スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアル復活!その鍵を握るプレーヤーは!?

2004-2005シーズン UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント
レアルマドリードvsユベントス 1st reg


開始早々、左サイドを柔らかいタッチで切り裂いたユベントスFW、デルピエロ。長い間ケガに泣いていたが、彼はここ2年ほどの間で昔の自分を取り戻しつつある。そんな彼のキレキレの突破を見たときは、「このゲームはデルピエロが銀河系軍団をテクニックでも圧倒するかもしれない」と思ったものだ。実際、世間の下馬評でもユベントスがやや有利だった。
だが試合が終わってみれば、この試合はレアル復活の狼煙(のろし)とも言うべきものになった。


9.5番から9番へ
9.5番-。
それはレアルFW、ラウールに付けられた称号だ。背番号は一般的にはエースストライカーが9番を付け、司令塔が10番を付けるものとなっている。(勝手に自分の好きな番号を付ける選手も多いが)
つまり9.5番とは、ストライカーと司令塔の中間ポジションということになる。誰が言い始めたのかは知らないが、ウマイことを言うものだ。ゴールを決めるだけでなくアシストやパス散らしも得意とする、それがラウール本来のプレースタイルなのだ。
しかしこの試合のラウールは普段の彼とはやや違った。中盤まで下がる回数は減り、その分最前線に張って裏のスペースを狙う。ジダンらが中盤でパスを回している間も、ラウールはDFラインの中で細かいポジション修正を繰り返していた。その動きはユベントスDFにとって脅威だった。ロベルト・カルロスの早いクロスに飛び込んでバーに当てたシュートといい、彼の貪欲な動きには熟練のDFテュラム・カンナバーロでさえ手を焼いた。今日のラウールの輝きは、悪童ロナウドの存在感を全く感じさせなかった。
そして裏を返せばラウールがそんなプレーができるのは、レアルの中盤に参加する必要が全くなかったからである。そう。それはシーズン前半には不調に苦しみ、引退物議が止まらなかった男の華麗な復活なくしては語れない。


マルセイユが生んだ奇跡
ジネディーヌ・ジダン。愛称をジズー。
前半、彼はユベントス陣内深くでマルセイユルーレットを披露した。そのまま中へクロスを蹴られる状況だったのに彼はわざわざ1回転して一人かわし、サイドへパスを送った。意味のないサーカスプレイと言ってしまえばそれまでだが、今思えばこのプレーでジズーは今日の自分のコンディションの良さを確かめたのかもしれない。
ユベントスの激しい中盤のプレッシャーをかいくぐるパス回し。その中心にいるのは紛れもなくジズーだった。絶対にボールを奪われない安定したキープ力、飛び込んでくる敵を鮮やかに避けるテクニック。これこそがジズーだ。ぜひともこの華麗なプレーをハイライト等で見て欲しい。ロナウジーニョの虜になった浮気者のサッカーファンが、再びジズーの元に戻ってくるに違いない。
そしてそんな彼と素晴らしいコンビネーションで中盤を構成したのがベッカム、フィーゴだ。ベッカムは守備面での貢献度が高い名脇役をつとめた。フィーゴのトップ下は安定感があってさすがのキープ力を見せていた。
だがこの試合、僕の最大の驚きは中盤の最後のピースを埋めたスキンヘッドの男だった。


マケレレよりもレアル向き!?
マケレレがレアルを去って以来、レアルはボランチのポジションに常に悩まされてきた。これまでこのボランチを試された選手はジダン、ベッカム、エルゲラ、グティ、カンビアッソらと数多い。しかしそのいずれもがディフェンス面での不安、パス展開の下手さなどからレアルの中盤を支えることは出来なかった。
ところが今シーズン、そのレアル最後のピースを埋めるためにエバートンからやってきたのがデンマーク代表のグラベセンだ。スキンヘッドの風貌に似合わない、柔らかい足元のテクニック。そして風貌そのままの激しく献身的なディフェンス。マケレレほどの守備範囲はないとしても、マケレレを凌駕するパスの展開力。特にグラベセンのインサイドキックの軌道は恐ろしいほどに滑らかだ。普通グラウンダーとは言いつつも、大概の選手のキックはボールが小さいバウンドを繰り返して飛んでいくものだ。だが彼のキックはまるで氷の上を滑らせているかのようなボールの軌道を描く美しいものだった。人は見かけによらないものだ。


2nd regへの展望
ほとんどがレアルへの賞賛で終わった試合だったが、結果だけを見れば1-0。決して安心できるスコアではない。しかしユベントスというチームは1-0で勝つことは出来ても、大量点を取ることがあまり得意ではない。そういう意味でもレアルのディフェンス陣の安定感、特に上で述べたグラベセンの働きが鍵を握るだろう。








活性酸素対策【ガンビヤ】【ひろ夢ねっと】活性酸素対策【ガンビヤ】
スポンサーサイト

バイエルンミュンヘン vs アーセナル

2004-2005シーズン UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント
バイエルンミュンヘンvsアーセナル 1st reg


バイエルンのホームスタジアム、オリンピアシュタディオンで行われた1戦。
ミュンヘンはとても寒く、選手もサポーターも白い息を吐いていた。ピッチサイドには雪が壁のように積み重なっていて、ハーフタイムにはサポーターが雪合戦をして遊んでいる姿も見られた。
この寒さというアウェーの洗礼に立ち向かうこともアーセナルには必要になる。
バイエルンはバラックを筋肉のケガで欠き、アーセナルはアシュリー・コールが風邪、キャンベルがケガ、ベルカンプは飛行機嫌いで帯同せず。両チームとも完全なベストメンバーは組めないが、アーセナルの方がDFラインの中心が2人も抜けることを考えるとやや不利か。


試合結果はこちらでどうぞ。
スポーツナビ


サッカーの中のサッカー(バイエルン)
試合開始直後から圧倒的に攻め込んだのはバイエルンだった。2トップ、ピサーロ・マカーイが前線に基点を作り、ディフェンスラインからのボールを受ける。そこにフリンクスが絡んでボールを散らし、サリハミジッチ・ゼロベルトの両サイドからサイド攻撃。一言で言えば、バイエルンは非常に基本に忠実な攻めだった。バラックが欠場している分、中央からのミドルシュートなどの怖さはなかったが、その分サイドからの分厚い攻撃には目を見張るものがあった。アーセナルのDFも対人は強いのだが、一度前線のピサーロらに基点を作られるとどうしてもマークがずれる。そして困ったことにそのずれた箇所をレジェスやピレスはカバーしてくれないのだ。


サイドに泣いたアーセナル、サイドで吠えたバイエルン
アーセナルはバイエルンの徹底したサイド攻撃に全く対応できなかった。その大きな原因は、ピレス・レジェスがほとんどディフェンスしないこと。ディフェンスに入ったときもものすごく軽くアッサリかわされて追いかけようともしない。この日、アーセナル監督のベンゲルは普段サイドで起用するリュングベリをFWアンリの下に置き、レジェス・ピレスをサイドMFに起用した。裏へ抜けるスピードの早いリュングベリを生かして彼にゴールを決めさせようという意図だったのだろうが、これは逆効果だった。リュングベリは慣れないポストプレーをこなすことに戸惑い、レジェスは無理な突破を仕掛けて何度も自分の裏を取られてしまった。バイエルンの長所とアーセナルの短所が上手くかみ合ってしまっていた。
付け加えれば、DFトゥレは得点にも失点にも絡む大活躍。センターバックが目立つ仕事ぶりというのは全く褒められたものではない。GKレーマンに関しても目に見える大きなミスはなかったものの、飛び出し・シューターとの間合いといった立体的感覚に欠けたキーパーだということを再び露呈してしまった。


美しきプレッシングサッカー
バイエルンの守備は圧巻だった。並のプレスならアーセナルは簡単にパスを回して切り裂いてしまうが、バイエルンの守備はあまりに見事だった。前線と中盤が連携してプレッシャーをかけて囲み、中央をガッチリと抑えた。そしてレジェスらのサイド突破にも、カバーリングが完璧。たとえドリブルで一人かわしても二人目で必ず捕まってしまう、そんな絶妙の組織バランスで守っていた。完全な1vs1は全く作らせず、なんとかかわしてパスを回すアーセナルをどんどん追い詰めていく。そしてボールを奪えばすぐに縦へ攻める。前線がサボるアーセナルに対し、全員ディフェンスのバイエルンは美しいまでに理想的なプレスをかけていた。ボールポゼッションで負けてもゲームを支配したのはバイエルンだった。


2nd regへの展望
ほとんどいい所のなかったアーセナルだが、セットプレーからとはいえ1点を返したのは大きい。これで2ndのアーセナルホームで2-0でもアウェーゴール2倍ルールにより勝ちとなる。
そこで焦点になるのが2ndでのバイエルンの戦い方だ。守備に重きを置いて1点差以内に抑えて総合勝ちを狙うか、さらにアウェーでも攻めて2勝を狙うか。これは監督の考え方が全てになるが、マガト監督の傾向からいけばおそらく守備的に戦うことになるだろう。その場合、鉄壁のバイエルンの守りをアーセナルがどう崩すかがポイントになる。中央をガッチリ固められると何も出来ないアーセナル。この欠点は何年も前から全く変わっていないし、これこそがアーセナルが欧州リーグで勝てない理由だ。2nd regでアーセナルが爆発するきっかけを得るか否か。全てはそこにかかってくる。







風神さんの花粉総合ドリンク(30本)【風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ】風神さんの花粉総合ドリンク(30本)

気持ちが技術を超えるとき

気持ちが技術を凌駕した。


「モチベーションに勝る武器はない。」
これはサッカーにおける僕の持論だ。どんなに強くても、勝ちに対して貪欲でなければ試合でいい結果を出すことはできない。たとえ技術があろうがフィジカルが強かろうが、モチベーションなくして発揮できるものではない。
・・・だが。
そうは言いつつも、「さすがにこれには勝てないだろう」と思ってしまうときもある。今日の相手はまさにそんな段違いのテクニックを持つチームだった。


フットサル公式戦シーズン最終戦(味の素ミズノフットサルプラザ)
僕らは次の対戦相手の試合を見ていた。
「・・・なんだコイツらは。」
恐ろしいまでに足裏に吸い付くボールテクニック。
右に出して足裏で引いて左へ、かと思わせてさらに足裏で右へ、かと思わせて左へ切り返す。しっかりと体重が乗ったフェイント。しかも足の動きが恐ろしく早い。
僕は大抵、上手いプレーを見たときはそれを真似てみようとする。・・・が、この相手はそんなレベルじゃなかった。全く真似ができない。
なんとこの相手はここまでリーグ戦9試合を全勝。しかもそのほとんどの試合を大差で勝っている。このチームには、フットサルの強豪「ロンドリーナ」やサッカーの強豪「FC VENGA」の選手が所属していた。それに対し、部活未経験者までいる僕らのチームが勝つ要素などまるで見当たらなかった。


しかし僕たちは走った。とにかく走り、戦った。あれだけ段違いの絶技を見せつけられながら、全員の目が生き生きとしていた。さらに相手は技術がある代わりに急造メンバーで作った、いわばジーコジャパンのようなチーム。それだけに上手くプレッシャーをかければボールをカットできるシーンもあった。相手の油断と幸運も手伝って、なんと3点を先取。
しかしこれが彼らに火をつけた。
前半はゴール前でも積極的にシュートを打たず、パスを回して遊んでいた彼らのスタイルが変わった。ウチのパスは3本とつながらない状態が続いた。しかし体を張って守り、なんとか相手にしつこく喰らいついてマークを外さなかった。だがそれでも2点を返され、やや相手の地力に押されてきたと感じ始めた、そのときだった。
相手を背にした状態から反転し、サイドを突破したファイター型FW。Tは迷わずに豪快に右足を振りぬきトゥーキック。これが矢のようにゴールファーサイドに突き刺さる。これが勝負を決めた。僕らはそのまま逃げ切った。


「全員が頑張っているあそこのチームは強い」
試合後、華麗な足技を披露した相手からはそんな賞賛の言葉が漏れた。







アルファリポ酸200mgパワー【ちゃっかりダイエットココミン】あるあるで評判!アルファリポ酸ダイエット!

退職

今日で3ヶ月に及んだ俺のスポーツ番組AD生活は終わった。
もう、フジテレビの玄関を通ることもない。
もう、ウッチーの顔を見ることもない。
もう、「誰に断って編集機使ってんだ!」と怒鳴られることもない。


たった3ヶ月。短くて濃い3ヶ月。
色々教えてくれてバカ話もして、とにかくとてもお世話になったディレクターに電話で辞めることを伝えた。
俺「実はスポーツライターを目指すためにADを辞めることにしました。覚悟決めました。」
ディレクター「そうか・・・。スポーツの道を目指したいって言ってたもんな。おめでとう!」
俺「・・・S田さんにはホントお世話になりまくって…」
ディレクター「いいんだよ。それよりこれからどーすんだ? 当分、収入もなくなっちゃうだろ? ロケのバイトとかなら紹介できるからいつでも電話してきな。」
俺「S田さん・・・」


俺はもう、泣きそうになった。
さらに一昨日は別のディレクターが電話してきてくれて、飲みに行こうと誘ってくれた。ディレクターたちには色々怒られたりもした(っていうか怒られまくりだった)。そして連日で寝る間もなく仕事したこともあった。マジできつかった。・・・でも、俺は幸せモンだ。


そしていざ事務所を出て行くとき。
仕事中、数限りなくお世話になった経理のY子さん。
今日、最後だからと昼飯に連れて行ってくれたY子さん。
なんとたった3ヶ月働いただけのペーペーに、送別プレゼントを用意していてくれた。
プレゼントの中には暖かくも厳しい手紙入り(内容極秘)。
俺は本当に幸せモンだ。


もう、やるしかねぇよ!

ジョゼ・モウリーニョのメモ

2005年2月12日(土)
第27節 エバートンvsチェルシーの試合より。


今やモウリーニョはヨーロッパで話題のデキる監督
その監督が試合中、交代で選手を入れるとき面白いシーンがあった。
交代で入ったMFヤロシクは、一目散にMFティアゴの元へ走った。
そして何やら紙を取り出して渡し、ティアゴはそれを読んだ。
なんと、この紙には指揮官モウリーニョの指示が書いてあったのだ。さながら007の極秘指令書のようだ。実に珍しい光景だが「ピッチ上にメモを持ち込むな」というルールはない。
大抵の監督は、戦術指示を大声や身ぶり手ぶりで伝えようとするものだ。だがサポーターの声援にかき消されたり上手く伝わらないことが多々ある。だがモウリーニョは「メモを書いて渡す」という簡単な方法でこれを解決した。
冷静で緻密な戦略を立てる彼らしい、なんとも型破りなエピソードだ。監督という仕事の枠にとらわれないモウリーニョ。これからも彼が何を見せてくれるのか楽しみだ。


ちなみに試合の方は開始早々にクライマックスを迎える。なんと!
エバートンFW、ジェームス・ビーティは裏へ出たボールを追いかけた。しかしチェルシーDFのギャラスは体を入れてブロック。ゴールキックを得ようとする。よく見かけるごく当たり前のプレー。
しかしそれに対しイラ立ったビーティはそのまま後ろから頭突きをお見舞いしてしまう。当然、レッドカード。
残念ながら、後半終了間際にプレーへの苛立ちからこういった愚行をしてしまうのはよくあること。だが開始3,4分でというのは珍しい。ビーティはよほど悪い精神状態で試合に臨んだに違いない・・・。


結果はグジョンセンのゴールで、チェルシー得意の1-0勝利。




豆乳入りこんにゃくダイエットラーメン【ちゃっかりダイエットココミン】豆乳入りこんにゃくダイエットラーメン

ショーン・ライト・フィリップス

最近のお気に入り選手紹介コーナー!!!
・・・第1弾(笑)


ショーン ライト フィリップス
1981/10/25生まれ
168/64
ポジション:MF
イングランド代表
マンチェスターC所属


小柄の黒人で、
スピード・テクニックのあるドリブラー!
サイドでの1vs1はほとんど勝つ。
ディフェンダーにとって、早くて巧いヤツほど嫌なものはない。
ベンゲルが好きそうなタイプの選手だ。
まだ若いので将来のイングランドを支える逸材となるだろう。
まずはドイツW杯でのブレイクが期待される。






2005/4/3	 バルセロナ - ベティス CAT1【【ユーロチケットセンター】欧州サッカー観戦・リーガ限定レア物グッズ販売】

北朝鮮のサッカーで思った。在日の複雑

北朝鮮のボールテクニックは、前線のホン・ヨンジョらを除けばかなり低かった。フィジカル的に目を見張る選手もいない。それでもアジア最強を名乗る日本を後半ロスタイムまで苦しめた。日本のサッカーにも問題はあったが、その大きな理由は北朝鮮の在日Jリーガーのアン・ヨンハッ、リ・ハンジェの2人にあったのではないか。

続きを読む

移転完了!

長い間冬眠しておりました海賊ひでです(爆)


前のサイトはほったらかしにしていたら、
ボタンは消えるわ、コンテンツは消えるわ。
おまけに掲示板は出会い系サイトに荒らされて無法地帯(アホ)



というわけで更新も楽~~な
ブログサイトで復活することにしました。
よろしく!!






Ts39 コッリーナ/Arbitro トレーナー(黒)【サッカーグッズショップ FOOTBALL★FAN】コッリーナのトレーナー。3990円
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。