スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスタンブルの悲劇

2004-2005シーズンのチャンピオンズリーグ決勝。
ミランvsリバプール



僕は試合が終わった今でさえも、「やっぱりミランの方が強いんじゃないか」と思っている。ミランの奪った3点はいずれもリバプールの守備を完璧に崩し、圧倒的な必然のもとに挙げたゴールだ。カカを中心に組み立てた連動性、スピードあふれるミランの攻撃。そこには運という説明が入り込む余地はない。それに引き換え、リバプールが奪ったゴールは同じ3点でも運や偶然が大きく作用したように見える。特に1,2点目に関してはジェラードが中央で待ってヘディング、スミチェルのやや苦し紛れ気味のミドルシュート、それらはサイド攻撃を特徴とするリバプールの本来の型ではない。またこれらは10回やって10回ゴール出来るような攻撃ではなく、むしろ10回やったら1,2回しか入らないゴール。偶然を味方にした感がある。
だが、アンチェロッティの言葉を借りれば「これもサッカー」ということなんだろう。



奇跡は運がなければ成り立たないが、執念なくして運気を引き寄せることはできない。赤い紙ふぶきの中でトロフィーを掲げるジェラード、彼には間違いなくそれがあったのだ。



それにしてもオーウェンはギャンブルの下手な男だ。
あと1年我慢すれば・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。