スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『菊地直哉 1失点!?』

攻撃サッカーが光る川崎フロンターレ
3トップに「マルクス・我那覇・ジュニーニョ」を並べ、今日も攻撃的サッカーをめざす3連勝中のホーム川崎。それに対して新潟は4バック・3ボランチのアウェー仕様でのぞんだ戦い。
常にボールポゼッションをとって攻め込む川崎に対し、エジミウソンの一発カウンターが光る新潟。ゴールの可能性は同等だったが、先にチャンスを掴んだのはホームの川崎だった。前半30分、スローインからクロスを上げたのは、日本代表へ川崎史上初の選出となったDF箕輪。このクロスを谷口がヘッドで流し込み、先取点を奪う。箕輪はアシストを記録し、自身の代表選出に花を添えた。その屈強な身体と落ち着いたプレーぶりは、代表でも活躍が期待される。


サッカーの神様なんているのかい?
そして後半、なんとか1点を返そうと前へ圧力をかける新潟。しかしあと一歩の精度を欠いて、なかなかゴールへ迫ることが出来ない。そんな歯がゆい状況に、新潟サポーターの期待を一心に背負って登場したMF鈴木(慎)。新潟は攻撃的にシステムチェンジして勢いに乗るが、その勢いが持続したのはわずか数分間。サッカーの神様はあまりに気まぐれだった。
途中出場した鈴木(慎)が蹴ったCKは大きくクリアされ、フラフラと上がったボールはハーフライン付近のDFの頭を超え、なんと裏へ走るジュニーニョの足元へぴったり。ジュニーニョはそのまま30mを独走、GKと1vs1を落ち着いて決めて2-0とリードを広げる。さらに川崎はその後も一方的にシュートの嵐を浴びせ、防戦一方となってしまう新潟。


菊地直哉 1失点!?
2-0と引き離され、新潟は3枚のカードを切って最後の大勝負に出る。しかし今日の新潟は交代の何もかもが裏目に出てしまう。ジュニーニョの絶好のパスを受けた我那覇の突破を、GK相澤がエリア外でハンドで止めてしまい、一発レッドで退場に。代わってGKを務めたのは、なんと磐田から移籍のMF菊地。
「プレーする機会を求めて新潟に移籍した」と語っていた菊地だが…。それがこんな形で実現してしまうとは。
それでも菊地はマルクスのヘディングを意地のセービング。最後まで奮闘する姿は立派だったが、そのこぼれ球を我那覇に押し込まれて3-0。外してはいけない我那覇のマークを外したDFに激昂する菊地。
終わってみれば川崎の完勝だった。


たたかう司令塔
雲ひとつない快晴の等々力競技場の中で、川崎イレブンのプレーは常に輝いていた。さらにその中でも一際まぶしい光を放っていたのは、司令塔のMF中村憲剛だ。彼の足が繰り出す多彩なパスは、中にかたよりがちな川崎の攻撃を引き締める唯一の手段だった。体は小さいが腰を落としたボディバランス・決して奪われないボールコントロール・そして最後まで落ちない運動量は、まさに川崎サッカーの生命線と言ってもいい。メンタル面でも非常に闘争心が強く、判定に納得出来ないときは地面に手を叩きつけて悔しがる姿をみせた。
川崎Styleのタクトを振るう、熱きマエストロ。
彼のプレーをもっともっと見てみたい。

スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。