絶対に正しいとでも思っているのだろうか。
サッカーと一緒に生きてきた監督やコーチを尊敬せず、無視できる傲慢さ。
それが大人のやることか。
いや、それとも大人だから自分を絶対だと思っているのか。
偉そうなこと言っても、ただの精神的引きこもりっすよ、全く。


でも案外人間ってこういうこと無意識のうちにやってんだよ。
自己顕示欲が隠れてるから。強い、賢い、鋭いと思わせたいから。
俺だって絶対にやっている。


なんでオレは現在活躍中のスポーツライターが好きになれないか分かった。
読んでて気分が悪い理由が分かった。




おやじ監督が多すぎるからだ。

テーマ : サッカーの面白さは、プレーした者にしか分からない。
ジャンル : スポーツ

ジェラード X トロフィー X 紙ふぶき

最近サッカー番組を見ていると、
昨シーズンのCLで、奇跡的な逆転優勝を収めたリバプールキャプテン、
ジェラードがトロフィーを掲げている映像をよく見かける。
赤い紙ふぶきが舞っている、アレです。


見るたびに感動がよみがえってくる。
そりゃTVディレクターも繰り返し使うよ。あんな素晴らしい映像は。


きっと数年後、あの一夜はサッカーの歴史として語られるようになるんだろうなぁ。

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ
ジャンル : スポーツ

リターンパス禁止。

「全員が集まるのは試合のときのみ。」
「まとまった練習時間が取れなくて、なかなかチームが強くならない。」


忙しい社会人チームにありがちな悩みだろう。
実際、俺が入っているチームでもそれはある。


狭いところでパスを回してしまう。ロングボール一本の展開に頼ってしまう。その結果、サイドを広く使った効率のいい展開が出来ていない。


これが今のチームの現状。
まとまった練習時間が取れないので、課題がそのまま残ってしまっている。
そこで俺は、練習試合を使ってこの課題を修正していくことを考えた。


リターンパス禁止。(ワンツー禁止)


それが次の試合の我がチームのルール。足かせ。
Aからパスを受けたら、Aにはパスを戻せないというルールだ。
つまり、パスを受ける前からA以外の味方の動きを把握しておく必要があるのだ。


リターンパスを禁止すれば、パスを出す方も受ける方も常に3人目の動きを意識しなければいけない。トラップの方向も非常に重要になってくる。その結果、次のプレーを予測したパスの受け方を身に付けることができる。視野も当然広くなる。


そして最終的には自然と周りを見ながら広いエリアへ展開していくクセがつくだろう、という意図だ。
そうすればワンツーでの局面打開も、より効果的な場面でのみ使うことができる。



さらにこの練習方法の優れた所は、常に実戦の中で鍛えられること。
決められた手順で練習を繰り返すよりも、その効果は分かりやすい。
ただ自由に漠然と練習試合を重ねるより、
ある縛りを自らに課すことで、大きなレベルアップを目指すことができる。
それはチームだけでなく、個人的課題についても同じだ。


たとえば左足でボールをコントロールするのが苦手だ、という人がいる。
練習している時間はない。
そんなときは、次の練習試合を左足のみでプレーすると決める。
そんなルールを自分に課してみるのも面白い。
(もちろんチームに迷惑をかけない範囲でやって欲しいが。)


このやり方はなかなか有効なので、
ぜひ、同じ悩みを持つ人がいれば試してみて欲しい。
課すルールは、自分やチームが持つ課題に合わせて設定しよう。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

走れサッカー選手!

ナビスコカップ決勝
ジェフ千葉-ガンバ大阪
0-0


ジェフの選手は本当によく走った。
はた目に見ていても、より運動量が多かったのはジェフの方なのに、
後半、アラウージョなど足がつってしまう選手が続出したのはガンバ。


相当鍛えられてるんだなぁと感じた。


とにかくボールを持ったら即クロス、ロングボール。
そこから走ってセカンドボールを拾って攻撃をしようという、
お世辞にも効率がいいとは言えない、非テクニカルサッカー。


だけど必死にボールを追いかけ、
「自分たちは走ることしかできない」と胸を張って語るジェフの選手に、
俺たちは何かを感じて気持ちが高ぶったのは確かだ。


サッカーの母国、イングランドではハードにプレーする選手が好まれ、
テクニックでサーカスプレイをする選手は嫌われると言う。プレミアリーグの激しいプレースタイルを見れば分かるだろう。


やっぱりサッカーとは、「ボールを追いかけて走ること」。
本場の人たちはそれが感覚的に分かってるんだろうね。
だからこそ、このナビスコカップ決勝のような試合を、
もっともっと日本でも観戦できればいいなぁと思う。


そして今日、茨城県の高校サッカー選手権決勝を見た。
やっぱり高校サッカーは熱い。とにかく走る。
負けた水戸短大附属の涙にも、やはり何かを感じて熱くなってしまった。
ナビスコカップを見たときと、同じような感覚に陥った。


もしこれがプロ野球なら・・・、
高校野球とプロ野球が同じ感覚で見れるはずがない。
やっぱりサッカーは最高だ。
これほど誰に対してもオープンなスポーツは他にない。


ただ…高校サッカーの選手が、
コーナーフラッグ近辺で時間稼ぎや、
リスタート時の明らかな遅延行為をしていたシーンに、
やや興ざめしてしまったことも付け加えておこう。

テーマ : ナビスコカップ
ジャンル : スポーツ

実はサッカーメディアってレベル高いんですよね。

企画性、文章性、デザイン性。
『雑誌』のクオリティを図る指針は大きく分けると、この3つかな。


ジャンルの違う雑誌で書いてたし、外国の雑誌も多少読んでみた。
そんな中で思うのは、
「日本のサッカー雑誌ってレベルたけぇなぁ」ってこと。
(もちろん、外国雑誌の文章性はよく分かんないけどね)


それでも昔のサッカー雑誌は、いわゆる「サッカー経験者が書く雑誌」という感じで、文学性やらアーティスティック性には乏しかったらしい。
しかし今では様々な文章力を備えたライターがたくさん出てきて、NumberやSportivaなどの紙面を賑わせている。それだけ才能豊かな人間がサッカーメディアに出てきているだけに、逆に俺は思うんだよね。


サッカー雑誌にみんなが求めるものって何?


文学的なサッカーコラムが読みたい?


サッカー経験者が書く、戦術的な文章が読みたい?


有名人がたくさん出てるミーハー雑誌がいい?


カッコいい写真をアーティスティックに配置したファッション雑誌のような感じがいい?


試合の結果だけ分かればいいの?




書き手の思いはそれぞれだけど、
読むほうは実際どう思ってるんだろうね。
今日の俺の素朴な疑問。


ちなみに俺としては、
もっともっとライター1人1人が表に出るべきだと思ってる。
~~でした(文 ○○)ってだけじゃなくて、顔もいっしょに載せる。
そして現場感をもって自分の言葉で人に伝える。
批判も賞賛も、飾らず隠さず痛烈に。全ては自分の責任。
その結果、選手や監督からは沢山の文句を受けるだろう。だからこそ、自分の存在をしっかり表に出しておかなきゃフェアじゃない。文句には正面から堂々と受けて立てばいい。
そしてそのためにはライターもサッカーを体で理解してなきゃいけないし、今のように文学肌のライターばかりでいいとは思えない。


なんか今のサッカー文章って観客レベルを脱してないんだよな。
優秀な観客が、綺麗に文学的に書いているだけ。
ピッチに体を置いているライターが果たして何人いることか。


なんか結局支離滅裂になっちゃったけど、
つまりは、体がふるえるような文章を書こうぜってことです。

まっすぐに生きよう

俺はいろんな出会いをしていると思う。
思い上がりかもしれないけど、
25歳にしては、年代や職業を問わず色んな人と出会っていると思う。


それはゲストハウスという暮らしの中でもそう、
ライターという取材の多い仕事もそう、
六本木のバーやパーティにふらふら突撃する性格もそう、
いろんなことが俺に出会いを与えてくれる。


でもそんな中で俺が感じること。
1.なんでこんなにゴチャゴチャと余計なことを考えるんだろう。
2.なんでそんなに自分の過去を語りたがるんだろう。
この2つ。特に年上の男に多い。
色々刺激になることも多いけど、
こういう違和感を感じることも多々ある。


昔、俺は社長をやっていたと得意気に語る。
自分はすごい男なんだと興奮しながら語る。
自分がいる世界はこんなにもデカい世界なんだと語る。
世の中全てを見てきたような口調で、
「所詮こんなもんさ。そういう風に世の中は出来ているのさ」と語る。


そういう姿に絶えがたい嫌悪感を感じるのって俺だけ?
カッコ悪いなって思うのって俺だけ?


あるアダルティーな女の人に聞いたんだけど、
それは男の性欲に関係があるらしい。
年を取って性欲が減退すると、男は本能的に劣等感を感じてしまう。
そしてその防衛として、自分はいかに大きな男かっていうのをアピールしたくなるんだと。セックスできなくても、キレイな女を連れて歩くことに満足感を感じたり。俺は優秀な男だ、とみんなに思わせたがる。


そうやって劣等感を押し隠して、みんな生きてるらしいんです。
なるほど。だからオッサンの話は長くてつまらないのか。
激しく納得した。


でも俺はそんなの嫌だなぁ。
まっすぐに前だけを見て、感情のままに自然体で生きていきたい。
無邪気なオッサンでありたい。


そう決心する25歳の俺でした。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

俺にとっての原点・・・それは

右に思いっきり「スポーツライターになる!」と書いておいてナンだけど、「スポーツライター」と呼ばれることになぜか違和感を感じる。
(まだそんな風に呼んでもらえるレベルじゃないけど)
変だよな? 自分で目指している職業なのに、
「スポーツライター清水英斗」って肩書きが付くと、
アレ??なんか違う?? って俺の体が叫ぶんだよ。


実は今日、個人用の名刺を作った。
これから色んなところに自分を売り込んでいくための名刺。
そして普通の名刺のように「清水英斗」の前に肩書きを付けようとしたら…、
金縛りにあったかのように手が止まってしまった。
スポーツライターって書けば済むのに。


でも確かに一つ感じるのは、たぶん俺は世界一有名なスポーツライターになっても満足はしないだろうなってこと。


なぜ、スポーツライターを目指しているのか。
それはサッカーが好きだから。誰よりも好きだから。
俺はスポーツライターになるためにスポーツライターを目指しているわけじゃない。もしも「スポーツライターという枠」が自分の周りにあったら、俺は今すぐにでも飛び越えたい。


結局、肩書きは何も付けなかった。その分でっかく名前を書いた。
ライターっていうのは俺にとってはただの職業であり手段。
俺自身をアピールするための言葉じゃない。
ましてやそれがゴールであるわけがない。


まぁ別に形だけのことだから、何て書いてもいいんだけどさ。
自分を売り込む名刺、って考えたらこーなっちゃった。
名刺一つにここまで考え込んだバカも珍しいだろうな…。


「サッカーばか清水英斗」。
やっぱり俺はこの肩書きが一番好きだ。
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。