スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタリティーを見極めるコツ 北朝鮮が見せた『何かにすがりたい心情』

2011年09月6日配信の「しみマガ」より抜粋

 北朝鮮はフィジカル、メンタル共に素晴らしく、組織力もありました。「なぜ日本はこんなに苦戦するのか? もっと楽に勝てないのか?」と感じた方もいるかもしれませんが、北朝鮮のようにタフで規律のある守備的なチームを破るのは簡単ではありません。

 昨年行われた南アフリカワールドカップでは、優勝候補のブラジルでさえ、グループリーグで北朝鮮に対して辛うじて2-1。しかも引き分けに持ち込まれる可能性も十分にあった内容でした。あの王国ブラジルが大苦戦する相手、北朝鮮。

 あるいはオランダと戦った岡田ジャパンの第2戦も同様でしょう。スター軍団のオランダが、引いて守る岡田ジャパンをなかなか崩すことができず、世界的名プレーヤーであるファン・ペルシーもファン・デル・ファールトもカイトも沈黙。辛うじて後半にスナイデルのミドルシュートが決まり、1-0でオランダが辛勝しました。

 正直、日本が北朝鮮に負ける可能性はほとんどなかったと思いますが、日本が勝つのも容易ではない、この日はそういうゲームでした。

 このような展開で、規律のある守備的なチームに対して、「前半のうちに試合を決めてやろう」などと色気を出すのは非常に危険なこと。

 規律にとって最もおいしいエサは、そのような相手が発する『色気』。北朝鮮はその隙を常にねらっているわけです。日本は我慢して、冷静に試合を運ばなければいけません。守備的なチームを相手にするときは、点を奪えそうで奪えない、ジレンマを背負うのです。

 以下はザッケローニ監督の会見コメント(スポーツナビより抜粋)。

「イタリアの格言で「一滴、一滴が海になる」という格言がある。小さいものでも、たまっていけば海になるという意味だ」
「後から入った選手がよくやってくれた。彼らが良かったのは、前半からこちらがボールを支配していたので、相手が次第に疲れてきて、後から入ってきた選手にもスペースができた。そういった意味で、最初からプレーした選手たちも称賛しないといけない」

 この試合はボクシングに例えるとわかりやすいのですが、

 日本は前半からパスを回しながらジャブを打ち続けて相手を疲れさせ、ラウンドを消化し、後半に少しずつ北朝鮮の足が止まってきたところでフィニッシュパンチをお見舞いする。

 これは試合運びのセオリーです。まさに「一滴、一滴が海になる」というわけです。

 そのフィニッシュパンチになったのは、日本が後半47分からスタートさせた怒涛のCK4連発でした。この息もつかせぬ連続パンチで、ついにタフな北朝鮮をマットに沈めました。

 北朝鮮はひたすら日本の攻撃に耐え続け、後半37分には退場で1人少なくなり……。もう、心身ともに限界だったのでしょう。

 その兆候はハッキリと現れていました。

 日本のCKのとき、北朝鮮の選手はゴール脇の水を飲みに行っています。ボールは日本側が持っているので、いつボールを蹴られてもおかしくない。そういう状況で北朝鮮の選手が水を飲みに行くのは、非常に不注意な行動と言えます。ちなみに北京オリンピックで日本の指揮を執った反町康治監督も、「CKの守備のときに水を飲むな」ということを選手に徹底させていました。

 こうしたわずかな仕草にこそ、言葉よりも確かな真実が隠されているものです。

 さらに、北朝鮮はファーポスト脇に12番のサイドバック(チャン・グァンイク)を置いていましたが、この選手にも『緩み』がありました。自分の脇にあるゴールポストに手をかけていたのです。

 これは『攻守のセオリーを学ぶ セットプレー戦術120』の監修者、倉本和昌氏&藤原孝雄氏が、スペインの指導現場で学んだことですが、ゴールポストに手をかけるという行為からは、その選手の『不安』を読み取ることができます。

 北朝鮮の12番はゴールポストを守るわけではなく、ゴールの隅に来たシュートをはじくために立っているので、本来ならポストに手をかける必要はありません。しかし、何となく手を置いておきたい。触れていたい。安心したい。これは『何かにすがりたい心情』を表しているのです。

 CKというゴールに近いシチュエーション、つまりテンションをMAXに保たなければ到底防ぐことができない状況においては、このわずかなメンタルの『緩み』が勝敗を分けます。

 12番は岡崎慎司に対して、終始激しくプレスをかけていた選手でした。終盤には相当な疲労があったのでしょう。

 このようなメンタリティーの変化が現れるポイントを意識して見ると、「守り切れるチーム」と「守り切れないチーム」の違いが徐々に見極められるようになるはず。

 水を飲んではいけないタイミングで飲んでいないか? ポストに触っていないか? さらに、もしもヒザに手をついている選手でもいれば、完全にノックアウト寸前の状態。

 このようなディテールも、試合を楽しむ観戦ポイントとしていかがでしょうか?

続きは「しみマガ」にてどうぞ!
スポンサーサイト

ベンチで戦うキャプテンとして ~春高バレーレポート①~

【春高バレー1回戦 富山第一高校vs高崎商科大学付属高校】
キャプテンの存在はどんなチームにとっても欠かせないものである。
技術的に戦力としてチームの核になるのはもちろん、精神的にチームを引っ張っていく個性を持っていなくてはならない。ましてやそれがチームにとって初めて経験する大舞台ともなれば、キャプテンの重要性はさらに増してくる。
富山第一高校のキャプテン、伊織千晶。彼女はそんなキャプテンが持つ意味を誰よりも理解しながら、やむを得ずベンチに座ることを余儀なくされていた。通常、控えの選手もベンチには座らない。コート脇に立って声を出し、チームを盛り上げつつ自分の出番を待っている。
だが、伊織はたった一人でベンチに座っていた。


2005年3月20日。
東京・代々木体育館にて、第36回春の高校バレー・通称「春高バレー」が開幕した。
その先陣を切って女子開幕ゲームに挑んだのが、サッカー日本代表の柳沢を生んだことでも有名な富山第一高校だ。2ヶ月前、富山第一は地区大会を制し、初出場校としてこの代々木体育館までやって来た。
ここまで彼女らの歩んだ道は決して楽なものではなかった。富山第一の最大の不幸は、キャプテンの伊織が地区大会を目前にしてアキレス腱断裂という大けがを負ってしまったことだ。だがそんなアクシデントの中で、「伊織を春高へ連れて行こう!」と逆にチームが一つになって地区優勝を勝ち取り、ギプスのキャプテンを胴上げすることができた。そして迎えたこの春高の舞台。ギプスは取れたものの、残念ながら伊織の足はまだ走ることも許されない状態だった。


試合前の練習-。
それは不思議な光景だった。背番号1を付けた選手が球拾いをしている。しかもサポーターをして、足を引きずりながら拾っている。それは富山第一のキャプテン、伊織だった。コートの中で貢献できない分、コートの外で少しでも役に立とうとする懸命な姿がそこにはあった。
そしていよいよ試合を直前に控えたコート脇でのミーティング。マネージャーからハチマキが全員に手渡された。当然、伊織もそれを受け取った。誰もがこれを巻く瞬間、キリッと締まったいい顔に変わっていく。・・・だが。
なぜかキャプテンの伊織はハチマキを手に握り締めたまま、他の選手が巻いていくのをじっと見ていた。指示を与えるわけでもなく、声を出して鼓舞するわけでもなく、ただ遠慮がちにそこに立っていた。円陣を組み、「おー!」と掛け声を上げたそのときになっても、伊織だけはハチマキを握ったままだった。そして他の選手がコートに入るのを見届け、監督と共にベンチに腰をおろしたとき、ようやく彼女は静かにハチマキを巻き始めた。
彼女がハチマキを巻くタイミングのズレ。そんな何気ない仕草に、僕は途方もない違和感を感じていた。


富山第一は比較的おとなしいチームだった。
10番谷井のスパイクなどで1セット目の中盤までリードしながらも、サーブレシーブが乱れ始め、ミスが重なってくると怒濤の8連続失点。こんなときこそ声を出し合って立て直しを図りたいところだが、相手の高崎商に比べて声も小さく、完全に相手の勢いに飲み込まれてしまった。
本来ならば、こんなときこそキャプテンの真価が問われるところだ。味方を鼓舞し、チームの緊張を良い方向へと転換させること。それがキャプテンの果たすべき役割だろう。しかし富山第一のキャプテンは不在だった。いや、正確にいえば不在ではない。ベンチには確かにいたのだ。厳しいようだがこの状況を打開するためには、伊織がベンチから飛び出して大声をかけ、キャプテンシーを発揮する必要があったのだ。ケガで試合に出れないことなど関係ない。チームには精神的支柱が必要だったのだ。だが、彼女はそうはできなかった。静かに試合を見つめているだけだった。
ケガをして戦列を離れてしまったことで、チームメイトに負い目を感じていたのか。それとも高校最後の春高バレーに出場できない悔しさと戦っていたのか。足を引きずりながら球拾いをしていたこと、仲間の前でハチマキを巻くことをためらったことを思い起こせば、彼女の無念は察するに余りある。ベンチに座っていて戦えない自分が仲間にゲキを飛ばす、伊織はとてもそんな気持ちにはなれなかったのだろう。傷を負った彼女にとって、それは余りにも酷な注文かもしれない。だがこれだけは言える。チームはあなたのキャプテンシーを必要としていたのだ。
願わくば大人しく献身的な彼女に、もう少しの図太さと図々しさがあれば・・・。




【富山第一高校vs高崎商科大学付属高校】
       23 - 25
       12 - 25
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。