スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊地直哉と、小澤雄希

菊地直哉がしでかした、”プレー”がニュースになっている。


くだらない性癖と引き換えに、この事件で彼が失うものはあまりにも大きい。
サッカー選手という誇りがズタズタになり、応援してくれていたファンを裏切った。


菊地はU-17などの各年代で日本代表のユニフォームを着てプレーしており、18才のころにはオランダの名門、フェイエノールトへ練習生として参加したこともあった。


高卒のルーキーがJリーグを経由せずに海外クラブへ飛び級を果たすことは前例がなく、菊地のこともちょっとしたニュースになった。
(2007年の現在では、平山相太、伊藤翔がそれぞれ達成している)


しかし、この移籍話は消えた。
金銭面の折り合いがつかなかったのが原因らしい。菊地の希望額と、フェイエノールトの評価額には開きがあった。ここにはちょっとした裏話がある。


実はそのとき、フェイエノールトに練習生として参加していたのは菊地直哉だけではなかった。


彼の名は「小澤雄希」。


小澤は菊地と同じく静岡県出身で、まったくの無名ながら高校卒業後に単身オランダへ旅立ち、ゼロから海外サッカーへ挑戦することを決意した。
フェイエノールト関係者の話によれば、実力は菊地にも決して引けをとらなかったという。


しかし、代表にも選ばれていた菊地は、日本では有名人。


その知名度の高さが買われ、フェイエノールトは菊地を第一候補にして契約交渉を進めていく。


ところが知名度ほどの実力が見いだせなかったのか、前述のとおり、互いの評価が食い違って交渉は決裂。
菊地は、日本に戻ってジュビロ磐田入りを選択することになる。


そして一方の小澤雄希はそのままオランダに残り、現地の言葉やサッカースタイルを貪欲に学び、現在はロッテルダムのセミプロチームでサッカー選手としての活躍を続けている。


僕は昨年、オランダを旅しているときに彼に出会った。


攻撃的MFとしてプレーする小澤は、チーム内でも最も高い給料が支払われている選手。


彼はチームの人気者だった。


「ユウキー! ユウキー!」


と、"ユウキファンクラブ"を名乗る地元の女の子たちから熱い声援を受けながら、ピッチへ飛び出していく。
もちろん彼女たちだけでなく、地元のおっちゃんたちも小澤のプレーに熱い視線を送っている。




今回の菊地の一件を聞いて、
僕が真っ先に思い浮かべたのは、オランダで会った彼のことだった。


別に小澤と菊地を比べようと思ってはいないし、もしも菊地がいなければ小澤がフェイエノールトでプレーできていたかも……なんてことは考えても意味がない。


ただ、菊地直哉というサッカー選手は、小澤に限らずさまざまな人間を押しのけて成り立っていることは間違いない。それを、こんな形でフイにしてしまうのが残念でならない。




あのとき聞いたオランダ少女たちの真っすぐな声援が、何ともいえず心に引っかかっている。小澤はまぶしいほどにサッカー選手だったのに……。




yuki_play.jpg

ロッテルダム、「SHO」に所属する小澤雄希。


yuki_fan.jpg

yuki_child.jpg

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

菊地直哉

菊地直哉菊地直哉(きくち なおや、1984年11月24日 - )は、静岡県清水市(現静岡市清水区)出身のサッカー選手である。日本プロサッカーリーグ|Jリーグ・ジュビロ磐田所属。略歴小学1年の時からサッカーを始める。各年代の日本代表を経験。世界大会での

コメントの投稿

非公開コメント

今期から水戸に加入した、小澤選手のスピード・仕掛ける姿勢素晴らしいです!
高校卒業後、単身オランダに行けるあたりただ者じゃないね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

この度、水戸ホーリーホックから湘南ベルマーレへの完全移籍が決定いたしましたね!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

清水英斗

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。